こんにちは、ゲスト

ショッピングカート
  • Check

注目アイテム詳細

【予約ポイント10倍】魂のヴァイオリニスト若林暢、至高の名演集第3弾。奇跡的に残された貴重音源も収録!

カテゴリ : ニューリリース | タグ : ポイントキャンペーン

掲載: 2018年10月24日 12:00

若林暢

2016年、癌のため58才で、この世を去った“魂のヴァイオリニスト"若林暢の演奏による至高の名演集第3弾。
1986年にポーランド国営放送で録音し、奇跡的に遺された音源の中から『マスネ:タイスの瞑想曲』『ヴィエニャフスキ:ファウスト・ファンタジー』「ショーソン:詩曲」の渾身のデュオ作品が、ポーランドの名手タデウシュ・フミェレフスキの見事なピアノと共に甦ります。
また、ジュリアード音楽院のポールリサイタルホールにて収録された学友、鳥羽泰子との「ヴィエニャフスキ:モスクワの思い出」「ショパン:夜想曲第20番 嬰ハ短調 『遺作』」を、盟友アルバート・ロトとの2011年のコンサートライヴ録音による「フォーレ:ヴァイオリン・ソナタ第1番」の優れた名演を収録。
完璧な技巧と奥深い表現力による若林暢の「魂の芸術」が、切ないほどにヴァイオリン音楽の素晴らしさを語りかけてくるでしょう。
(ソニーミュージック)

【曲目】
1. ヴィエニャフスキ:モスクワの思い出 作品6
2. ショパン:夜想曲第20番 嬰ハ短調 「遺作」
3. ヴィエニャフスキ:グノーの「ファウスト」の主題による華麗なる幻想曲 作品20
4. マスネ:タイスの瞑想曲
5. ショーソン:詩曲 作品25

フォーレ:ヴァイオリン・ソナタ 第1番 イ長調 作品13
6.第1楽章. Allegro molto
7.第2楽章. Andante
8.第3楽章. Allegro vivo
9.第4楽章. Allegro quasi presto

【演奏】
若林 暢(ヴァイオリン)
タデウシュ・フミェレフスキ(ピアノ/1~4)
アルバート・ロト(ピアノ/5~8)

【録音】
1986年、2011年他/収録場所:ジュリアード音楽院 ポールリサイタルホール他

【プロフィール】
東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校、東京藝術大学、同大学院を経て、ジュリアード音楽院を卒業。1995年「音楽に登場する悪魔」の論文で博士号を取得。
コンクール歴は、1986年、ニューヨーク国際芸術家コンクール優勝、ヴィエニャフスキ国際ヴァイオリンコンクール入賞、最優秀音楽解釈賞、ヘンリク・シェリング賞、ワンダ・ウィルコミルスカ賞、ポズナン市長賞も併せて受賞。その他モントリオール国際コンクールなど入賞多数。
1987年カーネギー・ホールでのデビューリサイタルは、ニューヨーク・タイムズ紙でも高い評価を受け、アメリカ、ドイツ、イタリア、スペイン、ポーランド、スイス、オーストリア 中国、韓国など世界各地でソロリサイタル、及び各地のオーケストラとの共演などソリストとして演奏活動を行う。
イギリスのPICKWICK社から発売された「ブラームス: ヴァイオリン・ソナタ全集」はデイリー・テレグラフ紙で “The CD of the Week" に選ばれるなど欧州各紙で話題となる。また西ドイツ放送協会でもシリーズレコーディングを行っており「アイヴス: ヴァイオリン・ソナタ全集」を完成、Arte Nova ClassicsからそのCDがリリースされ、日本でも2000年に発売。2007年5月より新しいデザインで再びインターナショナル・リリースされ、各国で紹介されている。
またNHKラジオ、NHK総合TV・Eテレ・国際放送などで、演奏と共にクラシック音楽のわかりやすい解説も行い好評を得る。
マドリード国際フェスティヴァル、なら国際アカデミー、アメリカのボードイン・サマーミュージック・フェスティヴァル等のマスタークラスでも、後進の指導に携わる。
ヴァイオリンをD.ディレイ、E.ヴァルディ、海野義雄、田中千香士、室内楽をF.ガリミア、J.フックス、音楽理論をM.ホワイト、R.フレンチの各氏に師事。