こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

アレン・ギンズバーグ(Allen Ginsberg)|1956年発表の詩集『吠える その他の詩』、柴田元幸による完全新訳が6月30日発売!

カテゴリ : ニューリリース 予約 | タグ : 書籍

掲載: 2020年05月26日 18:21

更新: 2020年06月05日 16:09

アレン・ギンズバーグ_吠える その他の詩


 


アレン・ギンズバーグの詩集『吠える その他の詩』、柴田元幸による完全新訳!

カウンターカルチャーの発火点となった「吠える」をはじめ、「吠える 脚注」、
「カリフォルニアのスーパーマーケット」など"その他の詩"を含む、
1956年発表のオリジナル版HOWL AND OTHER POEMSを柴田元幸が完全新訳!!

「『吠える』は1957年まで、出版されなかった。
サンフランシスコで裁判になった時、
裁判長は文学的価値があるかどうかは批評家の考察にゆだねる、と言った。
そんな観点がアメリカを支配していた」
―――アレン・ギンズバーグ(SWITCH 1992年 7月)

息苦しさが支配する1950年代アメリカにおいて、
詩人は反抗と自由をうたった。
カウンターカルチャーの嚆矢となり、
後世に決定的な影響を与えた一冊。
ビート・ジェネレーションを代表する詩人による
1956年刊行の詩集が、新訳で甦る。

1955年10月7日、サンフランシスコの小さな会場で行われた
若い無名の詩人5人による朗読会において
ギンズバーグは「吠える」の第一部を読み、聴衆は電撃的に反応した。
――「訳者あとがき」より

【コンテンツ】
『吠える』について――ウィリアム・カーロス・ウィリアムズ
吠える/吠える 脚注/カリフォルニアのスーパーマーケット
オルガン曲を書き写す/ひまわりスートラ/アメリカ
グレイハウンドの荷物室で
初期詩選(アスフォルデ/うた/野生の孤児/リアルの背後で)