こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

ブロムシュテットがライプツィヒ・ゲヴァントハウス管とブラームスの交響曲第1番をライヴ収録!

カテゴリ : ニューリリース

掲載: 2020年07月31日 13:00

ブロムシュテットのブラームス

困難な時代における希望のメッセージ。
ブロムシュテットがライプツィヒ・ゲヴァントハウス管と
ブラームスの交響曲第1番をライヴ収録!


1927年生まれのヘルベルト・ブロムシュテット。現在も精力的な演奏活動を展開している現役最高齢の巨匠、注目すべき2019年の新録音がPENTATONEレーベルから登場!オーケストラは、ブロムシュテットが1998年から2005年の7年間に渡ってシェフを務めたライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団です。現在も当団の名誉指揮者として定期的に指揮台に立ち、絶大な信頼を獲得しています。
ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管を振ったブロムシュテットの録音といえば、ACCENTUS MUSICレーベルからリリースしているベートーヴェン交響曲全集(KKC 5802 / ACC 80322CD)がベストセラー盤ですが、当録音は「ベートーヴェンの交響曲第10番」とも称されたブラームスの交響曲第1番ということでも注目といえます。
当作品はブロムシュテットの十八番であり来日公演でも何度も披露されておりますが、録音は1991年6月、シュターツカペレ・ドレスデンとのライヴ収録のみです。ベートーヴェンに対しての敬愛、そして系譜を正統的に受け継いだブラームスの交響曲第1番は巨匠にとって最も重要な作品であり、困難な時代における巨匠からの希望のメッセージのようです。
演奏はブロムシュテットならではの年齢を感じさせない躍動感にあふれつつ堂々たる演奏。ことに幸福感に満ちたフィナーレは、ベートーヴェンの「歓喜の歌」から着想を得たものと思われますが、この希望のメッセージと不変の力を信じるブロムシュテットの揺るぎない信念が十分に伝わってきます。
交響曲第1番の演奏時間は第1楽章:16'55、第2楽章:9'32、第3楽章:5'05、第4楽章:18'35=50'07です。
(キングインターナショナル)

ブラームス:
(1)交響曲第1番 ハ短調 Op.68(1876)(50'07)
(2)悲劇的序曲 ニ短調 Op.81(1880)(12'25)

ベルベルト・ブロムシュテット(指揮)、ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団
ライヴ録音:(1)2019年9月、(2)2019年10月/ゲヴァントハイス(ライプツィヒ)
エグゼクティヴ・プロデューサー:ルノー・ロランジェ(A&Rマネージャー:ケイト・ロケット
レコーディング・プロデューサー:ベルンハルト・ギュトラー
レコーディング・エンジニア:ルネ・メラー(Teldex)
DDD 62'32

輸入CD

PTC5186850(CD)
輸入盤・日本語帯付

 

輸入盤:国内流通仕様CD

KKC6269(CD)
輸入盤・日本語帯・解説付