こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

『VINTAGE COLLECTION +plus』特別編 生誕100周年ラファエル・クーベリック名盤選 Vol.2

カテゴリ : ニューリリース | タグ : タワー限定 ユニバーサル・ヴィンテージ・コレクション

掲載: 2014年02月20日 11:05

『VINTAGE COLLECTION +plus』特別編~ラファエル・クーベリック名盤選 Vol.2

好評第1弾に続く『タワーレコード“ヴィンテージ・コレクション+plus”』特別編、クーベリック名盤選第2弾が早くも登場!今回も再発が少ないものや貴重なリハーサル音源も組み合わせた魅力溢れる企画となっております。

 

 

ユニバーサル ミュージックのご協力による『タワーレコード“ヴィンテージ・コレクション+plus”』特別編としまして、今年(2014年)生誕100年を迎えるラファエル・クーベリックの音源を発売いたします。日本では人気の高い指揮者であり、歴史に残る名盤を多く残した名匠ですので、これまでも数多くCD化されてきましたが、歴史的な盤であるにもかかわらず数ある名盤の影に隠れて再発がほとんどされていない、もしくは暫く流通していない音源も数多く残されているのもまた事実です。そのような失われたクーベリックの名盤のいくつかを"名盤選"としまして、2回に分けて再発いたします。
今回記念の年に相応しい企画として、暫く再発が無かったウィーン・フィルとのDECCA音源を中心としたラインナップを組みました。それらにプラスして、DG音源の中でも再発が少ないものや貴重なリハーサル音源も組み合わせた魅力溢れる企画としました。従来の名盤と、これまでタワー企画盤として一部発売してきた盤を含め、総合的にクーベリックの残した偉大な芸術に触れてみてはいかがでしょうか。尚、今回の再発にあたりましても、復刻に際しまして従来通りのコンセプト(マスター音源、初期ジャケット使用等(一部未採用もあり))はそのままです。

~新しくなった『タワーレコード“ヴィンテージ・コレクション・プラス”』(TOWER RECORDS VINTAGE COLLECTION +plus)では、これまでのコンセプトを踏襲しつつも、さらなるご愛顧に応えることを目指し、「+plus(プラス)」を末尾に付け加えました。デザインを一新し、オリジナル重視(アートワーク使用の増加、古いマスター音源はできる限り新規に)の姿勢はそのままに、音質の向上(ルビジウム・クロック・カッティングによるハイ・クオリティ・サウンド*を採用)と価格の見直しを行い、セットものはこれまでよりお求め安い価格設定としました。
*ルビジウム・クロックは人口衛星や超高精度レーザーなどに採用されており、従来のデジタル・オーディオに使用されていた水晶発振の1万倍の精度を誇ります。これをデジタル・プロセスに使用することにより、従来のCDでは得られなかった鮮明、且つ自然な音を実現するものです。
*尚、下記商品の仕様、発売日等は予告なく変更する場合がございます。

3/7(金)発売の第1弾はこちら>>>

ロマンと推進力溢れる名演を新規リマスタリング。フルニエとの貴重な録音を併録。

ドヴォルザーク:交響曲 第7番・第9番《新世界より》、弦楽セレナーデ、チェロ協奏曲/ラファエル・クーベリック、ピエール・フルニエ、ウィーン・フィル、イスラエル・フィル

※初セット化
※オリジナル・ジャケット・デザイン使用(ブックレット中にも一部採用)
※オリジナル・マスターからのハイビット・ハイサンプリング(192khz/24bit)音源をCDマスターに使用
※解説:藁科雅美氏、小石忠男氏、萩原秋彦氏、遠藤勝彦氏、解説書10ページ

※ジャケット写真の交響曲番号表記は、発売当時の表記となっております。予めご了承ください。

【収録曲】
アントニン・ドヴォルザーク:
<DISC1>
1.交響曲 第7番 ニ短調 作品70 (B.141)
2.交響曲 第9番 ホ短調 作品95 (B.178)《新世界より》
<DISC2>
3.弦楽セレナード ホ長調 作品22
4.チェロ協奏曲 ロ短調 作品104 (B.191)
【演奏】
ピエール・フルニエ(チェロ)(4)
イスラエル・フィルハーモニー管弦楽団(3)
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団(1,2,4)
ラファエル・クーベリック(指揮)
【録音】
1954年6月26日 ウィーン、ムジークフェラインザール(モノラル録音)(4)
1956年10月1-2日(1)、10月3-4日(2)、ウィーン、ゾフィエンザール
1957年4月 ティフエレット・シネマ・スタジオ、リション・レ・ジオン(3)
【原盤】
DECCA

クーベリック最初の正規マーラー録音他を収録!'50年代のVPOの美音が蘇る!

