こんにちは、ゲスト

ショッピングカート
  • Check

注目アイテム詳細

ルーマニアの名女流マルコヴィチとロシアの巨匠スヴェトラーノフの未発表ステレオ・ライヴが登場!

カテゴリ : ニューリリース

掲載: 2018年12月07日 15:00

シルヴィア・マルコヴィッチ

ルーマニア出身の美しすぎるヴァイオリニスト、シルヴィア・マルコヴィチが巨匠スヴェトラーノフと共演した協奏曲ライヴ。マルコヴィッチのCDは極めて少ないために、ヴァイオリン愛好家には垂涎の商品となりましょう。スヴェトラーノフはマルコヴィチの才能を認め、度々共演しました。マルコヴィチのヴァイオリンは、まるで人の泣き声のような、感情的な発露を隠そうともしないものです。そのうえ、時として奔放で野放図なまでの奔放さを見せることもあり、正に気まぐれな美少女といった趣があります。スヴェトラーノフの伴奏は威風堂々、一点一画を疎かに竹刀堂々たる横綱相撲。この大きな構えの中で、マルコヴィチのヴァイオリンは歌い、踊ります。まるで峩々と聳え立つアルプス山脈に咲く清楚なエーデルワイスを想わせる名演。
※英語、日本語、ドイツ語によるライナーノート付
(東武ランドシステム)

(1)ブルッフ:ヴァイオリン協奏曲第1番ト短調Op.26
[8:40][8:20][7:32]
(2)ブラームス:ヴァイオリン協奏曲ニ長調Op.77
[24:08][9:04][8:30]
シルヴィア・マルコヴィチ(ヴァイオリン)
エフゲニ・スヴェトラーノフ(指揮)スウェーデン放送交響楽団
録音:(1)1981年9月17日、ヴェステラス、コンサートホール、ライヴ
(2)1981年9月18日ストックホルム・ベルワルドホール、ライヴ
すべてライヴ・ステレオ録音

【参考動画】20歳のマルコヴィチとストコフスキーの共演映像
1972年、ストコフスキーのロンドン交響楽団デビュー60周年コンサートより