こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

アーベントロート&ベルリン放送響のなりふり構わぬ『第九』が新リマスタリングで復活!

カテゴリ : ニューリリース

掲載: 2018年11月28日 12:00

アーベントロートの第九

宇野功芳氏絶賛の大晦日公演が復活。
アーベントロート大暴れ、なりふり構わぬ『第九』!
大時代的な歌いっぷりがたまらない強烈演奏です。

白熱の爆演を繰り出す名指揮者アーベントロート。その強烈ぶりとは裏腹に、彼は楽団員からの尊敬を一身に集め、地元市民からも非常に愛されたユニークな人物でした。その独自の音楽世界をとくとお楽しみください。音質に定評あるTAHRA盤を基に新リマスタリングを施し、日本語解説も付いた1枚です。

当演奏は宇野功芳氏が絶賛した大名演。ライナーノートは氏の解説付きです。『第九』を偏愛し数種の録音を残しているアーベントロートですが、氏はこの1950年大晦日公演をベストワンとし、フルトヴェングラーが「ドラマティック」なら、アーベントロートは「大暴れ」であり「なりふり構わぬ『第九』」であると評しています。思い切りの良さ、流動するテンポ、時に荒々しいまでの凄味、そして激遅の第3楽章!あふれ出る歌の洪水はワルターもかくや。第4楽章では大時代的なスタイルが爆発、コーラスも戦前ドイツの唱法がまだ残っている稀な例であると氏は語ります。強烈なベートーヴェンをご堪能あれ!
(キングインターナショナル)

TALT053 (CD)
国内プレス
モノラル
日本語帯・解説付
ベートーヴェン:交響曲第9番ニ短調『合唱』 Op.125

ティッラ・ブリーム(ソプラノ)
ディアナ・オイストラーティ(アルト)
ルートヴィヒ・ズートハウス(テノール)
カール・パウル(バス)
ヘルマン・アーベントロート(指揮)
ベルリン放送交響楽団
ベルリン国立歌劇場合唱団
録音:1950年12月31日/ベルリン、放送局ホール1(ライヴ、モノラル)

≪ALTUSの「TAHRA復活シリーズ」について≫
「TAHRA(ターラ)」はルネ・トレミヌ氏と、その夫人ミリアム・シェルヘン女史が立ち上げたフランスのレーベルです。ミリアム夫人は指揮者ヘルマン・シェルヘンの娘であり、大指揮者たちとの家族ぐるみのつながりも強い人物。1992年に初のCDをリリース、その後も精力的に活動を続けますが、2014年に主宰者トレミヌ氏が惜しくも急逝。レーベルは活動縮小を余儀なくされ、現在多くのタイトルが入手困難の状態にあります。歴史的音源を正規かつオリジナルの形で音盤化することを特徴とし、ヒストリカル・ファンに大いに愛されたレーベルでした。そんなTAHRAの残した遺産の素晴らしさを世に問うべく、国内レーベル「ALTUS(アルトゥス)」はミリアム夫人の承認のもと正式に音源のライセンスを受けた上で、新たなリマスタリングを施し発売するターラ復活シリーズを進めています。

ここに聴ける音は貴重なTAHRAオリジナルに基づくもので、他レーベルの同演奏とは一味もふた味も違う、なまなましい音像がお聴き頂けることと思います。
(キングインターナショナル)