こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

“ピカチュウ”がハリウッドで初の実写映画化『名探偵ピカチュウ』Blu-ray&DVD、10月30日発売

カテゴリ : ニューリリース

掲載: 2019年08月14日 14:19


(C)2019 Legendary and Warner Bros. Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
(C)2019 Pokémon.

今や世界中で、あらゆる世代に愛されている、“ピカチュウ”がハリウッドで初の実写映画デビュー。「ダークナイト」「パシフィック・リム」シリーズを手掛けたレジェンダリー・ピクチャーズが最高峰のスタッフ・キャストを集結させ、ポケモンの世界を現実にする。

見た目はカワイイのに、中身は“おっさん”!? しかも人間の言葉を話す名探偵ピカチュウを演じるのは、大ヒットシリーズ「デッドプール」で主演を務めるライアン・レイノルズ。かつてピープル誌が選ぶ「最もセクシーな男」に選ばれたこともあるライアンが、生意気だけど憎めない、全く新しいピカチュウを世界中に届ける。名探偵ピカチュウの相棒となるティム役にはハリウッドの新鋭、ジャスティス・スミス(『ゲットダウン』)を抜擢。事件に巻き込まれた父親を探すために訪れたライムシティで、自分にしか聞こえない人間の言葉で話す名探偵ピカチュウと出会い、物語が始まる。その他のキャストにはキャスリン・ニュートン(『ブロッカーズ』)、ビル・ナイ、リタ・オラ、スキ・ウォ―ターハウス、そしてポケモン発祥の地・日本からは渡辺謙が出演。

主人公ティム役には、ポケモン世代である竹内涼真(『センセイ君主』)が、吹替えに初挑戦。吹替えだけでなく、本編中にポケモントレーナー役としてカメオ出演をし、見事にモンスターボールを投げるシーンを演じている。CNM の新米記者ルーシー役には、幼稚園の頃から大のポケモンファンである飯豊まりえ。そして、名探偵ピカチュウ役には、『散り椿』『きのう何食べた?』など映画、ドラマで様々な役を演じてきた西島秀俊。






line

特典あり:先着で「しわしわ顔ピカチュウ」生写真4枚セットをプレゼント!
※特典満了次第終了とさせていただきます。

▼特典がご不要なお客様は下記手順に従って設定してください。
[1]ご注文時
1.ショッピングカート内で「商品に特典が付く場合特典を希望します」を解除
2.注文確認画面にて選択内容を確認の上購入確定

[2]ご注文後
ご注文後商品未出荷の期間マイページにてご注文時の特典設定の選択が変更可能
※詳細はこちらをご覧ください。

line

通常版には、①映画の舞台裏に迫るメイキング映像、②バリヤードが自身の出演シーンをコメンタリーするお楽しみ映像、③キャストのインタビュー映像、④ミュージッククリップ など、映画の舞台裏が分かる映像特典を収録。豪華版には、通常版の映像特典にプラスして、①名探偵モード(本編再生中に、キャストや制作スタッフによるコメンタリーや、舞台裏映像、登場ポケモンの情報などがポップアップで出現!)、と、日本独自のオリジナル特典である②公開記念特番『竹内涼真 in ハリウッド』、③初日舞台挨拶など貴重なイベント映像集といった、もっと『名探偵ピカチュウ』が楽しめる特典映像を収録。

さらに、封入特典として、ライムシティに登場するポケモンたちを紹介するリーフレット、オリジナルポストカード(5 種セット)、ライムシティ行きチケットが封入されます。

【ストーリー】
かつてポケモンのことが大好きな少年だったティム(ジャスティス・スミス)は、ポケモンに関わる事件の捜査へ向かったきり、家に戻らなかった父親・ハリーとポケモンを、遠ざけるようになってしまった。それから年月が経ち、大人になったティムのもとにある日、ハリーと同僚だったというヨシダ警部(渡辺謙)から電話がかかってくる。「お父さんが事故で亡くなった――」。複雑な思いを胸に残したまま、ティムは人間とポケモンが共存する街・ライムシティへと向かう。荷物を整理するため、ハリーの部屋へと向かったティムが出会ったのは、自分にしか聞こえない人間の言葉を話す、名探偵ピカチュウ(ライアン・レイノルズ)だった。かつてハリーの相棒だったという名探偵ピカチュウは、事故の衝撃で記憶を失っていたが、一つだけ確信をもっていることがあった…。「ハリーはまだ生きている」。ハリーは何故、姿を消したのか? ライムシティで起こる事件の謎とは?ふたりの新コンビが今、大事件に立ち向かう!

【キャスト】
ライアン・レイノルズ
ジャスティス・スミス
キャスリン・ニュートン
渡辺謙
ビル・ナイ
リタ・オラ
スキ・ウォーターハウス
吹替:竹内涼真(ティム役)、飯豊まりえ(ルーシー役)、西島秀俊(名探偵ピカチュウ役)

【スタッフ】
監督:ロブ・レターマン
脚本:ダン・ヘルナンデス&ベンジー・サミット、ロブ・レターマン、デレク・コノリー