こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

世界初録音も収録!ヤアラ・タール~『ラヴ? クララ・シューマンへのオマージュ』

カテゴリ : ニューリリース

掲載: 2019年07月12日 00:00

ヤアラ・タール

人気ピアノ・デュオ「タール&グロートホイゼン」の一人であるヤアラ・タールによる、2019年に生誕200年を迎えた天才女性ピアニスト、クララ・シューマンを記念して制作されたアルバム。

人気ピアノ・デュオ「タール&グロートホイゼン」の一人であるヤアラ・タールのソニー・クラシカルにおける3枚目のソロ・アルバムは、2019年に生誕200年を迎えた天才女性ピアニスト、クララ・シューマンを記念して制作された1枚です。
しかしよくあるような「作曲家としてのクララ」に焦点を当てるのではなく、クララと彼女の最愛の夫ロベルトをとりまく友人たちの作品を通して、この稀有な才能の持ち主の女性を描き出すというユニークなコンセプトが面白いアルバムとなっています。

さまざまな妨害を乗り越えて結ばれたロベルトとクララは、音楽的にも理想的な関係を保っていました。2人は活発な意見交換を行いながら、いくつかの作品を完成させたことが知られていますが、クララの「3つのロマンス Op.11」も、結婚直前の彼女がロベルトを思いながら書いた曲です。

また、ロベルトはこの曲からインスピレーションを受け、「フモレスケ」を作曲。この曲は当時彼と(クララとも)親交のあった女性作曲家ユリー・フォン・ヴェーベナウに献呈され、ヴェーベナウはシューマンに「さようならとお帰り」をお返しに献呈。

キルヒナーはシューマン夫妻やブラームスと深い友情で結ばれており、とりわけクララが彼のことを気に入っていたとされています。ここでは彼がクララに捧げた前奏曲から3曲を収録しています。

ブラームスもシューマン夫妻と強いつながりがありましたが、中でも夫妻の三女であるユーリエのことをかわいがって(秘かに思いを寄せて)おり、1869年に彼女が結婚した時には、失意のあまり「アルト・ラプソディ」を作曲したほどでした。
このアルバムでは、ヤアラ・タールの提案により「原曲の重い雰囲気を軽くするために」“テノール、女声合唱、ピアノ”での演奏を世界初録音で収録、ソロ・パートは若手注目テノール、ユリアン・プレガルディエンが担当し、作品の新たな魅力を伝えています。
(ソニーミュージック)

『ラヴ? クララ・シューマンへのオマージュ』
【曲目】
1. ユリー・フォン・ヴェーベナウ(ユリー・フォン・バロニ-カヴァルカボ):幻想的小品『さようならとお帰り』Op.25 ※世界初録音
[ロベルト・シューマンに捧ぐ 1839]

2. クララ・シューマン:3つのロマンス Op.11
[ロベルト・シューマンに捧ぐ 1838/39]

3. テオドール・キルヒナー:前奏曲集Op.9より第10, 11, 13番
[クララ・シューマンに捧ぐ 1859]

4. ブラームス:シューマンの主題による変奏曲 Op.23
[ユーリエ・シューマンに捧ぐ 1861]

5. ブラームス:アルト・ラプソディOp.53(テノール、女声合唱とピアノのための編曲版) ※世界初録音
[ユーリエ・シューマンの結婚のために 1869]

【演奏】
ヤアラ・タール(ピアノ)

アンドレアス・グロートホイゼン(ピアノ:4)
ユリアン・プレガルディエン(テノール:5)
バイエルン放送女声合唱団(5)
ユヴァル・ヴァインベルグ(指揮:5)

【録音】
2019年4月8-10日(1-4)、2018年10月12日(5)、ミュンヘン、バイエルン放送スタジオ