こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

アレッサンドリーニによるイタリア・バロック音楽集!『「1700」~18世紀前半のイタリア・バロック作品集』

カテゴリ : ニューリリース

掲載: 2018年04月05日 00:00

アレッサンドリーニ

アレッサンドリーニによる18世紀前半のイタリア・バロック音楽の贅沢な花束

アレッサンドリーニが紡ぐ、イタリア・バロックへのみずみずしいオマージュ。マスチッティ(1670-1736)、カルダーラ(1670-1736)、ヴィヴァルディ(1678-1741)、ドゥランテ(1684-1755)、ジェミニアーニ(1687-1762)、ロカテッリ(1695-1764)、ガルッピ(1706-85)、そしてプニャーニ(1731-1798) という、18世紀前半に活躍したイタリア作曲家らによる、ソリストを伴わない4部のアンサンブル作品を集めました(そのためコレッリやスカルラッティらは含まれていません)。2012年にリリースされた「1600」(OP 30531) の続編的なアルバムです。

18世紀、イタリアの作曲家たちは、母国から遠くにある宮廷や教会から請われて、移住してその地で仕えることが多くありました。イタリアの作曲家たちは、オペラからのレガートなメロディのスタイルを異国の地にもたらし、さらにその地のスタイルを吸収し、独自のスタイルを築きました。
たとえばマスチッティもその一人。1670年にイタリアに生まれ、1709年にパリに移り、そこで生涯を終えた彼は、このディスクに収められている作品のガヴォット楽章などに見られるように、フランス・スタイルを取り入れつつも、祖国イタリアのカンタービレなスタイルも彷彿とさせる作風が魅力。
プニャーニはクライスラーの「プニャーニの様式による前奏曲とアレグロ」でもその名を残しています。トリノに生まれトリノで没していますが、優れたヴァイオリン奏者として各地を旅し、音楽スタイルが古典派へと向かう時期の新旧の音楽スタイルの伝道師としての役割も果たしました。
アレッサンドリーニの慧眼のプログラミングに感じ入るとともに、多様性に満ちた音楽作品を極上の演奏でたのしめる贅沢な1枚となっております。
(キングインターナショナル)

『「1700」~18世紀前半のイタリア・バロック作品集』
【曲目】
ミケーレ・マスチッティ(1670-1736):コンチェルト ホ短調 op.7-2(1727)
アントニオ・カルダーラ(1670-1736):シンフォニア(アーベルの死)(1732)
アントニオ・ヴィヴァルディ(1678-1741):コンチェルト ニ長調 op.12-3/ RV124(1729)
フランチェスコ・ドゥランテ(1684-1755):4声のコンチェルト ト短調
フランチェスコ・ジェミニアーニ(1687-1762):4声のソナタ(コンチェルト・グロッソop.3-3 ホ短調)(1732)
ピエトロ・ロカテッリ(1695-1764):葬送シンフォニア「ローマで行われた彼の婦人の葬儀のための」(1725)
バルダッサーレ・ガルッピ(1706-85):4声のコンチェルト ト短調
ガエターノ・プニャーニ(1731-1798):弦楽のためのシンフォニア 変ロ長調
【演奏】
リナルド・アレッサンドリーニ(チェンバロ、指揮)
ボリス・ベゲルマン、アントニオ・デ・セコンディ(ヴァイオリン)
エットーレ・ベッリ(ヴィオラ)
マルコ・チェッカート(チェロ)
ルカ・コーラ(コントラバス)
ウゴ・ディ・ジョヴァンニ(テオルボ)
【録音】
2017年10月28-31日、ローマ