こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

インタビュー

LONG REVIEW――NEON GRAVITY 『db』

カテゴリ : ニューフェイズ

掲載: 2010年08月25日 18:01

68798

 

NEON GRAVITY_J170

プログラミング・ビートと人力ドラムのハイブリッドなグルーヴを搭載したサウンドを繰り出す4人組、NEON GRAVITY。ロックとダンス・ミュージックを融合するバンドは洋邦問わず星の数ほどいるが、彼らの魅力は本能的な〈奔放さ〉を持っていることだ。ドクター・マッド・ヴァイブ(=フィッシュボーンのフロントマン、アンジェロ・ムーア)をフィーチャーした“STEP OUT”ではスカとファンクをアップデートする最新型のミクスチャーを披露し、“Party Jacker”では性急なビートと歪んだシンセでエレクトロ×パンク・ロック的な狂騒を生み出す。かと思えば各曲でヒップホップ的なライムも聴かせる。とはいえさまざまな音楽ジャンルが単に〈ごった煮〉にされていくわけではなく、そのすべての要素がフロアで〈効く〉かどうか? という一点において鋭く磨き込まれている。

2008年結成、その年の〈SUMMER SONIC〉ではいきなりオープニング・アクトとして出演し注目を集めた彼ら。同じ年のオープニングにはthe telephones、サカナクションといまや日本の新世代ダンス・ロックを代表するメンツが並んでいたが、2年越しの初音源『db』でいよいよ彼らもシーンに名乗りを上げることになる。ソロ・アーティストやスカDJとしても活動してきたフロントマン、Rei Mastrogiovanniのバレアリックな個性がキモになるだろう。フェスで名を上げていく様子が目に浮かぶ。

 

特集

  • タワレコTV - TOWER RECORDS TV 2017/05/01 世界最大の360°エンターテインメント・ストア、タワーレコード渋谷店が発信する音楽ストリーミング・メディア<タワレコTV>、絶賛配信中!
  • LIVE! TOWER RECORDS TOPICS 2018/03/09 タワーレコードが企画するライブ情報はコチラ!!
  • Mikiki - music review site 2014/07/07 もっと聴きたい、知りたい、楽しみたい人のためのミュージック・レヴュー・サイト〈Mikiki〉、絶賛更新中!