こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

ダウスゴー&BBCスコティッシュ響によるバルトーク録音始動!第1弾は“組曲第1番”&“管弦楽のための協奏曲”

カテゴリ : ニューリリース

掲載: 2019年09月05日 00:00

トーマス・ダウスゴー

デンマークの名匠トーマス・ダウスゴーと、現在首席指揮者を務めるBBCスコティッシュ交響楽団!初開催となる「BBCプロムス・ジャパン」に出演が決定し話題を呼んでいる同コンビの新たなバルトーク・プロジェクトがONYXからスタート!

トーマス・ダウスゴーは、現在BBCスコティッシュ交響楽団(BBC SSO)の首席指揮者、スウェーデン室内管弦楽団の首席指揮者、シアトル交響楽団の首席客演指揮者(2019シーズンより音楽監督)、トスカーナ管弦楽団の名誉指揮者、デンマーク国立交響楽団の名誉指揮者(2004年~2011年まで首席指揮者)という多くの重要ポストを務めるデンマーク出身の名指揮者。
2019年10月&11月に初開催となる「BBCプロムス・ジャパン」では、メイン指揮者&オーケストラとしてBBCスコティッシュ交響楽団とともに来日公演を予定し、日本でも再び注目を集めています。

Onyxから新たに始動するのは、「バルトークの多様なスタイルを示すために、2つ以上の対照的な作品を1つのディスクにまとめる」というコンセプトでプログラムされたバルトークの管弦楽作品集。

第1弾は、若々しく熱狂的な「組曲第1番」(ノーカットのオリジナル・ヴァージョン/世界初録音)と、晩年の傑作「管弦楽のための協奏曲」(彼の最終的な変更が組み込まれた演奏)という組み合わせで堂々のスタートを切ります。
(東京エムプラス)

『バルトーク:管弦楽作品集 Vol.1』
【曲目】
バルトーク:
組曲第1番(オリジナル・ヴァージョン)
管弦楽のための協奏曲

【演奏】
トーマス・ダウスゴー(指揮)
BBCスコティッシュ交響楽団