こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

Tom Petty & The Heartbreakers(トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ)|アメリカン・ロックの至宝、史上最高のライブ『LIVE AT THE FILLMORE, 1997』が公式音源で登場!

タグ : [anoto] アナログレコード ロック復刻&発掘 リイシュー

掲載: 2022年09月30日 13:15

Tom Petty & The Heartbreakers(トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ)

アメリカン・ロック・シーンのレジェンドによるバンド史上最高のライヴが、遂に公式音源となって今届けられる…!

アルバム総売上枚数8,000万枚以上を記録、18回のグラミー賞ノミネート(うち3回受賞)し、ロックの殿堂入りを含む数々の特別功労賞を受賞する、アメリカン・ロック・シーンのレジェンドにしてシーンの頂点に君臨するアーティスト、トム・ペティ。1976年にアルバム『TOM PETTY AND THE HEARTBREAKERS』でデビューを果たして以降、バンド名義やソロ名義などの数々の作品を発表、常に純粋なロックンロールをかき鳴らしながら晩年まで活動を続けてきた彼は、まさにアメリカン・ロックの至宝的存在だと言えるだろう。

トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズによる、約13年振りとなるライヴ・アルバムであり、世界中のファンが待ち焦がれていたライヴ作品『LIVE AT THE FILLMORE, 1997』が、今回遂に発売されることとなった。この作品は、彼らが1997年にサンフランシスコにある歴史的会場、ザ・フィルモアにて開催した、今もなお語り継がれる20公演にわたるレジデンシー公演の模様を収録した、興奮のライヴ・アルバムだ。20公演のうち6公演がレコーディングされており、その中からこのフィルモア公演の最高潮の瞬間ばかりを選りすぐった楽曲に加え、ファンとの繋がりやメンバー間の繋がりを強く感じさせてくれるトム・ペティのステージMCなどがたっぷりと収録されている今作は、まさにファンにとって”待望の”作品となる。この記念すべき待望のライヴ作品は、4枚組のデラックスCDと、2枚組のCD、そして6枚組のデラックス・アナログと3枚組アナログの系4形態でリリースされる。

フィルモアでの20公演がスタートする直前、トム・ペティはサンフランシスコ・クロニクル紙のインタビューで、公演でのプランをこう語っていた。 「俺たちはミュージシャンだから、いつだって演奏がしたいんだ。この5年間でたくさんのレコードを作ってきたけど、やはり俺たちにとって一番いいのは、スタジオの外に出てプレイすることだね。そうすると、次に目指す場所に辿り着くんだ。それがどこであってもね」

ザ・フィルモアでのライヴは、歓喜に満ち、観客の心を掴んで離さず、様々な要素が凝縮され、バンド史上最高の公演の一つとなった。この一連のライヴで、メンバー間、そしてファンとの絆が強固になったと言えるだろう。今作には、オリジナル曲の曲数を上回るカバー曲が収録されている。こうしたカバーは、トム・ペティが伝説的なソングライターになる以前、大人へと成長しながら音楽への情熱を培う機会を与えてくれたアーティストと楽曲へのトリビュートとなっている。収録されている代表的なカバーは、ボブ・ディランの「Knockin’ On Heaven’s Door」や、J.J.ケイルの「Crazy Mama」、ザ・ローリング・ストーンズの「Time is On My Side」といった楽曲の他、ザ・キンクスやエヴァリ・ブラザーズ、ビル・ウィザース、ザ・バーズ、チャック・ベリー、ブッカー・T&ザ・MG'sといったアーティストたちのカバー曲も網羅されている。また、本作には、ザ・バーズのフロントマン、ロジャー・マッギンと、ブルースのレジェンド、ジョン・リー・フッカーとのスペシャル・パフォーマンスも収録。他にも、「Mary Jane’s Last Dance」や「It’s Good To Be King」といったオリジナル楽曲のエクステンデッド・ヴァージョンも含まれている。

「1997年当時、ザ・フィルモアで一カ月もの間演奏できたなんて、ミュージシャン人生の中で最高に素晴らしい経験の一つだよ。バンドもライヴに燃えていたし、毎晩セットリストを変えていた。会場も観客も神がかっていたよ。そこにきて、素晴らしいゲスト・ミュージシャンとも一緒にプレイができたんだ。興奮とインスピレーションに満ちあふれたライヴの日々を、忘れることはできないよ」 ─ マイク・キャンベル

