こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

Eric Clapton(エリック・クラプトン)|ファースト・ソロ・アルバム『エリック・クラプトン・ソロ』の50周年記念デラックス・エディション|国内盤オンライン限定予約ポイント10%還元

タグ : ロック復刻&発掘 リイシュー

掲載: 2021年06月09日 17:30

TOWER RECORDS ONLINE限定!
2021年8月19日 23:59まで国内盤ポイント10%還元!

Eric Clapton(エリック・クラプトン)

エリック・クラプトンのファースト・ソロ・アルバム『エリック・クラプトン・ソロ(原題:「Eric Clapton」)』 (オリジナル・リリースは1970年8月) の50周年記念デラックス・エディションのリリースが決定。

このアルバムは、路線変更の素晴らしい成功例のひとつとしてロックの歴史に刻まれている。エリック・クラプトンは1960年代にギター・ヒーローのひとりとして頭角を現し、強い影響力を誇っていた。そんなイギリスのスーパースターがこのアルバムで果敢にも変身を遂げ、新たな音楽性を追求したのである。ここでのクラプトンは華やかなトップ・ギタリストから多芸多才なレコーディング・アーティストへと変化しており、派手でテクニカルな演奏を控えめにする代わりに、楽曲を重視したアンサンブルを打ち出していた。そうした方向性は、このあと大成功を収めていく彼のソロ・キャリアの基本路線となった。このアルバムのレコーディングでは新たな顔ぶれのアメリカ人ミュージシャンが起用されており、そうして完成したルーツ志向の楽曲はクラプトンの才能を引き立てる刺激的な枠組みとなっている。50周年を記念してリリースされる今回の"アニヴァーサリー・デラックス・エディション"には、以下の3種類のミックスが収録されている。

●エリック・クラプトン・ミックス
●デラニー・ブラムレット・ミックス
●トム・ダウド・ミックス (UKヴァージョン)

アルバム収録曲すべての"エリック・クラプトン・ミックス"が発表されるのは今回が初めて。またこの"アニヴァーサリー・デラックス・エディション"には、収録曲の別ヴァージョン、レコーディング・セッションのアウトテイク、シングル音源も併せて収録。

Eric Clapton(エリック・クラプトン)

国内盤CD

豪華ブックレット付
英文ライナー翻訳付/歌詞対訳付
SHM-CD仕様/完全生産限定盤


輸入盤CD


輸入盤LP


■収録曲
CD1:トム・ダウド・ミックス – UKヴァージョン

1.スランキー
2.バッド・ボーイ
3.家から遠く
4.アフター・ミッドナイト
5.イージー・ナウ
6.ブルース・パワー
7.レッド・ワイン
8.ラヴィン・ユー、ラヴィン・ミー
9.ラスト・タイム
10.何故か知らない
11.レット・イット・レイン

CD2:エリック・クラプトン・ミックス [*:未発表ミックス]
1.スランキー *
2.バッド・ボーイ *
3.家から遠く *
4.アフター・ミッドナイト
5.イージー・ナウ
6.ブルース・パワー *
7.レッド・ワイン *
8.ラヴィン・ユー、ラヴィン・ミー *
9.ラスト・タイム *
10.何故か知らない *
11.レット・イット・レイン

CD3:デラニー・ブラムレット・ミックス
1.スランキー
2.バッド・ボーイ
3.イージー・ナウ
4.アフター・ミッドナイト
5.ブルース・パワー
6.レッド・ワイン
7.ラヴィン・ユー、ラヴィン・ミー
8.家から遠く
9.何故か知らない
10.レット・イット・レイン

CD4:シングルス、オルタネイト・ヴァージョンズ&セッション・アウトテイクス [*:未発表ミックス]
1.ティージン(byキング・カーティス、ディレイニー・ブラムレット、エリック・クラプトン&フレンズ)
2.カミン・ホーム(オルタネイト・ミックス) (byディレイニー&ボニー&フレンズ・フィーチャリング・エリック・クラプトン) *未発表ミックス
3.ブルース・イン・A(セッション・アウトテイク)
4.シー・ライズ(「レット・イット・レイン」オルタネイト・ヴァージョン)
5.ラスト・タイム(オリンピック・スタジオ・ヴァージョン)
6.何故か知らない(オリンピック・スタジオ・ヴァージョン)
7.カミン・ホーム(シングルAサイド) (byディレイニー&ボニー&フレンズ・フィーチャリング・エリック・クラプトン)
8.グルービー(スーパースター)(シングルAサイド)(by ディレイニー&ボニー&フレンズ・フィーチャリング・エリック・クラプトン)

〈SA-CD~SHM仕様 レギュラー盤シリーズ〉クリーム、エリック・クラプトン他、計7タイトルがリリース>>>>

エリック・クラプトン|6年振りに開催された『クロスロード・ギター・フェスティヴァル 2019』の映像作品 >>>>