こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

オフコースのアルバム15タイトルが高音質UHQCDで9月25日再発売

タグ : リイシュー オトナタワー

掲載: 2019年07月10日 10:00

更新: 2019年07月10日 18:21

オフコースのアルバム15タイトルが高音質UHQCDで再発売!

ハイレゾCDキャンペーン 2019

MQA-CD×UHQCD=ハイレゾも聴ける高音質ディスク。
これが、CDの最終進化形だ!

【ハイレゾ音源をCDで所有する】
いま、オーディオ界で話題のMQA。その最大の特長は、ハイレゾ音源をクオリティそのまま小さくできること。大きなデータをロスなく折り畳む独自のエンコード方法で、デジタル・ダウンロードに要する時間や、保存の際の容量の問題を抜本的に改善するものとして脚光を浴びた新技術です。

そのデータのコンパクトさと、従来のPCMとの互換性を生かしたのがMQA-CD。そのまま普通のCDプレーヤーで聴くこともでき、MQA対応機器やソフトでデコードすれば、たちまちハイレゾ音源に早変わり。すなわち、ハイレゾとCDの「二刀流」というわけです。もちろんリッピングもOK!

【CDプレーヤーで音の違いを楽しむ】
その音がどこで鳴っているのか。人間の耳は時間軸の概念によってそれを判断しています。つまり、オーディオ情報における時間軸の精度向上は、立体的なサウンドステージの形成に直結するということ。MQAのもう一つの特長は、デジタル変換によって生じる時間的な音の滲みをクリーニングして、マスターに含まれている時間軸情報の劣化を防ぐ技術。
それがステージ全体の広がりや奥行き表現に貢献することはもちろん、音の一つ一つが素早く、彫り深く立ち上がるので、ヴォーカルやメイン楽器が空気感豊かに浮かんでくるだけでなく、今まで気づかなかった“隠れ音”の存在に驚かされることもしばしば。これは、ハイレゾで聴いても、普通のCDプレーヤーで聴いても体感できる、とても分かりやすいポイントです。
そして、そんなMQAの特長を強力に後押しするのが、高音質CDの最新型であるUHQCD。CDの製造工程を抜本的に見直すことで生まれた微細ピット転写技術と特殊合金反射膜は、CDプレーヤーが情報を読み取る際の精度を飛躍的に向上させました。
まるで音の鮮度が上がったようなマスター再現能力の高さは、“最高性能のクリスタル・ディスクに迫る”とも言われています。またレーベル面には、CDプレーヤー内で反射する不要なピックアップ光を吸収するソリッド・グリーン色を採用しています。

※本作にクリアファイル帯は付属しません。
※MQA、UHQCDの詳細はhires-cd.jpを参照ください。

『オフ・コース1 / 僕の贈りもの』

1970年のデビューから曲折を経て、小田和正と鈴木康博のデュオとなったオフ・コースのファースト・アルバム。シングルにもなったタイトル曲ほか、みずみずしいメロディと美しいコーラスが魅力。
(1973年発表/2015年マスター)

01. 僕の贈りもの
02. よみがえるひととき
03. 彼のほほえみ
04. 水曜日の午後
05. 地球は狭くなりました
06. でももう花はいらない
07. 歩こう
08. ほんの少しの間だけ
09. 貼り忘れた写真
10. 静かな昼下がり
11. さわやかな朝をむかえるために

『この道をゆけば / オフ・コース・ラウンド2』

大村憲司、篠原信彦、村上秀一、高水健司、高橋幸宏など、一流のセッション・メンバーと共に制作したセカンド・アルバム。自らアレンジしたストリングスやホーンの他、エレキ・ギターも積極的に導入している。
(1974年発表/2015年マスター)

01. プロローグ
02. すきま風
03. はたちの頃
04. 日曜日のたいくつ
05. 別れの情景 (1)
06. 別れの情景 (2)~もう歌は作れない
07. 新しい門出
08. あの角をまがれば
09. 若すぎて
10. のがすなチャンスを
11. 首輪のない犬
12. わが友よ

『秋ゆく街で オフ・コース・ライヴ・イン・コンサート 』

1974年10月26日の、中野サンプラザでのステージを収録した初のライヴ盤。前半はマーヴン・ゲイから井上陽水まで洋邦の名曲をカヴァー。後半の書き下ろしの4曲を含むオリジナル曲を並べる。
(1974年発表/2016年マスター)

