こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

インタビュー

BUMP OF CHICKEN

カテゴリ : インタビューファイル

掲載: 2002年05月09日 16:00

更新: 2003年03月07日 17:08

ソース: 『bounce』 229号(2002/2/25)

文/岡村詩野

 取材日の前日にチャート番組を見ていたら、“天体観測”がなんとまだシングル・チャートのトップ100に入っていて仰天してしまった。あのシングルは、たしか1年前 ……2001年3月リリース。まるで演歌のような売れ方だ。


考えてみれば、新作『jupiter』は2年ぶりとなるアルバム。賞味期限の短いバンド 、周囲のスピードに流されがちなアーティストが増えているようななかで、このBUMP OF CHICKEN、実は自分たちでペース配分を考えながら活動できる連中であることが、そんなヒットの仕方やリリース間隔からもよくわかる。そして、『jupiter』の内容 が驚くほど良いということからも。単純な言い方しかできないのが悔しいが、全10曲 、とにかく曲がどれもすごく良いとしか言えないくらいによく練られている。しかも 、そのポップさに嫌味がまったくない。

「今回は制作期間がバラけてたってこともあって、アルバムって意識があまりないんですよ。全部、曲単位。〈アルバムを作ってるんだ〉という意識が芽生えてきたのも、最後の2曲を録っている時だったしね。だから、自分たちとしてはシングルが10 曲入っているアルバムって感じ。まさにベスト・アルバム状態。でも、いつだって俺らはそういう気持ちでいる。だから、今後あえてベスト・アルバムを出す必要がない ってことですかね(笑)」(藤原基央、ヴォーカル/ギター)

3年ほど前、彼らが千葉県佐倉市から出てきたばかりのころに取材をしたことがある。その時はやんちゃで落ち着きのない、でも決して憎めない連中という感じだったのに、今回ひさびさに再会してみると、対等に話し合える大人に成長していた。だが、音楽に対する姿勢はもちろん変わっていないし、それを追い求める情熱も失われていない。むしろ、今のほうがよりピュアになった印象さえある。

「周囲の人たちをシビアに見るようになりましたね。俺ってイヤなヤツだなあってくらい(笑)。でも、それによって俺たちにも最初はわからなかった〈アルバムの全 体像〉とかが見えてきたりすることもあって。ただ、こっちとしてはやりたいことを 素直にやっただけ。そういう意味では前の『THE LIVING DEAD』の時と変わってない。今回もすごく緻密にやったつもりなんですけど、結果的には感覚で作ってましたから。〈あっ、またこんな感じだよ〉ってみんなで苦笑したりしてね」(藤原)

「ずっとその曲のBPMを考えたりして、曲と生活をともにしている感じでしたね。それって、昔と同じなんですよ」(升秀夫、ドラムス)

「楽器とか機材とかだって全部自分たちで買いに行くしね。スタジオなんて、むしろ前のほうが良かったくらい。こういうのって豊かになってお金があれば良くなるって問題じゃないんですよね」(直井由文、ベース)

「でも、プレイヤーとしてはまだまだ。感覚としてうまくなってるのかもしれないけど、自分たちではわからないですね」(増川弘明、ギター)

自分たちの曲は「童謡のようなもの」と冷静に分析する藤原。しかし、その一方で「最終的に自分たちはただの音楽好きな兄ちゃんたちの集まり」とも言う。たしかに 、当初はトラッド・パンクにするつもりだったというアルバムのラスト・ナンバー“ ダンデライオン”が、升の誤解によってカントリーになってしまった経緯などをジャレ合いながら話してくれる様子は子供のように屈託がない。

「BUMP OF CHICKENの曲は情熱的だ、とか、雑誌で大袈裟に書かれることが多くて、うっとうしいなあって思ってた時期、たしかにあったんですよ。でも、俺たちは俺たちでやりたいことをやってるからいいか、って最近は思うようになった。結局、伝えたいことは歌の中にしかないってことに気付いたんです。俺たちは和音とメロディーとリズムで、いちばん気持ちのいいところを探しているだけ。そういう意味でBUMP OF CHICKENの曲は童謡なんです。〈あなたの生活のBGMになりたい〉って意味でも、聴く側はその人なりのエゴで聴いてほしいって意味でもね。でも、だからこそ今は一人でも多くの人に聴いてほしい。いままでそんなこと思ったこともないけど、今回は とくにそう強く思いますね」(藤原)


PROFILE

 94年、千葉にて結成。96年に現在のメンバー――79年生まれの幼馴染みである藤原基央、升秀夫、直井由文、増川弘明――となる。都内でライヴ活動を始めるようになった97年ごろから、一気に注目を浴びるようになり、99年のファースト・アルバム『 FLAME VAIN』、2000年のセカンド・アルバム『LIVING DEAD』は、ともに好セールスを記録、現在もロングセラーを続けている。2000年9月に、シングル“ダイヤモンド ”でメジャー・デビュー。その後、2001年3月にリリースしたシングル“天体観測” 、続く10月の“ハルジオン”が大ヒットを記録し、不動の人気を獲得。大きな期待を 集めるなか、待望のサード・アルバム『jupiter』(トイズファクトリー)がリリースされたばかり。

特集

  • タワレコTV - TOWER RECORDS TV 2017/05/01 世界最大の360°エンターテインメント・ストア、タワーレコード渋谷店が発信する音楽ストリーミング・メディア<タワレコTV>、絶賛配信中!
  • LIVE! TOWER RECORDS TOPICS 2018/03/09 タワーレコードが企画するライブ情報はコチラ!!
  • Mikiki - music review site 2014/07/07 もっと聴きたい、知りたい、楽しみたい人のためのミュージック・レヴュー・サイト〈Mikiki〉、絶賛更新中!