こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

松田優作主演2作品『蘇える金狼』『野獣死すべし』が4Kデジタル修復Ultra HD Blu-rayで11月25日同時発売

タグ : 映画 リイシュー [anoto]

掲載: 2022年09月16日 00:00

松田優作

2021年に角川映画45周年を記念してリリースした「『犬神家の一族』4Kデジタル修復 Ultra HD Blu-ray【HDR版】」、2022年10月に角川映画UHDプロジェクト第1弾としてリリースした「『戦国自衛隊』4Kデジタル修復 Ultra HD Blu-ray【HDR版】」に続いて、松田優作主演の2作品『蘇える金狼』『野獣死すべし』が4Kデジタル修復 Ultra HD Blu-ray【HDR版】で発売決定!!

◆角川映画UHD化マニフェストに則り、制作を遂行‼
▼当時の色味を正しく再現すべく、撮影監督監修のグレーディングを敢行。
当時のタイミングデータ・過去のマスター・上映用フィルムなどを参照し、本来の色彩設計の復元を目指したニューマスターを作成。その過程でキャメラマン・関係者等の確認・調整なども実施。
2作品共に2014年発売・4KScaning Blu-ray制作時に仙元誠三撮影監督に監修頂いたグレーディング作業のパラメータ(調整値)データを流用し、新たに4Kレストアを施したニューマスターを作成。

▼UHDには、HDRグレーディングを施した16bitニューマスターを使用。
オリジナルに準じたSDR版に対して(Blu-rayとして収録)、HDR(High Dynamic Range)化にあたってはフィルムのルックをふまえながらも、1,000nitsのダイナミックレンジ(SDRは100nits)を存分に活かすグレーディングを敢行。HDR技術により、これまでの映像よりも幅広い輝度や色域で表現できるため、明るいシーンはより鮮やかに、暗いシーンはより艷やかに、ダイナミックかつ繊細な映像を実現。

▼劇場公開時のオリジナル音声を初収録。
角川映画が映画界に参入した頃、映画音声についても変革期を迎えていました。角川映画は、お客さまによりよい映像体験を提供すべく、当時出始めたばかりのサラウンド音響やドルビーシステムを採用するなど、他社に先駆けいち早く新技術を導入。これら音声の多くはのちの放送やパッケージに合わせて2.0chステレオ等にダウンミックス・再調整されていましたが、今回新たに現存する劇場用オリジナル素材より修復・復元し、当時の音響効果を再現する形で収録します。更に今回、当時まだ新しい技術に対応できていなかった劇場用に作成していたモノラル光学音声を初収録!(『蘇える金狼』)
『蘇える金狼』では、4chステレオ・サウンドのオリジナル音声に加え、モノラル音声を初収録‼
また『野獣死すべし』はオリジナルネガより新たにデジタイズ・サウンドリダクションを行ったモノラル音声を収録!(24bit/96kHz仕様)

▼5.1ch音源のある作品については、Dolby Atmos化を敢行。
過去のパッケージ化に際し新規リミックス・サラウンド化されていた音源に関しては、その効果設計を尊重しDolby Atmos仕様に更なる拡張ミックスを実施。オブジェクトベースの立体音響の迫力に圧倒されること間違いなし!
『蘇える金狼』では、2000年のDVD化に際して作成された5.1chサラウンドRemix音源をDolby Atmos化‼
※『野獣死すべし』のDVD用に制作された5.1ch音声はモノラル音源より疑似サラウンド効果(各チャンネルのレベル調整)にて作成された音源であり、Atmosへの拡張効果がないため、そのままの収録となります。

▼Dolby Visionのマスタリングを敢行!
対応環境においてはシーン毎に適切な輝度で再生され、制作者の意図したとおりの映像表現をご家庭でも視聴することが可能となります。

▼究極の画質を収録するために、UHD-BDは三層ディスク(100GB)を採用。

▼オリジナル予告篇はじめ、特報も4KHDR化し、UHDに収録。

▼過去の特典映像他コンテンツも可能な限り収録。

◆初回製造分に限り、アウタースリーブケース付【初回限定特典】。

『蘇える金狼 4Kデジタル修復【HDR版】』


◆『蘇える金狼』写真集(A4ソフトカバー/100P)を同梱!!
今回、倉庫に大量に保管されていたネガをデジタル化。松田美由紀監修の下、作品スチール、スナップで構成された決定版となる写真集。

◆特典ディスク(Blu-ray)には、今回倉庫より発掘された『蘇える金狼』の別テイクやカット尻・合成素材などがおさめられたラッシュフィルムに加え、本作に挑むにあたり、ハワイでの射撃訓練が収められたスチールカメラマン渡邉俊夫所有の秘蔵プライベート8mm映像他、アクションシーンに密着したスポニチ映像のメイキングを初収録(2007年発売のリスペクト優作 松田優作 DVD-BOXに収録された爆笑問題の太田光のインタビューも再録)。
「『蘇える金狼』ラッシュフィルム」 ★初収録
「TVスポット」15秒・30秒 (各SD素材より画質調整のうえ収録)
「8mm映像」(『蘇える金狼』撮影準備にあたり、ハワイでの射撃訓練の風景を収録したスチールカメラマン渡邉俊夫氏所有の秘蔵映像)★初収録
「華麗にそして豪快に」(スポニチ映像)★初収録
「爆笑問題の太田光のインタビュー」【リスペクト優作 松田優作 DVD-BOX 2007】再録

