こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

国内初登場音源!夭折の天才チェリスト、アニア・タウアーの放送録音集!

カテゴリ : ニューリリース

掲載: 2019年08月28日 00:00

アニア・タウアー

夭折の天才チェリスト、アニア・タウアーの放送録音集!
全点国内初登場!
2トラック、38センチ、オープンリール・テープ復刻

制作者より
不世出の天才チェリスト、ジャクリーヌ・デュ・プレと同じ1945年に生まれ、そのデュ・プレと同じく短命だったドイツの名女流チェリスト、アニア・タウアー(1945-1973)。短期間の活動ゆえに正規録音は非常に少なく、このディスクに収録された放送録音は非常に貴重な記録です。これらすべては正規録音には含まれないも演目であり、かつ国内初登場となります。タウアーのダイナミックで情熱的な演奏はデュ・プレに匹敵するもので、注目の発売です。また、従来からタウアーの最期については謎や噂などが飛び交っていただけで、詳細は明らかではありませんでしたが、この解説書ではそれらがすべて明らかにされています。また、既存盤では収録場所が不明でしたが、これらも最新の調査により判明しています。2トラック、38センチのオープンリール・テープ復刻で、サン=サーンスとチャイコフスキーがステレオ、その他はモノラルです。珍しいプライヴェート写真も掲載されています。(平林直哉)
(キングインターナショナル)

【曲目】
(1)サン=サーンス:チェロ協奏曲第1番 イ短調 Op.33
(2)チャイコフフスキー:ロココの主題による変奏曲 Op.33
(3)シューマン:チェロ協奏曲 イ短調 Op.129
(4)ドビュッシー:チェロ・ソナタ
(5)マルセル・ドラノワ:抒情的スケッチ

【演奏】
アニア・タウアー(チェロ)
(1)ハンス・ミュラー=クライ(指揮)、シュトゥットガルト放送交響楽団
(2)クリストフ・シュテップ(指揮)、シュトゥットガルト放送交響楽団
(3)クラウス・ペーター・ザイベル(指揮)、ニュルンベルク交響楽団
(4)(5)ヘルムート・シュルテス(ピアノ)

【録音】
(1) 1966年3月3日/シュトゥットガルト、SDR、フンクスタジオ
(2) 1967年6月29日/シュットットガルト、SDR、フンクスタジオ
(3) 1965年7月15日/ニュルンベルク、マイスタージンガーハレ
(4) 1962年4月28日/バイエルン放送、スタジオ・フランケン
(5) 1962年12月23日/バイエルン放送、スタジオ・フランケン
録音方式:ラジオ放送用録音((1)(2)ステレオ、(3)(4)(5)モノラル)