こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

男声ア・カペラ・グループ「クイーンズ・シックス」の新録音!『新世界への旅~16&17世紀のスペインの宗教音楽』

カテゴリ : ニューリリース

掲載: 2020年06月03日 00:00

クイーンズ・シックス

クイーンズ・シックスSignum第2弾!
スペインから新世界へと旅した宗教音楽!

エリザベス1世の即位450周年となった2008年に、ウィンザー城セント・ジョージ・チャペル聖歌隊のメンバーによって結成され、ロイヤル・ウェディングでのパフォーマンスなど英国王室と縁の深いことでも知られる男声ア・カペラ・グループ、クイーンズ・シックス。
タリス・スコラーズやザ・シックスティーン、ポリフォニーなど、合唱王国イギリスの名アンサンブルのメンバーとしても活躍する6人の精鋭たちによるSignum Classics移籍第2弾は、16世紀中期から1700年頃まで、スペインから新世界(アメリカ大陸)へと渡った宗教音楽の大いなる旅を歌います。

ビクトリア、ゲレーロ、モラレス、アロンソ・ロボといったスペイン黄金世紀の大作曲家たちの作品に、エルナンド・フランコ(1532-1585)、フアン・グティエレス・デ・パディーリャ(c.1590-1664)、フランシスコ・ロペス・カピリャス(1614-1674)、ミゲル・マテオ・デ・ダーリョ・イ・ラナ(c.1650-1705)といった、スペインからメキシコ、グアテマラなどの新大陸へ移り活動した、あるいはスペイン系の両親の下、新大陸で生まれ育った作曲家たちのレア・レパートリーを加えたこだわりのプログラムです。
(東京エムプラス)

『新世界への旅~16&17世紀のスペインの宗教音楽』
【曲目】
モラレス:レジナ・チェリ・ラエターレ(6声)
エルナンド・フランコ:サルヴェ・レジナ(5声)
ビクトリア:われは鳩のごとき美しきものを見たり
ゲレーロ:われを連れ行きたまえ
アロンソ・ロボ:わがハープは悲しみの音に変わり
フアン・グティエレス・デ・パディーリャ:死の苦しみがわたしを取り巻く
フランシスコ・ロペス・カピリャス:夜の幻によって
パディーリャ:わがハープは悲しみの音に変わり
カピリャス:大いなる秘跡
アロンソ・ロボ:なんと甘美な
伝エルナンド・フランコ:キリストは我らのために
モラレス:おお、聖なる饗宴よ
ビクトリア:おお、なんと栄光に満ちた
ゲレーロ:祝福されしアカキウス
ミゲル・マテオ・デ・ダーリョ・イ・ラナ:主を褒めたたえよ

【演奏】
クイーンズ・シックス
[メンバー]
ダニエル・ブリテイン(カウンターテナー)
ティム・カールストン(カウンターテナー)
ニコラス・マッデン(テノール)
ドミニク・ブランド(テノール)
アンドルー・トンプソン(バリトン)
サイモン・ホワイトリー(バス)

【録音】
2019年3月27日-29日、アスコット小修道院(イギリス)