<ストーリー>
東和油脂の社員・朝倉哲也は、会社では風采のあがらない地味なサラリーマンだったが、夜はボクシング・ジムに通って体を鍛え、悪徳幹部たちが食い物にしている会社を乗っ取って、社長令嬢を自分のものにする野望を抱いていた。現金輸送車を襲い1億円を手に入れた朝倉は、番号の控えられた現金を麻薬に代えるためヤクザとも接触する。幹部たちが、横領の証拠を握った男から5000万円を要求されて対応に苦慮していることを知った朝倉は、両者の間を巧みに立ち廻り、男に渡すために会社が用意した大金を強奪する…。

<スタッフ>
監督:村川透 原作:大藪春彦 脚本:永原秀一 撮影:仙元誠三 音楽監督:鈴木清司 音楽:ケーシー・ランキン

<キャスト>
松田優作 風吹ジュン 佐藤慶 小池朝雄 岸田森 成田三樹夫 真行寺君枝 草薙幸二郎 岩城滉一 千葉真一

<映像特典>
本編ディスク:特報・予告篇
特典ディスク:「『蘇える金狼』ラッシュフィルム」★初収録/「TVスポット」15秒・30秒/「華麗にそして豪快に」(スポニチ映像)★初収録/「8mm映像」(『蘇える金狼』撮影準備にあたり、ハワイでの射撃訓練の風景を収録したスチールカメラマン渡邉俊夫氏所有の秘蔵映像)★初収録/「爆笑問題・太田光のインタビュー『しゃべる金狼』」【リスペクト優作 松田優作 DVD-BOX 2007】再録

<同梱特典>
『蘇える金狼』写真集(A4ソフトカバー/100P)/アウタースリーブケース付【初回限定特典】

©KADOKAWA 1979

『野獣死すべし 4Kデジタル修復【HDR版】』


◆『野獣死すべし』写真集(A4ソフトカバー/100P)を同梱!!
今回、倉庫に大量に保管されていたネガをデジタル化。松田美由紀監修の下、作品スチール、スナップで構成された決定版となる写真集。

◆『野獣死すべし』サウンドトラック(※背景BGMのみ)を初CD化の上、同梱‼
今回UHD化にあたり倉庫を調査する過程において、今まで存在しないと言われていた6mmの音源が発掘‼ 過去、レコード用ステレオ録音の音楽集が「野獣死すべし」サントラとして発売されていましたが(80年LP、96年CD※現在廃盤)、今回、発掘された劇場用セパレート音源(楽器・セクション別で左右チャンネルに分けて収録した劇場用Mixの元となる素材)の6mmをリマスターした劇伴を初CD化‼

◆映像特典として、TVスポット集を収録。
・15秒×2種 (フィルム原版より新規HD化し収録)
・30秒×1種 (SD素材より画質調整のうえ収録) ★初収録
・劇場名ぶらさがり集(TVスポットの末に表示される各映画館の後付け告知テロップ ※全国10劇場分) ★初収録

◆音声特典として、ME(Music&Effect)音源を収録するほか、爆笑問題の太田光のオーディオコメンタリー【リスペクト優作 松田優作 DVD-BOX 2007】も再録!
「ME(Music&Effect)音源」 本作を形作る重要なマテリアルのひとつでもある、音楽と効果音を純粋に楽しめる特典として、ME音源を高音質(24bit/96kHz仕様)にて全編収録。
「爆笑問題・太田光のオーディオコメンタリー」【リスペクト優作 松田優作 DVD-BOX 2007】再録。

<ストーリー>
優れた頭脳と射撃の腕を持つ伊達邦彦は、通信社の記者として世界各地の戦場を渡り歩いた後、通信社を辞め、翻訳の仕事をしながら読書と音楽鑑賞の日々を送っていた。だが血の中に野獣の凶暴さを持つ彼は、優雅な生活の裏で平然と殺人を犯す危険な男でもあった。ある日、大学の同窓会に出席した彼は、会場のウェイター・真田徹夫に自分と同じ血を感じ、現金強奪計画の仲間に誘う。伊達の指導で真田は射撃の腕を磨き、遂に2人は銀行強盗を実行するが…。

<スタッフ>
監督:村川透 原作:大藪春彦 脚本:丸山昇一 撮影:仙元誠三 音楽監督:鈴木清司 音楽:たかしまあきひこ

<キャスト>
松田優作 鹿賀丈史 室田日出男 小林麻美 根岸季衣 風間杜夫 岩城滉一 岡本麗 青木義朗 佐藤慶

<映像特典>
本編ディスク:予告篇・TVスポット*Blu-rayのみ

<音声特典>
「ME(Music&Effect)音源」/「爆笑問題の太田光のオーディオコメンタリー」【リスペクト優作 松田優作 DVD-BOX 2007】再録

<同梱特典>
『野獣死すべし』写真集(A4ソフトカバー/100P)/アウタースリーブケース付【初回限定特典】

©KADOKAWA 1980

◆ ◆ ◆ ◆ ◆

line

角川映画UHDプロジェクト作品