こんにちは、ゲスト

ショッピングカート
  • Check

注目アイテム詳細

イギリスの作曲家、ジョン・タヴナー氏 逝去

カテゴリ : ニュース

掲載: 2013年11月14日 17:11

ジョン・タヴナー(Sir John Tavener、1944年1月28日~2013年11月12日)

現代イギリスを代表する作曲家、ジョン・タヴナー氏が去る11月12日、心臓発作のためお亡くなりになりました。享年69歳でした。

心よりご冥福をお祈りいたします。

ジョン・タヴナー(Sir John Tavener、1944年1月28日~2013年11月12日)
メシアンやシュトックハウゼンとならぶ神秘主義の作曲家で、長年正教徒を自認していましたが、近年ではヒンドゥー教やイスラム教など、他宗教を題材にした作品も発表していました。その音楽は前衛音楽崩壊後のイギリスを象徴するものであったと同時に、神秘的かつ神聖な響きはクラシックの枠を超えて大衆的人気を博し、代表作となった『神秘のヴェール(1992年のロジェストヴェンスキー指揮,LSO,イッサーリス(チェロ)(ヴァージン·クラシックス)の演奏は、グラモフォン賞を受賞しています)』や数々の宗教曲は、レーベル・国境を越え演奏されるようになりました。また、1997年のダイアナ妃告別式典の際歌われた『アテネのための歌』は、今もってイギリス現代音楽史上に残る傑作として語られています。それらの功績から2002年、1代限りのナイト(sir)に叙勲されました。