こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

ネットスカイ、メジャー移籍第一弾アルバム

タグ : クラブ/テクノ

掲載: 2016年05月10日 11:07

Netsky

世界最大のダンスミュージック・フェスティバル、ウルトラ・ミュージック・フェスティバル2015の本家マイアミ公演にて、2015年のLIVEヘッドライナーの一人として登場したNetsky(ネットスカイ)。UKドラムンベース・シーンの最重要レーベル‘ホスピタル’から過去2作のアルバムをヒットさせてきたネットスカイが、ついにソニーとメジャー契約の末リリースする移籍第一弾アルバムだ。

EDM界のネクスト・スーパースターと海外で評される彼の音楽は、単なるEDMサウンドのみならず、ドラムンベースやポップスを見事に取り入れたダンス・ミュージックで、ヴォーカリストを迎えたメロディックなサウンドも逸品だ。ネットスカイは2009年にシングルを発表した直後からすぐに頭角を現し、マイク・スノウ、スウェディッシュ・ハウス・マフィア、ラスコ等のリミックスでも知られ、プロデューサーとしてもひっぱりだこに。

メジャーからの第一弾リリースとなる今作は、エミリー・サンデーの冴えわたるボーカルで幕を開ける。2015年夏の大ヒット・アンセムとなった「Rio」は、2015年末ロンドンのニューイヤーズ・イヴの花火にも使われているほか、2016年発表されすでにフロア・アンセムとなっている大ヒット・ナンバー「ワーク・イット・アウト」など全曲捨て曲ナシ!

2016年の夏、必聴のアルバムだ。