こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

チェチーリア・バルトリ出演!ロッシーニの“歌劇「アルジェのイタリア女」”2018年ザルツブルク音楽祭ライヴ

カテゴリ : ニューリリース

掲載: 2019年06月27日 00:00


[CMajorEntertainment 公式チャンネルより]

2018年ザルツブルク音楽祭。バルトリが美貌のイザベッラを演じたロッシーニの《アルジェのイタリア女》。ライザー&コーリエの抱腹絶倒の演出!

2018年8月ザルツブルク音楽祭で上演されたロッシーニの《アルジェのイタリア女》の映像がリリースされます。
同年5月の聖霊降臨祭音楽祭で初演され、夏の音楽祭で再演された演目。主役はチェチーリア・バルトリ、演出はバルトリとも多数共演しているモーシュ・ライザーとパトリス・コーリエのコンビ。時代設定は、17世紀から現代に移し、色鮮やかな舞台とコミカルな演出で、観客を沸かせました。

バルトリは本作初役ということで、ファン待望のイザベッラを演じました。バルトリは、豊かな表現力と美貌はそのままに、円熟味が増した歌唱、艶っぽい姿でイザベッラの魅力全開で演じています。
また、ムスタファ役のロシア出身のバス、イルダール・アブドラザコフも、力強くも豊かな技巧、そして洗練された歌声を聴かせています。
そしてリンドーロ役のエドガルド・ロチャは、近年ロッシーニを得意とする若手テノールで、のびやかな歌声を披露し会場を盛り上げました。
演奏は、バルトリとの共演経験も多いスピノジ率いるバロック・オーケストラのアンサンブル・マテウス。
風刺の効いた演出に、実力者歌手陣による極上の喜劇に仕上がっています。
(キングインターナショナル)

【演目】
ロッシーニ:歌劇《アルジェのイタリア女》

【演奏】
チェチーリア・バルトリ(イザベッラ/メゾ・ソプラノ)
イルダール・アブドラザコフ(ムスタファ/バス)
エドガルド・ロチャ(リンドーロ/テノール)
アレッサンドロ・コルベッリ(タッデーオ/バス)
ホセ・コカ・ロサ(ハーリー/バス)
レベッカ・オルヴェラ(エルヴィーラ/ソプラノ)
ローザ・ボヴ(ズールマ/メゾ・ソプラノ)

ジャン・クリストフ・スピノジ(指揮)
アンサンブル・マテウス
ウィーン・フィルハーモニア合唱団
(合唱指揮:ヴァルター・ツェー)

演 出:モーシュ・ライザー、パトリス・コーリエ
装置:クリスティアン・フェヌイヤ
衣装:アゴスティーノ・カヴァルカ
照明:クリストフ・フォレ
映像:エチエンヌ・ギオール
映像監督:ティツィアーノ・マンチーニ

【収録】
2018年8月、モーツァルト劇場、ザルツブルク音楽祭(ライヴ)

ブルーレイ

[国内仕様盤は日本語解説付]
画面:1080i,16:9
音声:PCM ステレオ、DTS-HD MA5.1
原語:イタリア語
字幕:英語、ドイツ語、フランス語、イタリア語、韓国語、日本語
リージョン:All
収録時間:163分

 

DVD(2枚組)

[国内仕様盤は日本語解説付]
画面:NTSC,16:9
音声:PCM ステレオ、DTS5.1
原語:イタリア語
字幕:英語、ドイツ語、フランス語、イタリア語、韓国語、日本語
リージョン:All
収録時間:163分

 

<あらすじ>
舞台はアルジェ。太守ムスタファは、妻のエルヴィーラとの夫婦仲が悪くなってきたため、美しいイタリア人女性を連れてくるように部下のハーリーに命じる。そしてムスタファはエルヴィーラを追い出すために、奴隷となっていたイタリアの青年リンドーロを充てがおうとする。ハーリーが美しいイザベッラを見つけムスタファに渡すと、ムスタファはたちまち彼女の虜となり、妻へ迎えようと画策する。しかしイザベッラとリンドーロは元恋人同士。アルジェで再び会い、二人で脱出を試みます。イザベッラに夢中のムスタファは、すっかり騙され二人は見事脱出に成功。これに懲りたムスタファは妻と元のさやにおさまる。