こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

すべてステレオ・ライヴ!N響90周年記念シリーズ日本人指揮者篇1~近衞秀麿、山田一雄、岩城宏之

カテゴリ : ニューリリース

掲載: 2016年08月25日 10:00

N響90周年

今年NHK交響楽団は創立90周年を迎えます。それを記念してライヴ・シリーズを開始。今回発売の4点は日本人指揮者に焦点を当てています。N響の生みの親・近衛秀麿の1967年、創立から40年目の感動的ラスト公演、山田一雄の1976年の黛&シベリウス、1985年のマーラー第5&1990年の“ジュピター”、岩城宏之が1968、1974、1983年に振ったチャイコフスキー三大交響曲が一挙に発売されます!
(タワーレコード)

N響の生みの親・近衛秀麿の感動的ラスト公演

近衛秀麿
(1) レーガー:祖国への序曲 Op.140
(2) J.S.バッハ:管弦楽組曲第3番 BWV1068
(3) バルトーク:ヴァイオリン協奏曲第2番
潮田益子(ヴァイオリン)、近衛秀麿(指揮) NHK交響楽団
収録: 1967年4月26日、5月3日/東京文化会館(ライヴ)

近衛秀麿(1898-1973)は、1926年にNHK交響楽団の前身である新交響楽団を結成した、まさに生みの親。1927年2月20日に行われた第1回演奏会も近衛の指揮で行われました。彼は生涯に92回NHK交響楽団のステージに登場しましたが、その最後の演奏会にあたる1967年5月3日で潮田益子と共演したバルトークのヴァイオリン協奏曲第2番の音源が残っていました。前年行われた第3回チャイコフスキー国際コンクール、ヴァイオリン部門第2位入賞を果たした潮田の煌めくような独奏にピッタリ合わせ、バルトークならではの活き活きとした世界を繰り広げます。またドイツ国歌が高らかに謳われるレーガーの「祖国への序曲」、高貴の極みのバッハの管弦楽組曲第3番と、近衛芸術を堪能できます。

山田一雄がN響に20年ぶりで登場した感動のコンサートの記録

山田一雄 Ⅰ
(1)黛敏郎:曼荼羅交響曲
(2)シベリウス:交響曲第2番ニ長調 Op. 43
山田一雄(指揮) NHK交響楽団
収録: 1976年10月13日/NHKホール(ライヴ)

山田一雄(1912-1991)は、1941年にN響の前身である新交響楽団の補助指揮者、翌年専任指揮者となり、同楽団を育て上げました。当アルバムは何と山田一雄が20年ぶりにN響定期に登場した記念すべき公演。黛敏郎の「曼荼羅交響曲」はN響世界一周演奏旅行でも聴くことができますが、さすが日本の現代音楽の旗頭・山田一雄、驚きの説得力で魔術のように聴き手の心を掴みます。もうひとつは山田一雄貴重なレパートリーと言うことのできるシベリウスの交響曲第2番。山田ならではの大きなドラマを聴かせてくれます。

N響の功労者・山田一雄晩年の貴重な客演

山田一雄 Ⅱ
(1) マーラー:交響曲第5番嬰ハ短調
(2) モーツァルト:交響曲第38番ニ長調 K.504「プラハ」
(3) 同:交響曲第41番ハ長調 K.551「ジュピター」
山田一雄(指揮) NHK交響楽団
収録: 1985年2月13日/NHKホール (1)(2)、1990年11月26日/サントリーホール (3)(ライヴ)

N響史で欠くことのできぬ貢献者山田一雄(1912-1991)。草創期から200回以上NHK交響楽団のステージに登場した彼が晩年にN響と共演した貴重な記録です。1985年2月13日の第953回定期公演は、もともとスウィトナーの予定ながら急病で来日不能となり、山田一雄の代役が実現したもの。十八番のマーラーだけに自在かつ自然。心から感動させられます。モーツァルトの透明さも絶品です。

