こんにちは、ゲスト

ショッピングカート
  • Check

注目アイテム詳細

ロック・インスト最高峰!トーキョーキラーがついにデビュー

タグ : J-インディーズ

掲載: 2015年04月15日 16:53

更新: 2015年04月15日 16:53

ケメ:ギター(keme、PIGGY BANKS)、アッコ:ベース(PIGGY BANKS、ex GO!GO!7188)、ケイ:キーボード(アーバンギャルド、exキャンプテンズ)、キョウイチ(exアーバンギャルド)というツワモノ・ミュージシャン4人が集結したインストゥルメンタル・ロック・グループ、トーキョーキラー。

トーキョーキラー

バンド結成から約11年、活動休止等を経て、2012年ごろから現在のメンバーに。そして2015年、ついにCDデビューとなった。

デビューCD『トーキョー★キラーストリート』は、これまでライブにて披露されていたオリジナル楽曲や、リンク・レイなどの1960年代のガレージ・サーフ・ナンバーに加え、頭脳警察のカヴァーも収録!

line

タワレコ特典】先着:ステッカー&応募ハガキ
トーキョーキラー『トーキョー★キラーストリート』(CDSOL-1628)をご購入いただいたお客様に先着で、タワーレコードオリジナル特典ステッカーと、抽選でサイン入りTシャツ(5名様)が当たる応募ハガキをプレゼント!
※特典数には限りがございます。限定数満了次第、終了とさせていただきます。
※2015年5月31日(日)発売のアナログ盤トーキョーキラー『トーキョー★キラーストリート』(SD-505TW)は、こちらの特典対象商品ではありません。ご了承ください。

line

【トラックリスト】
1. トーキョーキラーのテーマ※
2. サーフ★スナイパー※
3. サーフ・パーティー
4. ランブル
5. 真夜中のマリア
6. 円山町の殺人※
7. ミザルー
8. タイム★トラベラー※
9. 朝日のあたる家
10. ペネトレーション
11. スウィッチブレイド
※オリジナル曲

【トーキョーキラー:プロフィール】
21世紀ファズ・ギター・ヒロインのケメ、元GO!GO!7188のベーシストのアッコほか、ツワモノ・ミュージシャン4人が集結したインストゥルメンタル・ロック・グループ〈トーキョーキラー〉。バンド結成から約11年、活動休止等を経て、2012年ごろから現在のメンバーで固定、2015年ついにCDデビューとなった。

ケメ(ギターキラー):
トレードマークは言わずとしれたファズ・ギター。まさに「21世紀のファズギター・ヒロイン」!トーキョーキラーの他、矢沢洋子、元GO! GO! 7188のアッコとの3ピース・ガールズ・バンド、〈PIGGY BANKS〉としても活動中。ソロではフォーク・ギター弾き語りを〈keme〉名義で継続中。トーキョーキラーではリーダーをつとめ、60'sの香り漂う渋いカヴァー選曲を行っている。本作中“トーキョーキラーのテーマ”を作曲。

アッコ(ベースキラー):
元GO!GO!7188のベーシスト。パワフルなベースは本作でも健在!トーキョーキラー・サウンドの大黒柱。地元鹿児島を拠点にしつつ、トーキョーキラーや、ケメ、矢沢洋子とのスリーピース・ガールズ・バンド〈PIGGY BANKS〉としても精力的に活動中。本作のリード曲“サーフ★スナイパー”を作曲。

ケイ(ケンバンキラー):
アーバンギャルドをメインに、様々なユニット、サポートで活躍するキーボーディスト。3月に脱退したキャプテンズではケイ伯爵として活動。どんなジャンルも弾きこなす技巧派、トーキョーキラー・サウンドのサイケな味付けが光る。本作中“タイム★トラベラー”を作曲。

キョウイチ(ドラムキラー):
暴走ドラマー。2014年10月までアーバンギャルドで活動。ロック、ハードコアからインプロまでこなし、cocobat、航空電子、アーバンギャルドなどのバンド活動の他、ライヴ、レコーディングのサポートも多数。作曲やボーカルもこなすマルチプレーヤー。本作中“円山町の殺人”を作曲。

タワーレコードオンライン独占公開!セルフライナー

1. トーキョーキラーのテーマ

ケメ作。定番中の定番!サーフはこれじゃなくっちゃ。Simple is best!(ケメ)

ケメちゃん作曲、キラーのテーマ!それぞれのソロ回しが聴きどころ。(アッコ)

トーキョーキラー最古の曲と思われる。それぞれのソロ回しが聞き所!ACE-TONEで弾きました。(ケイ)