01. WHAT'S GOING ON
02. メドレー:YOUR SONG~WHERE IS THE LOVE~YOU MAKE ME FEEL BRAND NEW~YOU ARE EVERYTHING~I WON'T A LAST DAY WITHOUT YOU~HOLIDAYS~ALONE AGAIN (NATURALLY)~TICKET TO RIDE~SOMETHING~ALL YOU NEED IS LOVE~WHAT THE WORLD NEEDS NOW IS LOVE
03. 竹田の子守唄
04. 白い一日
05. メドレー:悩み多き者よ~傘がない
06. 青春
07. 秋ゆく街で
08. 水曜日の午後
09. 僕の贈りもの
10. のがすなチャンスを
11. 白い帽子
12. 別れの情景 (1)
13. キリストは来ないだろう
14. でももう花はいらない
15. アンコール:僕の贈りもの

『ワインの匂い』

オフコース、初期の最高傑作と名高いスタジオ3作目。自身初のシングル・ヒットで、西城秀樹のカバーでも知られる"眠れる夜"ほか、じっくりと時間をかけて練り上げられた芳醇な楽曲は聴きごたえ十分。
(1975年発表/2015年マスター)

01. 雨の降る日に
02. 昨日への手紙
03. 眠れぬ夜
04. 倖せなんて
05. ワインの匂い
06. あれから君は
07. 憂き世に
08. 少年のように
09. 雨よ激しく
10. 愛の唄
11. 幻想
12. 老人のつぶやき

『SONG IS LOVE』

後にメンバーとして加わる大間ジローと松尾一彦が参加。小田和正のフルートもフィーチャーするなど、成功を収めた前作から、さらにサウンドの幅を広げようとする意欲に満ちたスタジオ4作目。
(1976年発表/2015年マスター)

01. ランナウェイ
02. ピロートーク
03. こころは気紛れ
04. ひとりで生きてゆければ
05. ひとりよがり
06. 青春
07. めぐる季節
08. おもい違い
09. 青空と人生と
10. 恋はさりげなく
11. 冬が来るまえに
12. 歌を捧げて

『JUNKTION』

大間ジローと松尾一彦に清水仁も加わり、5人編成のバンドとなって制作されたスタジオ5作目。優しさに溢れるサウンドはそのままに、随所に取り入れた都会的な要素が、その後の展開と可能性を感じさせる。
(1977年発表/2015年マスター)

01. INVITATION
02. 思い出を盗んで
03. 愛のきざし
04. 潮の香り
05. 秋の気配
06. 変わってゆく女
07. あなたがいれば
08. 恋人よ そのままで
09. HERO

『SELECTION 1973-78』

『僕の贈りもの』から『JUNKTION』までの5枚のスタジオ・アルバムからの楽曲に、当時の最新シングル2曲を加えて編成された初期のベスト・アルバム。ライヴ・ヴァージョンや別ヴァージョンも収録。
(1978年発表/2016年マスター)

01. やさしさにさようなら
02. 通りすぎた夜
03. 僕の贈りもの
04. でももう花はいらない
05. 水曜日の午後
06. のがすなチャンスを
07. 別れの情景I
08. 眠れぬ夜
09. ワインの匂い
10. 愛の唄
11. こころは気紛れ
12. 青春
13. 潮の香り
14. 秋の気配

『FAIRWAY』

前作で見せた都会的路線を押し進め、ソフトでメロウでデリケートなAORサウンドを披露したスタジオ6作目。メンバー個々の持ち味や嗜好が見事に融合、アルバム・チャートで初のTop10入りを記録した。
(1978年発表/2015年マスター)

01. あなたのすべて
02. 美しい思い出に
03. いつもふたり
04. 夢
05. この空にはばたく前に
06. 夏の終り
07. 季節は流れて
08. 失恋のすすめ
09. 去っていった友へ-T氏に捧げる-
10. 心さみしい人よ

『THREE AND TWO』

正式に5人のオフコースとなって発表されたスタジオ7作目。小田和正と鈴木康博による初のセルフ・プロデュース作で、大ヒット曲"愛を止めないで"他、更にスケール豊かに進化したポップ・サウンドを聴かせる。
(1979年発表/2015年マスター)