N響といえば岩城宏之。十八番のチャイコフスキー三大交響曲

岩城宏之
チャイコフスキー:
(1) 交響曲第4番ヘ短調 Op.36
(2) 交響曲第5番ホ短調 Op.64
(3) 交響曲第6番ロ短調 Op.74「悲愴」
岩城宏之(指揮) NHK交響楽団
収録: 1968年3月17日/東京文化会館(1)、1974年6月19日 (2)、1983年2月11日(3)/NHKホール(ライヴ)

NHK交響楽団の指揮者といえば岩城宏之(1932-2006)。1954年に指揮研究員として入団、1969年に正指揮者となり、亡くなるまでそのポストを務めたまさにN響の顔と申せましょう。その岩城の十八番、チャイコフスキーの三大交響曲をお楽しみいただきます。第4番が35歳、5番が41歳、6番が50歳と岩城の円熟の過程も見てとれます。ことに「悲愴」の大きく深い演奏は感動的。岩城宏之の芸術をたっぷり堪能できます。

*古い音源を使用している場合は、テープ劣化によるお聴き苦しい点がございます。予めご了承下さい。

関連商品

中村紘子16歳のショパンとベートーヴェンの協奏曲が聴ける!N響90周年記念シリーズ第1弾~『NHK交響楽団 世界一周演奏旅行1960』ライヴBOX8枚組

1960年、NHK交響楽団は戦後初の世界一周ツアーを行いました。敗戦から15年、高度成長期を迎える前の日本の、文化復興を諸外国に披露するため国を挙げての一大事業となりました。同年8月29日から11月4日まで、インドに始まりアメリカまで大成功の連続だった伝説を、55年を経て音で確認することが実現しました。
出演も岩城宏之、外山雄三の指揮、園田高弘、松浦豊明、中村紘子のピアノ、堤剛のチェロと超豪華。いずれも若く、岩城宏之(28)、外山雄三(29)、園田高弘(32)、松浦豊明(31)で、堤剛は18歳、中村紘子に至っては16歳。彼らが日本の威信にかけて臨むエネルギーと緊張が伝わってきます。
このツアーのために、当時注目の若手邦人作曲家たちに新作を委嘱しましたが、それらが収録されているのも貴重。外山雄三の人気曲「ラプソディー」もそのひとつで、ヨーロッパ各都市でアンコールとして奏されるたびに、聴衆が熱狂したと語り草になっています。今回、ワルシャワ、ローマ、ロンドンでの記録を収録、当時の聴衆と興奮を共有できます。
演奏史譚・山崎浩太郎氏入魂16,000字の解説は読み物としても面白く、臨場感伝わる力作。永久保存の宝物となること間違いなしのBOXです。
(キングインターナショナル)

関連新譜 8月下旬発売予定

N響がクレツキとパリで共演していた!超貴重ウニンスキーのショパン!

大注目のNHK交響楽団1960年の世界一周ツアー、番外編の録音が残っていました。10月24日にパリのサル・プレイエルで行われた公演で、大指揮者パウル・クレツキと、大歌手フィッシャー=ディースカウが何とN響と共演しています。その後の共演はなく、パリゆえ実現した夢の公演といえます。
当時35歳のフィッシャー=ディースカウが絶品。ヴォルフ自身がオーケストラ伴奏に編曲した3曲の「竪琴弾きの歌」の繊細さ、マーラーへの共感いずれも見事で、クレツキの指揮のもとN響がヨーロッパの響きを紡ぎ出しています。
もうひとつの注目は、1932年の第2回ショパン国際コンクール優勝者アレクサンダー・ウニンスキーを独奏に迎え、ショパンのピアノ協奏曲第1番を演奏していること。ウニンスキーは歴代の優勝者のなかで、ショパンのピアノ協奏曲録音が入手できない人なので貴重。それもポーランド出身のクレツキが伴奏しているのも価値を高めています。ウニンスキーのショパン演奏を語るうえでも必須の録音で、即興性満点(ことにフィナーレのコーダ)に驚かされます。