こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

続編登場!英ビダルフ『20世紀のさらに10人の偉大なヴァイオリニストたち』(10枚組)

カテゴリ : ニューリリース | タグ : ボックスセット(クラシック)

掲載: 2020年03月19日 00:00

偉大なヴァイオリニストたち

英ビダルフが2019年にリリースした『20世紀の10人の偉大なヴァイオリニストたち』(10枚組)はラッパ録音のエルマンからデジタル録音のヴェンゲーロフまで10人のヴァイオリニストの妙技を収め大好評でした。その好評を受けて続編が制作されました!今回はSP時代のトーシャ・ザイデルから現代のサルヴァトーレ・アッカルドまで収められています!まさにコレクター必見のBOXと言えるでしょう。
(タワーレコード 商品本部 板倉重雄)

※ ページ下部の「関連商品」には今回集めたビダルフの在庫品を併せて掲載しました。最終入荷アイテムもございますので、お求めはお早めに!

【曲目】
[CD 1]
サルヴァトーレ・アッカルド
パガニーニ (1782-1840):
無伴奏ヴァイオリンのための24の奇想曲 (カプリス)
サルヴァトーレ・アッカルド (ヴァイオリン)

[CD 2]
アドルフ・ブッシュ
J・S・バッハ (1685-1750):無伴奏ヴァイオリン・ソナタ 第3番 ハ長調 BWV 1005
ベートーヴェン (1770-1827):
ヴァイオリンとピアノのためのソナタ 第3番 変ホ長調 Op.12 No.3 (*)
ヴァイオリンとピアノのためのソナタ 第5番 ヘ長調 「春」 Op.24 (*)
ブゾーニ (1866-1924):ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 Op.35a (+)
アドルフ・ブッシュ (ヴァイオリン)
ルドルフ・ゼルキン (ピアノ(*))
アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団(+)
ブルーノ・ワルター (指揮(+))

[CD 3 / 80224-2]
ジーノ・フランチェスカッティ ヴァイオリン愛奏曲集
ヴィターリ (1663-1745)/レオポルド・シャルリエ (1867-1936) 編曲:シャコンヌ (ヴァイオリンとピアノのための)
クライスラー (1875-1962):
パガニーニの様式による前奏曲とアレグロ (ヴァイオリンとピアノのための)
W・F・バッハの様式によるグラーヴェ (ヴァイオリンとピアノのための)
ポルポラの様式によるメヌエット (ヴァイオリンとピアノのための)
ボッケリーニの様式によるアレグレット (ヴァイオリンとピアノのための)
マスネ (1842-1912):タイスの瞑想曲 (ヴァイオリンとピアノのための)
シャブリエ (1841-1894)/ミュエル・ドゥシュキン (1891-1976) 編曲:楽しい行進曲 (ヴァイオリンとピアノのための)
プーランク (1899-1963)/ヤッシャ・ハイフェッツ (1901-1987) 編曲:プレスト (ヴァイオリンとピアノのための)
ヴィラ=ロボス (1887-1959):黒鳥の歌 (ヴァイオリンとピアノのための)
フラウジーノ・ロドリゲス・ヴァレ (1894-1954)/ヤッシャ・ハイフェッツ編曲:たき火のそばで (ヴァイオリンとピアノのための)
伝承/クライスラー編曲:ロンドンデリー・エア (ヴァイオリンとピアノのための)
パガニーニ (1782-1840):「ヴェネツィアの謝肉祭」による変奏曲 (ヴァイオリンとピアノのための) (#)
サン=サーンス (1835-1921):ヴァイオリンと管弦楽のための序奏とロンド・カプリチオーソ (+)
ラヴェル (1875-1937):ツィガーヌ (ヴァイオリンとピアノのための) (*)
ジーノ・フランチェスカッティ (ヴァイオリン)
アーサー・バルサム (ピアノ(+以外))
フィラデルフィア管弦楽団(+)
ユージン・オーマンディ (指揮(+))

録音:1947年4月3日(*)/1950年11月5日(+)/1954年4月30日(#)/1951年1月5日(無印)
音源:78回転盤 復刻:デイヴィッド・ハーマン (C)(P)2007

[CD 4 / LAB 077/8 および 081/2 から]
ブロニスラフ・フーベルマン
ベートーヴェン (1770-1827):ヴァイオリンとピアノのためのソナタ 第9番 イ長調 「クロイツェル」Op.47
J・S・バッハ (1685-1750):いざ来たれ、異教徒の救い主よ/G線上のアリア
シューベルト (1797-1828):楽興の時 第3番/アヴェ・マリア
ブラームス (1833-1897):ハンガリー舞曲 第1番 ト短調
チャイコフスキー (1840-1893):メロディ 変ホ長調
ブルッフ (1838-1920):コル・ニドライ
エルガー (1857-1394):気まぐれな女
サラサーテ (1844-1908):アンダルシアのロマンス
ザジツキ (1834-1895):マズルカ ト長調
ビゼー (1838-1875)/サラサーテ:カルメン幻想曲
ブロニスラフ・フーベルマン (ヴァイオリン)
イグナツィ・フリードマン (ピアノ) 他

