こんにちは、ゲスト

ショッピングカート
  • Check

注目アイテム詳細

「吹奏楽ポップスの父」と呼ばれた作曲家・編曲家の岩井直溥さん死去

カテゴリ : ニュース

掲載: 2014年05月13日 15:30

岩井直溥氏

作曲家・編曲家の岩井直溥さん(1923.10.2~2014.5.10)が90歳で亡くなりました。ポップスなどを吹奏楽向けに編曲した作品で親しまれ、「吹奏楽ポップスの父」と呼ばれていました。ここに謹んで哀悼の意を表し、氏のご冥福を心からお祈り申し上げます。

岩井直溥(いわい・なおひろ)
作・編曲家・指揮者。1923年東京生まれ。47年に東京音楽学校(現東京芸術大学音楽部)器楽科を卒業している。作曲を橋本国彦に師事した。卒業後ジャズ・バンドに入って活躍し、フランキー堺のバンドに在籍したこともある。岩河三郎、川崎優、斎藤高順、藤田玄蕃ら8名で作った吹奏楽作曲者の『ニューエイトの会』を結成。ジャズや洋・邦ポップスのブラス・バンド用編曲や作曲など多数行なう。代表曲はマーチ「明日に向かって」。(音楽出版社)

「ニューサウンズ・イン・ブラス(NSB)」とは
日本吹奏楽のポップス・ジャンルにおける草分け的レコードとして、1972年に第一作を発表してから40年超を誇る人気シリーズです。岩井直溥氏を中心とし、日本で最高の演奏レベルを誇る東京佼成ウインドオーケストラとのタッグで年1作ペースでリリースを続け、毎年の吹奏楽シーンに大きな影響を与えてきました。今年もシリーズ第42作目となる「ニュー・サウンズ・イン・ブラス 2014」が4月23日にリリースされたばかりでした。(タワーレコード)