01. 思いのままに
02. 恋を抱きしめよう
03. その時はじめて
04. 歴史は夜つくられる
05. 愛を止めないで
06. SAVE THE LOVE
07. 汐風のなかで
08. 愛あるところへ
09. 生まれ来る子供たちのために|「いつもいつも」 (1979年8月5日 田園コロシアム・ライブより)

『LIVE』

1980年2月5日の新宿厚生年金会館ほか、1979~80年に掛けて行われた「Three and Two」ツアーでの録音を中心に、それ以前の貴重な音源も加えて構成したオフコース2作目となる2枚組ライヴ・アルバム。
(1980年発表/2016年マスター)

[Disc 1]
01. 愛を止めないで
02. Run Away
03. 恋を抱きしめよう
04. 雨の降る日に
05. 思いのままに
06. 風に吹かれて
07. 汐風のなかで
08. 失恋のすすめ
09. 老人のつぶやき
10. さわやかな朝を迎えるために
11. Chili’s Song

[Disc 2]
01. 歴史は夜つくられる
02. 君を待つ渚
03. SAVE THE LOVE
04. 生まれ来る子供たちのために
05. さよなら
06. のがすなチャンスを
07. 愛を止めないで
08. 僕の贈りもの

『WE ARE』

シングル"さよなら"と"Yes-No"の大ヒットを経て発表されたスタジオ8作目。米国の著名エンジニア、ビル・シュネーがミックスダウンを担当、より濃密なバンド・サウンドが展開されるオフコースの揺るがぬ代表作。
(1980年発表/2015年マスター)

01. 時に愛は
02. 僕等の時代
03. おまえもひとり
04. あなたより大切なこと
05. いくつもの星の下で
06. 一億の夜を越えて
07. せつなくて
08. Yes-No
09. 私の願い
10. きかせて

『SELECTION 1978-81』

『FAIRWAYり』から『We Are』までの3枚のアルバムからの楽曲に、"さよなら"、"I LOVE YOU"ほかシングル曲を加えて編成されたベスト・アルバムの第2弾。6曲でビル・シュネーによるリミックスを採用。
(1981年発表/2016年マスター)

01. 風に吹かれて
02. 夏の終り
03. 愛を止めないで
04. せつなくて
05. 生まれ来る子供たちのために
06. さよなら
07. Yes-No
08. 愛の終わる時
09. 一億の夜を越えて
10. いくつもの星の下で
11. I LOVE YOU

『OVER』

前作と合わせて「We are over」。解散の危機が迫るなか発表されたスタジオ9作目。オーケストラによる"心はなれて"や、切なさ溢れる名バラード"言葉にできない"ほか、アルバム全体に静的な緊張感が漂う。
(1981年発表/2015年マスター)

01. 心 はなれて
02. 愛の中へ
03. 君におくる歌
04. ひととして
05. メインストリートをつっ走れ
06. 僕のいいたいこと
07. 哀しいくらい
08. 言葉にできない
09. 心 はなれて

『I LOVE YOU』

オフコースのスタジオ10作目にして、鈴木康博を含む5人編成での最後のオリジナル・アルバム。先行シングル"YES-YES-YES"と、再録した"I LOVE YOU"に新曲を挟んだ構成で、各メンバーの個性が際立った作品。
(1982年発表/2015年マスター)

01. YES-YES-YES
02. 素敵なあなた
03. 愛のゆくえ
04. 哀しき街
05. 揺れる心
06. きっと同じ
07. かかえきれないほどの愛
08. 決して彼等のようではなく
09. I LOVE YOU

『NEXT SOUND TRACK』

自ら脚本・監督・主演を手がけた、1982年9月29日放映のTBS系特別番組「NEXT」のサントラ盤。書き下ろしの新曲やインストゥルメンタル・ヴァージョンなどに加え、伝説の武道館公演からの音源も収録。
(1982年発表/2016年マスター)

01. メドレー
02. 流れゆく時の中で
03. 眠れぬ夜
04. さよなら
05. 一億の夜を越えて
06. さよなら
07. NEXTのテーマ -僕等がいた-
08. 流れゆく時の中で
09. I LOVE YOU
10. YES-YES-YES
11. NEXTのテーマ