こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

ジョルジ・シャンドール/ザ・コンプリート・コロンビア・アルバム・コレクション(17枚組)

カテゴリ : ニューリリース | タグ : ボックスセット(クラシック)

掲載: 2019年11月29日 13:00

シャンドールBOX

「完璧なピアニスト」と称され、バルトークの音楽を世に広めた名匠、
ジョルジ・シャンドールのコロンビア~ソニー・クラシカルへの全録音を初めてCD17枚に集大成。

ジョルジ・シャンドール(ハンガリー風に表記すると、シャーンドル・ジェルジ)は、1912年にブダペスト生まれ。リスト音楽院にてバルトークに4年間ピアノを、そしてコダーイに作曲を師事し、1930年にコンサート・ピアニストとしてデビュー。ヨーロッパ各国で広く演奏した後、1939年にカーネギー・ホールへのデビューを果たしました。翌年、彼はアメリカに定住し市民権を取得。南メソジスト大学、ミシガン大学、1980年代にジュリアード音楽院で教鞭をとり、マルコム・ビルソンやエレーヌ・グリモーらを排出しています。80歳を超えてもピアニストとしての活動を続けるなど、2005年に亡くなる年まで精力的にコンサートを行いました。
彼は、ピアノの師であったバルトークの生涯の友人でもあり、バルトークのピアノ曲の演奏および解釈の第一人者、そして1945年の葬儀に出席した10人のうちの1人でした。バルトークの指導の下での最初の2つのピアノ協奏曲を準備、そして1946年には遺されたピアノ協奏曲第3番の世界初演をユージン・オーマンディ指揮フィラデルフィア管弦楽団と行い、その直後に米コロンビアに同曲の初録音を行いました(CD3)。また「ミクロコスモス」の初の全曲録音(CD10・11)のみならず、バルトークのピアノ独奏曲と協奏曲の初録音(こちらは米VOXレーベル)も達成しています。
この17枚組のボックスに収録された録音は、大きく二つに分けることができます。
まずCD1~11は1945年から1955年にかけて米コロンビアに録音したSP~モノラル録音で、バッハの編曲集、シューマン、ショパン、リストのほか、上述のバルトークのピアノ協奏曲第3番と「ミクロコスモス」の初録音が歴史的な価値を持っています。CD初期の「マスターワークス・ポートレイト」のシリーズでCD化されていた「ミクロコスモス」以外は、正規コロンビア原盤からの初CD化となります。
CD12~17は、シャンドール最円熟期ともいうべき「黄金時代」で、バルトークのピアノ協奏曲3曲の再録音(アダム・フィッシャー指揮ハンガリー国立管、CD13)、「ミクロコスモス」を除く主要ピアノ作品集(CD14~17)、そして何といっても珍しいのが「管弦楽のための協奏曲」と「小組曲」のピアノ版の初録音(CD13)がデジタル録音で収録されています。バルトーク独自の音楽語法の魅力をごく自然体で表出する手腕は、巨匠の円熟の賜物というべきでしょう。
モノラル録音に関しては、オリジナルのアナログ・マスターから、24bit/192kHzリマスターが施され、すべてのディスクは初出時のLPのジャケット・デザインを使用した紙ジャケットに封入されています。詳細な録音データが付されたトラックリストとディスコグラフィ付きのオールカラーブックレットが封入されています。
(ソニーミュージック)

