こんにちは、ゲスト

ショッピングカート
  • Check

注目アイテム詳細

リエージュ・フィル創設50周年記念BOX~フェルナン・カネから21世紀へ~

カテゴリ : ニューリリース

掲載: 2011年10月20日 16:57

更新: 2011年10月20日 18:30

リエージュ

 

ベルギーのフランス語圏を代表する古都・リエージュ。フランクとイザイを輩出した、この文化都市には、創設半世紀の間に数多のすぐれた名盤を制作してきた老舗楽団があります。オーケストラ主導で限定発売された貴重なBOX が、数量限定でCypresから。
フランス語圏とオランダ語圏が国土のだいたい半分ずつを占め、その中央に位置する首都ブリュッセルでは両言語と英語が入り混じり…という複雑な多言語国家、ベルギー。ブリュッセルに本拠をかまえるフランス話者たちのレーベル“Cypres Records”は、この国のすぐれた音楽文化を古楽から現代まで分け隔てなく、きわめて充実した録音企画を通じて世界に発信してきました。オーケストラ録音ではしばしばベルギー国立管弦楽団とリエージュ・フィルハーモニー管弦楽団が素晴らしいアルバムを制作していますが、今回、Cypresの制作スタッフが中心となって企画が進み、2010年にオーケストラの創設50周年を祝って限定発売されたのが、この50枚組アルバム~フランス語圏ベルギーの中心都市として古くから豊かな音楽文化が育まれてきたリエージュの老舗オーケストラ、リエージュ・フィルの録音ばかりを集めたBOXセットです。
ベルギーは、2010年6月から両主要言語の代表者たちのあいだで連立政権が成り立たず、そうしたなかフランス語圏の共同体は改めてベルギー王室との連携を強めており、そうした流れの結果か、リエージュ・フィルは2010年の演奏会シーズンからは晴れて「王立」を名乗れる立場にもなりましたから、その記念という意味もあるのでしょう。
しばらくオーケストラ主導で日本にも流入しづらかったアイテムながら、このたび若干数のみ入荷する運びとなりました。
古くからフランス近代音楽などに興味を持たれてきた方々なら、リエージュ・フィルといえばポール・シュトラウス指揮によるフランス近代の名盤群、あるいは“Musique en Wallonie”レーベルでの貴重なベルギー人作曲家の管弦楽作品録音など、記憶に残る名盤は数々おありと存じますが、今回のBOX はオーケストラ・レーベル側がそのあたりのライセンスをクリアにしたうえで、他のレーベルでの録音ももちろん網羅されています。
オーケストラの創設者でヴュータンの門弟でもあったフェルナン・カネ指揮のジョンゲン作品、すでに廃盤となっているジェラール・プーレとのヴュータン協奏曲録音、ポール・シュトラウス指揮の『ハーリ・ヤーノシュ』やブラームスのハンガリー舞曲集などが注目されます。
さらによく見ると、近日“Ricercar”からの再発も噂されつづけている1994年の超・好企画・ルクー全集から、同楽団が演奏した作品のみが収録されていたり…、正に見逃せないBOXセットです。数量限定ですのでくれぐれもお早めに!