こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

タワーレコード “Sony Classical” スペシャル・セレクション第6期

カテゴリ : ニューリリース | タグ : タワーレコード オリジナル企画 “Sony Classical”スペシャル・セレクション

掲載: 2012年08月06日 12:26

更新: 2012年08月20日 12:34

Sony Classical~スペシャル・セレクション

 

「Sony Classical × TOWER RECORDS 共同企画」
タワーレコード “Sony Classical” スペシャル・セレクション第6期

SONY CLASSICALとタワーレコードによる夢のコラボレーション第6弾!
2012年は3回に分けて、2011年を越えるヴォリュームで発売!

I期:10/3(水)リリース 9タイトル
II期:10/24(水)リリース 7タイトル
III期:11/21(水)リリース 10タイトル

企画・販売:TOWER RECORDS
制作・発売:(株)ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル

SONY CLASSICALとタワーレコードによる夢のコラボレーション企画の第6弾がいよいよ今年も登場します。昨年発売の第5弾全20タイトルと比較しても、今回はこれまでに無い規模で発売いたします。今回の第6期、10/3の第1回発売では、久しぶりに復活する定盤セルのブラームスやティルソン・トーマスの隠れた名演チャイコフスキー、RCAに残したベルグルンド晩年の録音である貴重なニールセン:交響曲全集等のオケ作品は今回も充実のラインアップ。mono時代からの名演フランチェスカッティやブダペストSQ他の盤は、ドビュッシー・イヤーの最後を飾る名盤と言えるでしょう。ゼルキンのシューベルトの至芸やL.ポップ最期の録音である「4つの最後の歌」と秋に来日するグルベローヴァも併録されたR.シュトラウス歌曲集は久々の復活。そしてこれが世界初CD化となる若き日の小澤征爾による「火刑台上のジャンヌ・ダルク」は驚きの1枚。そして4人の作曲家による連作、組曲「東京」は貴重な1作です。
10/24の第2回発売では、一昨年のブラームス、昨年のベートーヴェンに続き、大好評オーマンディのコロンビア時代の何と7作品がリリース。世界初CD化も含むファン垂涎のアイテムになること間違いなし。
最後の11/21の第3回発売でも、貴重な作品のリリースが控えています。今年の年末まで目が離せない企画です。

 Sony Classical × TOWER RECORDS

 

※I期: 10/3発売分

 

 

 

※II期: 10/24発売分

 

 

※III期: 11/21発売分