ドラムキラーとして、バンドに対してサウンドアプローチ出来たと思います。サーフロックに思いっきりシンプルかつ、ガレージなドラムを叩きまくりました!(キョウイチ)

line

2. サーフ★スナイパー

アッコちゃん作。みんなで音合わせた時、これは推し曲に決まりだなと思ったのです。サイレンの音入れたりして、キャッチーだけど妖しさが漂う作品になりました。(ケメ)

あたくし生まれて初めてインストの曲作りました!あたしの中のサーフガレージロックの王道を詰め込んでみました。メンバーみんなのアイディアもありスナイパーなベースラインの曲になりました。MVも撮ったのでそちらもぜひ見てみてね!(アッコ)

スパイ風の半音階を駆使したオルガン!ハモンドオルガンで弾きました。(ケイ)

曲作りの時はどうしよう!?って話していたのですが、ノリノリのナンバーですね!ドラムは最初テーマをライド裏打ちで指定があったのですが、最終的に勢い重視のシンプルに叩かせて頂きました!キメのベースソロやばし!(キョウイチ)

line

3. サーフ・パーティー

この曲は初期からカバーしてます。簡単そうで意外と難しいのです。疾走感堪らない1曲。トンボちゃんの悲鳴も素晴らしい。(ケメ)

個人的に大好きな曲です!サーフ界隈ではかなり定番のカバー曲。原曲よりも疾走感ありまくりでキラーっぽいサーフパーティーになったと思います。(アッコ)

レズリーに通さない素のハモンドオルガンで弾きました。(ケイ)

原曲に比べるとかなりパワフルなパーティーになってしまいましたね。でも疾走感とか軽快さあるし、このメンバーの個性も出てて、原曲のよさと新しさを感じて貰えると思います。(キョウイチ)

line

4. ランブル

リンクレイと言えばランブル!ですね。あれこれやろうと思った結果、余計なことはやめようと思いケイさんの鍵盤に委ねました。そういえば昔、清志郎さんがBSの番組でこの曲を弾いてたな。ザ・名曲。(ケメ)

単純なのにカッコいい!ライヴでも定番のミドルナンバー。こうゆう曲作りたくても作れないなぁ。(アッコ)

PIANETを弾きました。(ケイ)

この曲はある意味構成が難しいですね(苦笑)細かいアレンジも出来たのですが、あえて大きいグルーブで刻んでみました。(キョウイチ)

line

5. 真夜中のマリア

PANTAさんとこの曲を一緒に演奏させてもらう機会がありまして、緊張で手が震えたのを覚えてます。それ以来キラーでもカバーさせてもらってます。渋さが堪らなく好きです。この曲を録音する直前にガロ・マークさんの訃報を聞きました、悲しさや悔しさを噛み締めながら弾いたのを覚えています。(ケメ)

頭脳警察のカバー。ライヴで演奏してるとすごく気持ちいいんだけどレコーディングしてみたらめっちゃ難しかったです!笑(アッコ)

ハモンドオルガンを弾きながらテープエコーをいじっています。(ケイ)

マリアと言う題名の曲をここまで極悪にするのはどうなのかなと思っていたのですが、ギターキラーけめちゃんの勢いを更に加速するためにどこどこしました!(キョウイチ)

line

6. 円山町の殺人

キョウイチ君作。イントロはザ・タイガース『君だけに愛を』が始まるのか!?と思いきや、めちゃくちゃ渋いメロディーが始まる。そして私とアッコちゃんのコーラスが入ったり、ノイズで攻めたり、今までキラーに無かった要素が沢山詰まってます。(ケメ)

ドラム、鍵山くん作曲。最初持ってきた時はサーフガレージ感全然なかったのにケメちゃんのギターフレーズで一気にキラー色に!その融合がおもしろくて大好きな曲。(アッコ)

思いのほか歌謡に仕上がりました。(ケイ)

この曲は僕が作ったのですが、原曲よりかなりアレンジされましたね。多分まともに通ったのは曲名ぐらい?(笑)イントロからかなり渋いです…。Bメロ後のハネの部分でニヤリとして頂けたら嬉しいです(笑)アウトロのドラムソロはライヴでは色々と即興でアレンジしていきたいですね。(キョウイチ)

line

7. ミザルー

この曲はサーフバンドにかかせません。ただ相当腕が疲れますので、練習のし過ぎに注意★ あっこちゃんと洋子ちゃんに掛け声をやって頂きました。辛いことあったらこの曲聴いて全部ふっとばせ!(ケメ)

これも定番!弾いてみて改めて思った。ほんとかっこいい曲!!(アッコ)

やり慣れている曲ですが、ライブとはちょっと違うアプローチで弾きました。(ケイ)

