こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

The Soapgirls(ザ・ソープ・ガールズ)日本初上陸作品『悩殺のジョニー・ロットン』

タグ : UK/US INDIE PUNK/EMO

掲載: 2020年01月24日 15:24

The Soapgirls(ザ・ソープ・ガールズ)『悩殺のジョニー・ロットン』

日本初上陸作品!ジャケットのアートワークから見え隠れするB級感はまったく皆無、本格的なパンキッシュ・チューンとメロディックなバンド・サウンド、そして世の中の闇や女性のエンパワーメントを追求するようなメッセージ性のあるリリックなど、しっかりと表現者=ミュージシャンとしての実力とフィロソフィーを兼備した姉妹デュオ、ソープ・ガールズ。まさに、彼女たちの音楽活動は現代へ向けたバーレスクのよう!

モデルのような美貌とスタイルを併せ持つふたりですが、ライヴは熱く激しく、そんなラディカルなパフォーマンスが特徴的。過激な衣装も人気のひとつで、ランジェリーやボンデージ・ファッション、ときにはトップレスにボディ・ペインティングなどエロティシズムを逆手に取った表現方法も彼女たちならでは。また、イギリスやヨーロッパには彼女たちの熱心なファンがたくさんおり、<THE SOAPSUDS>と呼ばれているそうです!

そもそもソープ・ガールズ結成のいきさつは、彼女たちが8歳、9歳のころから8年間に渡り活動していたストリート・パフォーマンスにあり。パリで生まれたふたりは幼少期に南アフリカのケープタウンへ移り住み、そこでストリート・パフォーマンスを始めます。歌ったり、自家製の石鹸を売って慈善団体へ寄付していたことから「SOAP GIRLS」と呼ばれ始め、それがバンド名のゆかりになっています。

ストリートを飛び越えすっかり人気者となった彼女たちは、それぞれ12歳、13歳のときにファースト・アルバム『Xperience』をレコーディングし、南アフリカのユニバーサル・ミュージックから2011年にメジャー・デビュー、国内チャートにもランクイン。このころは“パステルひらひらミニスカート”を身にまとったアイドル路線でしたが、元々ALICE INCHAINSやMARILYN MANSON、NIRVANA、SMASHINGPUMPKINS、KORN、NAPALM DEATH、BUTTHOLE SURFERS、L7などのファンだったことから音楽表現の変更を決断、活動拠点も欧米へと移り替えることに。

10代後半となった2016年に『Calls For Rebellion』を、その翌年にサード・アルバム『Societys Rejects』、そして2019年に『Elephant In The Room』を発表し、3作品すべて彼女たちの自主レーベルからリリース。ソープ・ガールズは、2018年にはイギリスで有名なパンク・ロック・フェス『Rebellion Festival』へ、2019年はロンドンのカムデン地区で開催される『Camden Rocks』にも出演し、パンク~ロック・ファンやメディアからの評価がうなぎのぼり。今後要注目な姉妹デュオです。

◎初回限定のみライヴ無料招待券<ギグカード>を封入!
◎初回限定生産:リミテッド・エディション・ナンバー付き!
◎ボーナス・トラック収録!
◎日本デビュー記念限定お試し価格1,800円(税抜)


【収録曲】
1.拒否する社会
2.悩殺のジョニー・ロットン
3.ウォーターズ・エッジ
4.地獄のパーティーへようこそ
5.エアー
6.ステップ・アウトサイド
7.原罪
8.サムはコカインをやってる
9.大嫌いなアンタ
10.ドラッグ・ユー・ダウン
11.禁じられた火遊び
12.ブレイク・ユー!
13.バリー・ミー
14.悪い女(ボーナス・トラック) 2016 年シングル曲
15.私はもう死んでいる(ボーナス・トラック) 2017 年シングル曲
16.恋の一方通行(ボーナス・トラック) 2019 年最新シングル曲

The Soapgirls(ザ・ソープ・ガールズ)