こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

インタビュー

HTに通じる日本のリラクゼーション・ビーツ作品――(1)

カテゴリ : インタビューファイル

掲載: 2010年07月16日 13:36

更新: 2010年07月16日 13:36

ソース: bounce 322号 (2010年6月25日発行)

ディスクガイド/萌実

 

1. re:plus 『everlasting truth』 GOON TRAX(2010)

人気コンピ『IN YA MELLOW TONE 3』で脚光を浴びた、Hiroaki WatanabeとKohei Satoのコンビ。NujabesやNomakの影響下にありつつ、よりリスニング仕様に徹したフォルムの美しさを追求しています。cokiyuの登場も異色ながら同系色。

2. VARIOUS ARTISTS 『Melancholic Jazz -Winter』 IntroDuCing!(2009)

LUSRICAやDJ Whitesmithの名を広めたインスト・コンピ・シリーズの、冬を主題にしたこの第2弾では、Blazoらを加えた6組が穏やかな哀愁を表現。HIDETAKE TAKAYAMAの提供した3曲は今回のアルバムに未収録なので、こちらもチェックを!

3. Raujika 『Fairy Tale』 Palette Sounds(2010)

Cradleの元から現れた新たな才能のファースト・アルバム。和の風情がゆったりとビート上に舞い散るなか、オセロやアシェルをフィーチャーしたCradle Orchestra曲のリミックスも良いアクセントに。さらなる新鋭Amatyもリミキサーとして参加。

4. Froat11 『Moment』 IntroDuCing!(2009)

Little Westでも活動し、『Listening is Believing vol.3』で注目された音の匠の初作。ピアノ作品が目立つこの界隈にあって、メロウなギターの効いたオーガニックなサウンドにゆるりとした気分になれます。

5. DJ OKAWARI 『MIRROR』 Libyus(2009)

安らぎ系の大物による2作目。AMADORIが歌うデズリー“You Gotta Be”を筆頭に、ゆったりした美音と女声の連なりはリラクゼーション効果抜群です。フィギュアの高橋大輔が用いた“Luv Letter”もここに。

記事ナビ

特集

  • タワレコTV - TOWER RECORDS TV 2017/05/01 世界最大の360°エンターテインメント・ストア、タワーレコード渋谷店が発信する音楽ストリーミング・メディア<タワレコTV>、絶賛配信中!
  • LIVE! TOWER RECORDS TOPICS 2018/03/09 タワーレコードが企画するライブ情報はコチラ!!
  • Mikiki - music review site 2014/07/07 もっと聴きたい、知りたい、楽しみたい人のためのミュージック・レヴュー・サイト〈Mikiki〉、絶賛更新中!