こんにちは、ゲスト

ショッピングカート
  • Check

注目アイテム詳細

愛に向かって生きたひとりの女性の物語『ダリダ~あまい囁き~』DVD12月7日発売

カテゴリ : ニューリリース

掲載: 2018年09月14日 16:47


©
2017 BETHSABEE MUCHO PATHE PRODUCTION TF1 FILMS PRODUCTION- JOUROR CINEMA



その美貌と歌唱力で人気の絶頂にあったダリダ。その裏側にある彼女のスキャンダラスな真実とは?

1960~80年代にフランスのスーパースターでありながら、直感的な愛を追い続けてマスコミに常に追われる波乱の人生を送ったダリダ。彼女が行き着く結末とは?女性監督の目線により、今まで誰も描けなかった生身のダリダがここに初めて明かされる。

老若男女問わず、知らぬ間にどこかで聴いている、ダリダの楽曲の集大成。フレンチ・ポップスからディスコまで、一度は聴いたことがあるに違いない彼女の歌唱を網羅。「べサメ・ムーチョ」や「18歳の彼」、“パローレ、パローレ”のフレーズで有名なアラン・ドロンとのデュエット「あまい囁き」、そして彼女のその時々の心情をうたう哀しい楽曲など、数々の名曲が全編に溢れる。

監督が数百名の中から見つけた、スヴェヴァ・アルヴィティの圧倒的な美しさ。ダリダ本人と見紛うばかりの主演のスヴェヴァ・アルヴィティの美しさは息をのむばかり。また、その彼女にとりつかれ禁断の恋愛を繰り広げる多くの個性派俳優陣の悲哀に満ちた演技も要注目。さらに、時代を象徴する洗練されたファッションや華やかなステージシーンも見逃せない。








【ストーリー】
イタリア移民の家系でエジプト・カイロに生まれ育った少女ヨランダ(スヴェヴァ・アルヴィティ)。幼い頃は、眼鏡姿をいじめられ自分はブスだと思いこんでいたが、16歳で自分を苦しめていた眼鏡と決別する。
数年後、ヨランダは「ダリダ」として、ミス・エジプトの栄冠に輝いた美貌とエキゾチックな歌声で、フランス全土に社会現象を巻き起こし、スターの座に上りつめていた。ビジネスパートナーのルシアン(ジャン=ポール・ルーヴ)には妻がいたが、ふたりは愛し合いやがて結婚する。

ダリダには“夫と子供を持つ夢”があったが、ルシアンはダリダのキャリアを優先してしまうのだった。結婚からわずか1か月後、画家のジャン(ニールス・シュナイダー)と新たな恋におちる。不倫をしたダリダへの世間の風当たりは強かったが、弟のブルーノ(リッカルド・スカマルチョ)のサポートもあり、歌手として成功を収め、元夫のルシアンとも友人としての絆を取り戻していく。

新恋人のイタリア人歌手ルイジ・テンコ(アレッサンドロ・ボルギ)と過ごす音楽祭の夜、スターとしてステージに立つダリダの影で、一次審査で落選したルイジは絶望し、「人間は死に向かって生きる存在だ」という尊敬するハイデガーの言葉を実行してしまった―。絶望から立ち上がったダリダは、アラン・ドロンとのデュエット曲「あまい囁き」が大ヒットし、“ドロンとの熱愛発覚”と騒がれた時も、新恋人のリシャール(ニコラ・デュヴォシェル)に夢中だった。出会いと別れに傷つきながらも、その全てを歌にのせてステージで輝き続けるダリダ。しかし、再び悲しい別れが待っていた――

【キャスト】
ダリダ:スヴェヴァ・アルヴィティ
ブルーノ:リッカルド・スカマルチョ
ルシアン・モリス:ジャン=ポール・ルーヴ
リシャール・シャンフレー:ニコラ・デュヴォシェル
ジャン・ソビエスキー:ニールス・シュナイダー

【スタッフ】
監督・脚本:リサ・アズエロス
製作:ジュリアン・マドン、リサ・アズエロス