収録内容
<CD1>
1-3. リスト:ピアノ・ソナタ ロ短調 S.178
4. リスト:愛の夢 第3番 S.541-3
5. リスト:3つの演奏会用練習曲 第2曲「軽やかさ」S.144-2
6. リスト:詩的で宗教的な調べ 第7曲「葬送曲」S.173-7
7. リスト:ハンガリー狂詩曲 第15番「ラコッツィ行進曲」S.244-15
8. リスト:ダンテを読んで S.161-7
9 ブラームス:ラプソディ第2番ト短調Op.79
 [録音]1947年2月27日(1-3)、1945年3月7&9日(4-9)、ニューヨーク、リーダークランツ・ホール
<CD2>
1. ショパン:幻想曲 ヘ短調 Op.49
2. ショパン:即興曲第4番 嬰ハ短調「幻想即興曲」Op.66
3. ショパン:舟歌 嬰ヘ長調 Op.60
4-7. ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第15番ニ長調Op.28「田園」
8. リスト:メフィスト・ワルツ第1番「村の居酒屋での踊り」S.514
9. リスト:コンソレーション第3番 S.172-3
10. リスト:スペイン狂詩曲S.254
 [録音]1949年1月13-14日、ニューヨーク、コロンビア30番街スタジオ(1-3)/ 1947年12月1&12日(4-7)、1951年10月4日(8-9)、1951年9月27日(10)、ニューヨーク、リーダークランツ・ホール、
<CD3>
1-3. バルトーク:ピアノ協奏曲第3番ホ長調Sz.119
 [共演]ユージン・オーマンディ(指揮)フィラデルフィア管弦楽団
4. ミャスコフスキー:交響曲第21番 ヘ短調Op.51
 [演奏]ユージン・オーマンディ(指揮)フィラデルフィア管弦楽団
 [録音]1947年4月19日(1-3)、11月22日(4)、フィラデルフィア、アカデミー・オヴ・ミュージック
<CD4>
1-2. J.S.バッハ:半音階的幻想曲とフーガ ニ短調 BWV.903
3. J.S.バッハ:幻想曲とフーガ ハ短調 BWV.906
4-11. J.S.バッハ:フランス風序曲 ロ短調 BWV.831
 [録音]1950年2月1日(1-3)、1947年12月1&4日(4-11)、ニューヨーク、コロンビア30番街スタジオ(1-3)、
<CD5>
1-13. シューマン:蝶々 Op.2
14. シューマン:予言の鳥 Op.82-7
15. シューマン:トッカータ ハ長調 Op.7
16-18. ブラームス :3つの間奏曲 Op.117
19. ブラームス :間奏曲 ロ短調Op.119-1
20-41. シューマン:謝肉祭 Op.9
 [録音]1950年5月10日(1-14)、6月14日(15)、3月16日(16-18)、4月28日(19)、1951年2月9-10日、ニューヨーク、コロンビア30番街スタジオ、
<CD6>
1-3. ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番ハ短調Op.10
 [共演]アルトゥール・ロジンスキ(指揮) ニューヨーク・フィルハーモニック
 [録音]1946年1月2日、ニューヨーク、カーネギー・ホール
<CD7>
1-3. ショパン:ピアノ協奏曲第1番ホ短調Op.11
 [共演]ユージン・オーマンディ(指揮)フィラデルフィア管弦楽団
 [録音]1952年11月23日(1-3)、11月22日(4)、フィラデルフィア、アカデミー・オヴ・ミュージック
<CD8>
J.S.バッハ:
1. 幻想曲とフーガ ト短調 BWV.542(リスト編)
2. トッカータ、アダージョとフーガ ハ長調 BWV.564(ブゾーニ編)
3. 前奏曲とフーガ ニ長調 BWV.532(ブゾーニ編)
4. トッカータとフーガ ニ短調 BWV.565(ジョルジ・シャンドール編)
5. 前奏曲とフーガ イ短調 BWV.543(リスト編)
 [録音]1953年5月8-9日(1-2)、1952年6月11&16日(3-5)、ニューヨーク、コロンビア30番街スタジオ、