[CD 5]
ジネット・ヌヴー HMV 録音集
シベリウス (1865-1957):ヴァイオリン協奏曲 ニ短調 Op.47
スク (1874-1935):ヴァイオリンとピアノのための4つの小品 Op.17
ラヴェル (1875-1937):ツィガーヌ/ハバネラ形式の小品
ディニク (1889-1949)/ハイフェッツ (1901-1987) 編曲:ホラ・スタカート
グルック (1714-1787):オペラ「オルフェオとエウリディーチェ」から メロディ/精霊の踊り
スカルラテスク (1872-1922):バガテル
パラディス (1759-1824)/ドゥシュキン (1891-1976):シチリアーナ
ファリャ (1876-1946)/クライスラー (1875-1962) 編曲:スペイン舞曲
ジネット・ヌヴー (ヴァイオリン) 他

[CD 6 / LAB 044、他]
ルッジェーロ・リッチ 1938年エレクトローラ&1955年デッカ録音集
J・S・バッハ (1685-1750):無伴奏ヴァイオリン・パルティータ 第3番 ホ長調 BWV 1006 から 前奏曲
マッテゾン (1681-1764):エア
パガニーニ (1782-1840):「モーゼ」幻想曲
パガニーニ/コハンスキ (1887-1934) 編曲:ラ・カンパネッラ
サラサーテ (1844-1908):序奏とタランテッラ/ハバネラ/ツィゴイネルワイゼン
イザイ (1858-1931):子供の夢
ラフマニノフ (1873-1943)/プレス編曲:ヴォカリーズ
スク (1874-1935):ブルレスク
サラサーテ:サパテアド Op.23 No.2
クロール (1901-1980):バンジョーとフィドル
パガニーニ (1782-1840):魔女たちの踊り Op.8/無窮動 Op.11/「神よ王を守らせたまえ」 による変奏曲 Op.9/ソナタ ホ短調 Op.3 No.6
パガニーニ/クライスラー (1875-1962) 編曲:ロッシーニの 「タンクレディ」 の 「こんなに胸騒ぎが」による序奏と変奏曲 (Op.13)
ルッジェーロ・リッチ (ヴァイオリン) 他

[CD 7]
アーロン・ロザンド・プレイズ・マックス・ブルッフ
ブルッフ (1838-1920):
ヴァイオリン協奏曲 第1番 ト短調 Op.26
ヴァイオリン協奏曲 第2番 ニ短調 Op.44
スコットランド幻想曲 (ヴァイオリンと管弦楽のための) Op.46
アーロン・ロザンド (ヴァイオリン) 他

[CD 8 / ALC1350]
ヴォルフガング・シュナイダーハン
ベートーヴェン:ヴァイオリン協奏曲ニ長調, Op.61
[1] Allegro ma non troppo (D major) 24:32 [2] Larghetto (G major) 10:45 [3] Rondo. Allegro (D major) 10:51
(カデンツァ:シュナイダーハン)
ヴォルフガング・シュナイダーハン(ヴァイオリン)
オイゲン・ヨッフム指揮
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

ヴァイオリンと管弦楽のためのロマンス Opp.40 & 50
[4] Romance No. 1 in G major, Op. 40 7:19 [5] Romance No. 2 in F major, Op. 50 8:46
ダヴィッド・オイストラフ(ヴァイオリン)
ユージン・グーセンス指揮
ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団

[CD 9 / LAB 138]
トーシャ・ザイデル ビクター&ブランズウィック・ハイライツ
モーツァルト (1756-1791)/アウアー (1845-1930) 編曲:ガヴォット ト長調 (オペラ 「イドメネオ」 より)
モーツァルト/ブルメスター (1869-1933) 編曲:メヌエット ニ長調 (ディヴェルティメント 第17番 K.334 より)
ワーグナー (1813-1883)/ヴィルヘルミ (1845-1908):アルバムの綴り
ブラームス (1833-1897)/ヨアヒム (1831-1907) 編曲:ハンガリー舞曲 第1番 ト短調
バカレイニコフ (1896-1966):ブラムシアーナ
プロヴォスト (1890-1959):間奏曲
コルンゴルト (1897-1957):ヴァイオリンとピアノのための組曲 「空騒ぎ」
婚礼の朝/ドグベリーとヴァージス (番兵の行進)/間奏曲 (庭の場面)/仮面舞踏会 (ホーンパイプ)
ヨハン・シュトラウス II (1825-1899)/ティオムキン (895-1979) 編曲:
映画音楽 「グレート・ワルツ」 から One Day When We Were Young / There'll Come a Time
春の声
フランク (1822-1890):ヴァイオリンとピアノのためのソナタ イ長調
トーシャ・ザイデル (ヴァイオリン) 他

[CD 10 / LAB 136]
オスカー・シュムスキーの芸術 Vol. 1
レスピーギ (1879-1936):ヴァイオリンとピアノのためのソナタ ロ短調 (*)
ラヴェル (1875-1937):ヴァイオリンとチェロのためのソナタ (+)
ヴィオッティ (1753-1825):ヴァイオリン協奏曲 第22番 イ短調 (#)
ショパン (1810-1849)/サラサーテ (1844-1908) 編曲:夜想曲 変ホ長調 Op.9 No.2 (**)
ヴィエニャフスキ (1835-1880):ヴァイオリンとピアノのための華麗なポロネーズ 第1番 ニ長調 Op.4(++)
オスカー・シュムスキー (ヴァイオリン)
アーサー・バルサム (ピアノ(*))
バーナード・グリーンハウス (チェロ(+))
ウラディーミル・ソコロフ (ピアノ(#))
アメリカン・ラジオ管弦楽団 (**)
ダルテガ (指揮(**))
ロンジンス・シンフォニエッテ(++)
ミシェル・ピアストロ (指揮)