こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

ヤンソンス&バイエルン放送響の2017年ライヴが登場!R.シュトラウスの“ツァラトゥストラはこう語った”&トリフォノフを迎えて“ブルレスケ”

カテゴリ : ニューリリース

掲載: 2019年12月27日 00:00

ヤンソンス

ヤンソンスが得意としたリヒャルト・シュトラウスより2017年の『ツァラ』がライヴで登場!ブルレスケのピアノはダニール・トリフォノフ!

2019年11月、惜しまれつつ76歳の生涯を閉じたマリス・ヤンソンス。
ベートーヴェンやマーラー、ショスタコーヴィチなど数多くの作品の演奏で聴き手を興奮の渦に巻き込みましたが、彼が最も大切にしていた作曲家はリヒャルト・シュトラウスだったのではないでしょうか?
1988年のオスロ・フィルとの来日プログラムには「ドン・ファン」、ロイヤル・コンセルトヘボウ管との初来日の際にも「英雄の生涯」を演奏するなど、ここぞという時の勝負曲に彼が選ぶのはリヒャルト・シュトラウスの作品でした。最後の来日公演となってしまった2016年ツアーでもマーラーの交響曲第9番と並び「アルプス交響曲」を演奏。虚飾を排した端正なアプローチがオーケストラの高度な技量と相まって、大きな感銘を残したのは記憶に新しいところです。
オーケストラの技術を極限まで駆使し、重厚かつ華麗な響きを要求するリヒャルト・シュトラウス作品の演奏は、バイエルン放送交響楽団を手兵に持つヤンソンスにとってはまさに「腕の見せどころ」だったことでしょう。

今回のアルバムには、2017年10月に演奏した「ツァラトゥストラ」と「ブルレスケ」の2作品が収録されており、両者の手腕をたっぷりお楽しみいただけます。

壮大な冒頭部のみが知られる「ツァラトゥストラ」ですが、“自然の動機”などのさまざまなモティーフを中心に、壮麗なフーガやコラールが随所に用いられた変幻自在な作品です。なかでも後半部の山場となる「舞踏の歌」はワルツのリズムで書かれており、《ばらの騎士》を思わせるシュトラウス独自の三拍子はヤンソンスが得意とするところで、ここでも深淵さと優雅さを兼ね備えた見事な演奏を聴かせます。

同時収録となる、トリフォノフがピアノを担当した「ブルレスケ」は1886年、シュトラウス22歳の時の作品。英語の「バーレスク(ユーモアと辛辣さを兼ね備えた性格)」を意味するタイトルの通り、ティンパニの序奏に始まり、ピアノが諧謔的な旋律を奏でながらオーケストラと対話をするという、あまり耳にする機会の多くない曲をトリフォノフとヤンソンスは見事な掛け合いで聴かせます。
(ナクソス・ジャパン)

【曲目】
交響詩「ツァラトゥストラはこう語った」 Op.30
1.Einleitung 導入部
2.Von den Hinterweltlern 世界の背後を説く者について
3.Von der großen Sehnsucht 大いなる憧れについて
4.Von den Freuden und Leidenschaften 喜びと情熱について
5.Das Grablied 墓場の歌
6.Von der Wissenschaft 学問について
7.Der Genesende 病より癒え行く者
8.Das Tanzlied 舞踏の歌
9.Das Nachtwandlerlied - Epilog 夜のさすらい人の歌-エピローグ

ブルレスケ - ピアノとオーケストラのための WoO, AV85
10.Allegro Vivace

【演奏】
マリス・ヤンソンス(指揮)
バイエルン放送交響楽団
ダニール・トリフォノフ(ピアノ)…10

【録音】
2017年10月10-13日(ライヴ)
ヘルクレスザール