<CD9>
バルトーク:
1. アレグロ・バルバロ Sz.49
2-7. ルーマニア民俗舞曲 Sz.56
8-27. 子供のために Sz.42 ~「第6曲:左手の学習」「第10曲:子供の踊り」「第13曲:バラード」「第14曲:アレグレット」「第15曲:アレグロ モデラート」「第18曲:兵士の歌」「第19曲:アレグレット」「第21曲:アレグロ・ロブスト」「第25曲:パルランド」「第26曲:モデラート」「第30曲:ひやかしの歌」「第31曲:アンダンテ・トランクイッロ」「第32曲:アンダンテ」「第33曲:アレグロ・ノン・トロッポ」「第34曲:アレグレット」「第35曲:コン・モート」「第36曲:大酒飲みの歌」「第37曲:豚飼いの歌」「第39曲:アレグロ・モデラート」「第40曲:豚飼いの踊り」
28-42. 15のハンガリー農民歌 Sz.71
43-46. ピアノのための組曲 Sz.62 Op.14
 [録音]1951年9月12日(1-27)、9月19日(28-46)、ニューヨーク、コロンビア30番街スタジオ、
<CD10-11>
バルトーク:ミクロコスモス Sz.107(全曲)
 [録音]1950年12月30日(第1&2巻)、1955年12月27-29日(第3-5巻)、ニューヨーク、コロンビア30番街スタジオ、
<CD12>
バルトーク:
1-5. 管弦楽のための協奏曲 Sz.116a(ピアノ版)
6-11. 小組曲 Sz.105(ピアノ版)
12-17. 舞踏組曲 Sz.77(ピアノ版)
 [録音]1987年8月17日、パリ、サル・ワグラム
<CD13>
バルトーク:
1-3. ピアノ協奏曲第1番イ長調Sz.83
4-6. ピアノ協奏曲第2番ト長調Sz.95
7-9. ピアノ協奏曲第3番ホ長調Sz.119
 [共演]アダム・フィッシャー(指揮)ハンガリー国立管弦楽団
 [録音]1989年4月26日, 5月2日、ブダペスト、イタリア文化会館
<CD14>
バルトーク:
1. 子供のために Sz.42(改訂版全曲)
2. ピアノの初歩 Sz.53
 [録音]1993年6月14-17日、ハンブルク、フリードリヒ・エーベルト・ハレ
<CD15>
バルトーク:
1-15. 15のハンガリー農民歌 Sz.71
16-18. シク地方の3つの民謡 Sz.35
19-21. 3つのハンガリー民謡 Sz.66
22-29. ハンガリー農民の歌による即興曲Sz.74
30-32. 民謡の旋律による3つのロンド Sz.84
33-52. ルーマニアのクリスマスの子供の歌 Sz.57
53-58. ルーマニア民俗舞曲 Sz.56
59-60. 2つのルーマニア舞曲 Sz.43
61-64. ピアノのための組曲 Sz.62 Op.14
65. ピアノのためのアンダンテ(元々のSz.62の第2曲用作品)
 [録音]1994年1月25-28日、ハンブルク、フリードリヒ・エーベルト・ハレ
<CD16>
バルトーク:
1-3. ピアノ・ソナタ Sz.80
4-6. トランシルヴァニアの民謡によるソナチネ Sz.55
7-20. 14のピアノ小品(バガテル)Sz.38
21-24. 4つの挽歌 Sz.45
25-30. 小組曲 Sz.105
31-35. 44のヴァイオリン二重奏曲Sz.98より(ジェルジ・シャンドールによる選曲とピアノ編曲版)
36-46. 10の易しい小品 Sz.39
 [録音]1994年7月1-3日、ハンブルク、フリードリヒ・エーベルト・ハレ
<CD17>
バルトーク:
1. アレグロ・バルバロ Sz.49
2-6. 戸外にて Sz.81
7-13. スケッチ集 Sz.44
14-15. 2つのエレジー Sz.41
16-18. 3つのブルレスク Sz.47
19-27. 9つのピアノ小品 Sz.82
28-30. 3つの練習曲 Sz.72
 [録音]1995年1月4-7日、ハンブルク、フリードリヒ・エーベルト・ハレ

【演奏】
ジョルジ・シャンドール(ピアノ)