この曲、ケメちゃんのギター凄いですよね!よく腕がやばいっ!と言っていたのでテンポを気にしつつ、普通にならないように意識して叩いています。ライヴでもめっちゃ盛り上がりますよねー!(キョウイチ)

line

8. タイム★トラベラー

ケイ君作。寺内タケシとバニーズっぽい!+宇宙。ということでジャス喫茶、ゴーゴークラブの雰囲気を出す為掛け声などで演出してみました。あと、間奏のギター頑張りました、本当です。(ケメ)

鍵盤ケイくん作曲。GS感たっぷりのフレーズ満載でこれまた大好物!ベースのフレーズがスタッカート気味になってるところが好き。あと掛け声も!(アッコ)

私の自作曲。タイトルはあとから付けました。ACE-TONEとスペースエコーの感じがレトロフューチャー感を出しており、しかし、未来感というよりは時間旅行者の方がトーキョーキラーというバンドのことも表しているかなと思いこのタイトルにしました。(ケイ)

構成なんかはいわゆる王道の流れ、その中で遊び心と言うか独創性が垣間見える感じですが馴染みやすい聴き心地のいいサーフロックに仕上がってます。(キョウイチ)

line

9. 朝日のあたる家

大大大大好きな曲。家でよく練習したもんだな~。鍵盤~ギターの流れ、とても良い。最後一発のアーム動かしすぎ疑惑、いやこれでいいと思う。(ケメ)

ライヴではおじさんを喜ばせようキャンペーンとしてよくやってます!笑(アッコ)

オルガンソロは気合いの一発でした。(ケイ)

これもお馴染みの名曲ですよね。男気の哀愁が感じられる、けど女性ギタリストです。そのギャップを楽しめそうです。(キョウイチ)

line

10. ペネトレーション

ベースがカッコいい。ケイ君お休みで、三人だけの演奏。非常に勢いありますね。ギターはうっすらディレイかましました。(ケメ)

こちらもライヴでは外せない曲。勢いあるのが録れました。(アッコ)

イントロのロールから鬼気迫る感じで迫力があります。カバー曲は一貫して思うのが古きよきを大事にしつつこの時代なりの、て言うサウンドが逆に新鮮さを生んでますよね。(キョウイチ)

line

11. スウィッチブレイド

ホラー感出すのに一苦労でした。悪魔の声を入れて解決。その場で適当にやって、合図でブレイクして、適当に終わらせる。適当最高!ベースの〆の音、私たちの間では通称『げっぷ』と呼ばれています。このげっぷがあってアルバムが綺麗に締まったのだ!ばんざい!(ケメ)

スバリ!聴きどころはあたしが言ってるタイトルコールです 笑(アッコ)

後半戦、ノイジーになろうとしたら、皆ノイジーになってるから駄目とケメちゃんに釘をさされました。(ケイ)

最後の曲でこのベースからインする辺りが。音もフレーズもひっくるめてですけど。トーキョーキラーの人間性が溢れてると言うか。まぁでも名残があってまた一曲目からリピートしたくなる。色々な意味合いが詰まってるようで、いいエンディング曲です(キョウイチ)

line

ライヴ情報

「『トーキョー★キラーストリート』発売記念ライブ」
2015年4月24日(金)
会場:渋谷BYG
開場18:00 開演19:00
http://www.byg.co.jp/
出演:トーキョーキラー
ゲスト バーレスクエンジン

line

「WALK INN ROCK FESTIVAL! 2015」
http://walkinnstudio.com/wirf2015/wirf2015_top.html
2015年4月19日(日)
会場:桜島多目的広場野外ステージ
開場10:30 開演11:00

line

「東京うたの日コンサートvol.10」【10th Anniversary Grand Cabaret】
http://tokyoutanohi.blog95.fc2.com/
2015年6月17日(水)
会場:TSUTAYA O-EAST
開場18:00 開演19:00
出演:BEGIN、中納良恵(from EGO-WRAPPIN’)、トーキョーキラー、BYG BIG BAND(比嘉栄昇、小坂忠、牧野竜太郎、木原健太郎 with Very Merry Orchestra、BBBB Horns、黄啓傑)、東京うたの日セレナーダーズ(花田千草、島袋優、山本隆太、カナミネケイタロウ、MIHO)、早稲田桜子、バレエダンサー、BLACK BOTTOM BRASS BAND、川平慈英(MC)

line

「『トーキョー★キラーストリート』発売記念インストアイベント」
2015年6月13日(土)
会場:タワーレコード新宿店7F イベントスペース
開演21:00
入場フリー
出演:トーキョーキラー(ケメ、アッコ、ケイ、キョウイチ)
内容:ミニライヴ&特典引換会
問い合わせ先:タワーレコード新宿店 03-5360-7811