マーラー:交響曲 第1番《巨人》、チャイコフスキー:幻想序曲《ロメオとジュリエット》、ドヴォルザーク:スラヴ舞曲集/ラファエル・クーベリック、ウィーン・フィル

※初セット化
※オリジナル・ジャケット・デザイン使用(ブックレット中にも一部採用)
※オリジナル・マスターからのハイビット・ハイサンプリング(192khz/24bit)音源をCDマスターに使用
※解説:渡辺護氏、志鳥栄八郎氏、遠藤勝彦氏

【収録曲】
<DISC1>
1.グスタフ・マーラー:交響曲 第1番 ニ長調《巨人》
2.ペーター・チャイコフスキー:幻想序曲《ロメオとジュリエット》
<DISC2>
3.アントニン・ドヴォルザーク:スラヴ舞曲集 作品46
4.同:スラヴ舞曲集 作品72
【演奏】
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
ラファエル・クーベリック(指揮)
【録音】
1954年6月27日(1)、1955年3月2-3日(2)、3月7, 10-11日(3,4,) ウィーン、ムジークフェラインザール(モノラル録音)
【原盤】
DECCA

名盤ウェーバーの序曲集&クーベリックの音楽作りの真髄に迫る貴重なリハーサル音源!

ウェーバー:序曲集、メンデルスゾーン:真夏の夜の夢序曲~リハーサル/ラファエル・クーベリック、バイエルン放送響

※日本語訳付(7)
※国内盤初CD化(7)
※オリジナル・ジャケット・デザイン使用(ブックレット中にも採用)
※オリジナル・マスターからのハイビット・ハイサンプリング(192khz/24bit)音源をCDマスターに使用
※解説:遠藤勝彦氏、解説書11ページ

【収録曲】
1.カール・マリア・フォン・ウェーバー:歌劇《オベロン》序曲
2.同:歌劇《アブ・ハッサン》序曲
3.同:歌劇《魔弾の射手》序曲 作品77
4.同:歌劇《オイリアンテ》序曲 作品81
5.同:劇音楽《プレチオーザ》序曲 作品78
6.同:祝典序曲《歓呼》 作品59
7.フェリックス・メンデルスゾーン:《真夏の夜の夢》 序曲 作品21- リハーサル風景及び演奏
【演奏】
バイエルン放送交響楽団
ラファエル・クーベリック(指揮)
【録音】
1964年3月23-26日(1-6)、1964年11月(7) ミュンヘン、ヘルクレスザール
【原盤】
Deutsche Grammophon

至高のモーツァルト演奏のひとつ。稀少盤「ハフナー・セレナード」も収録。

モーツァルト:戴冠ミサ、ミサ・ブレヴィス、アヴェ・ヴェルム・コルプス、ハフナー・セレナード/ラファエル・クーベリック、バイエルン放送響、他

※歌詞対訳付(1-3)
※オリジナル・ジャケット・デザイン使用(ブックレット中にも採用)
※オリジナル・マスターからのハイビット・ハイサンプリング(192khz/24bit)音源をCDマスターに使用
※解説:延山優樹氏、遠藤勝彦氏、海老沢敏氏訳

【収録曲】
ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト:
<DISC1>
1.ミサ曲 ハ長調 K.317《戴冠式ミサ》
2.ミサ・ブレヴィス ハ長調 K.220(196b)《雀のミサ》
3.アヴェ・ヴェルム・コルプス K.618
<DISC2>
4.セレナード 第7番 ニ長調 K.250 《ハフナー》
【演奏】
エディット・マティス(ソプラノ)(1,2)、ノーマ・プロクター(アルト)(1)、タティアーナ・トロヤノス(アルト)(2)、
ドナルド・グローベ(テノール)(2)、ジョン・シャーリー=カーク(バス)(1)、
バイエルン放送合唱団(合唱指揮:ヨーゼフ・シュミットフーバー)(1)、レーゲンスブルク大聖堂聖歌隊(合唱指揮:ハンス・シュレムス)(2,3)
ルドルフ・ケッケルト(ヴァイオリン)(4)
バイエルン放送交響楽団
ラファエル・クーベリック(指揮)
【録音】
1963年4月26-28日(4)、1968年9月20-23日(2,3)、1973年2月24-25日(1) ミュンヘン、ヘルクレスザール
【原盤】
Deutsche Grammophon

ライスター最初の記念碑的なモーツァルト録音。クーベリック&BPOのサポートが光る!

モーツァルト:クラリネット協奏曲/ウェーバー:クラリネット協奏曲 第1番/カール・ライスター、ラファエル・クーベリック、ベルリン・フィル

※オリジナル・ジャケット・デザイン使用
※オリジナル・マスターからのハイビット・ハイサンプリング(192khz/24bit)音源をCDマスターに使用
※解説:柴田龍一氏、小林宗生氏、遠藤勝彦氏

【収録曲】
1.ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト:クラリネット協奏曲 イ長調 K.622
2.カール・マリア・フォン・ウェーバー:クラリネット協奏曲 第1番 ヘ短調 作品73
【演奏】
カール・ライスター(クラリネット)
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
ラファエル・クーベリック(指揮)
【録音】
1967年10月(1)、11月(2) ベルリン、イエス・キリスト教会
【原盤】
Deutsche Grammophon