ザ・フィルモアは、バンドを高めてくれる場所となった。観客の心を打つソールド・アウトのパフォーマンスは大成功を収め、ハートブレイカーズは「フィルモアのお抱えバンド」と呼ばれるようになった。公演最終日に、ペティは「メンバー皆、バンドとして活動してきた中で今が最高の瞬間だって感じている…明日からここでライヴがないのはつらいよ」とコメントしている。

全20公演に及ぶザ・フィルモア公演の中から最後の6夜の模様がレコーディングされていたのだが、本作に収録されている楽曲は、プロデューサーのライアン・ウルヤテとマイク・キャンベル、そしてエグゼクティヴ・プロデューサーであるベンモント・テンチ、アドリア・ペティ、アナキム・ペティ、そしてダナ・ペティによって選曲されたものだ。

Tom Petty & The Heartbreakers(トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ)

★4CD DELUXE EDITION★
4枚組CDデラックス・エディションには、全58曲のライヴ音源(うち35曲はカバー曲)が収録されており、4時間以上の音楽がたっぷりと収録されている。また、未公開の貴重な写真などを掲載した32ページのブックレットや、カスタム・ギター・ピック3枚、オール・アクセスのラミネート・パスのレプリカ、そしてザ・フィルモアでのレジデンシー公演時にハートブレイカーズに与えられた名称、The Fillmore House Bandという言葉が刻まれた刺繍パッチが同梱されている。

輸入盤4CD


輸入盤2CD


輸入盤6LP


輸入盤3LP


■収録曲
【CD 1】
01. Pre-show (spoken interlude)
02. Around And Around
03. Jammin’ Me
04. Runnin’ Down A Dream
05. Good Evening (spoken interlude)
06. Lucille
07. Call Me The Breeze
08. Cabin Down Below
09. The Internet, Whatever That Is (spoken interlude)
10. Time is On My Side
11. Listen To Her Heart
12. Waitin’ In School
13. Let’s Hear It For Mike (spoken interlude)
14. Slaughter On Tenth Avenue
15. Homecoming Queen Intro (spoken interlude)
16. The Date I Had with That Ugly Old Homecoming Queen
17. I Won’t Back Down
18. You Are My Sunshine
19. Ain’t No Sunshine
20. It’s Good To Be King

【CD 2】
01. Rip It Up
02. You Don’t Know How It Feels
03. I’d Like To Love You Baby
04. Diddy Wah Diddy
05. We Got A Long Way To Go (spoken interlude)
06. Guitar Boogie Shuffle
07. I Want You Back Again
08. On The Street Intro (spoken interlude)
09. On The Street
10. California
11. Let’s Hear It For Scott and Howie (spoken interlude)
12. Little Maggie
13. Walls
14. Hip Hugger
15. Friend Of The Devil
16. Did Someone Say Heartbreakers Beach Party? (spoken interlude)
17. Heartbreakers Beach Party
18. Angel Dream
19. The Wild One, Forever
20. Even The Losers
21. American Girl
22. You Really Got Me
23. Goldfinger

【CD 3】
01. Mr. Roger McGuinn (spoken interlude)
02. It Won’t Be Wrong
03. You Ain’t Going Nowhere
04. Drug Store Truck Drivin’ Man
05. Eight Miles High
06. Crazy Mama
07. Everyone Loves Benmont (spoken interlude)
08. Green Onions
09. High Heel Sneakers
10. John Lee Hooker, Ladies And Gentlemen (spoken interlude)
11. Find My Baby (Locked Up In Love Again)
12. Serves You Right To Suffer
13. Boogie Chillen
14. I Got A Woman

【CD 4】
01. Sorry, I’ve Just Broken My Amplifier (spoken interlude)
02. Knockin’ On Heaven’s Door
03. Honey Bee
04. County Farm
05. You Wreck Me
06. Shakin’ All Over
07. Free Fallin’
08. Mary Jane’s Last Dance
09. Bye Bye Johnny
10. (I Can’t Get No) Satisfaction
11. It’s All Over Now
12. Louie Louie
13. Gloria
14. Alright For Now
15. Goodnight (spoken interlude)

Produced by Ryan Ulyate & Mike Campbell

トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ|名作『WILDFLOWERS』と同時期にレコーディングされた映画『SHE'S THE ONE』のサントラが、発売25周年記念リイマジンド・ヴァージョン『ANGEL DREAM』となって生まれ変わる!>>>>

トム・ペティ|アメリカン・ロックの至宝による1994年発表の傑作『WILDFLOWERS』のオルタネイト・ヴァージョンが登場! >>>>

最新のアナログレコード情報はこちら
レコードアクセサリー

ロック名盤復刻/リイシュー

Instant Disk Audio

CDレコ