こんにちは、ゲスト

ショッピングカート
  • Check

注目アイテム詳細

伊藤英嗣監修による、クッキーシーン・ムック第2弾発売!

カテゴリ : ニューリリース

掲載: 2011年05月26日 16:38

更新: 2011年06月02日 18:37

1997年3月から2009年12月まで「雑誌」という形で、さまざまな音楽ファンからミュージシャンにまで愛読された音楽メディア、クッキーシーン(Cookie Scene)。現在ウェブ・マガジンとして活躍するなか、ムック・シリーズ第2弾となるCookie Scene Essential Guide『POP & ALTERNATIVE 2011 21世紀ロックの爆発』が発売!伊藤英嗣監修による一冊で、かつてのクッキーシーンを思わせる両面表紙仕様!

Cookie Scene Essential Guide POP & ALTERNATIVE 2011   表紙Aサイドでは、2010年~2011年のロック&ポップ・ミュージックにクッキーシーンならではの切り口で迫った特集をフィーチャー。2011年上半期のオススメ・ディスク105枚+2010年のオススメ・ディスク200枚を厳選して解説し、“テン年代”と呼ばれる新たなディケイドの始まりにおける音楽シーンの状況を鋭く検証するとともに、定番ディスクから隠れた名盤までを取り上げています。

 2011年での登場アーティストは、ザ・ヴァクシーンズ、アークティック・モンキーズ、デス・キャブ・フォー・キューティー、スミス・ウエスタンズ、ジェイムス・ブレイク、ペインズ・オブ・ビーイング・ピュア・アット・ハート、ストロークス、YUCK、ボン・イヴェール、グラスヴェガス、モノブライト、ブリティッシュ・シー・パワー、ノア・アンド・ザ・ホエール、TV・オン・ザ・レディオほか。
 2010年での登場アーティストは、ザ・ドラムス、アジアン・カンフー・ジェネレーション、スーパーチャンク、アーケイド・ファイア、カニエ・ウェスト、神聖かまってちゃん、MGMT、マグネティック・マン、リトル・バーリー、ティーンエイジ・ファンクラブ、ベル・アンド・セバスチャン、LCDサウンドシステム、相対性理論、ザ・ナショナル、放課後ティータイム、ヴァンパイア・ウィークエンド、ヨンシー、オウガ・ユー・アスホール、エドウィン・コリンズほか。
 
 さらに、巻頭特集では、ナールズ・バークレイのメンバーにしてベックやゴリラズのプロデュースでも知られるデンジャー・マウスとイタリアのクセモノ映画音楽家ダニエル・ルッピが、元ホワイト・ストライプスのジャック・ホワイトとノラ・ジョーンズを迎えて制作した架空のサウンドトラック・アルバム『ローマ』を徹底分析。また、デンジャー・マウスにスポットをあて、ザ・シンズのジェイムズとのユニット、ブロークン・ベルズや、スパークルホースとデヴィッド・リンチとのプロジェクト『ダーク・ナイト・オブ・ザ・ソウル』など関連作を交え、彼の音楽性と素顔に迫っています。

Cookie Scene Essential Guide POP & ALTERNATIVE 2011
 表紙AAサイドでは、2010年~2011年の音楽シーンを語る上でのキー・ポイントになりそうな“セカンド・サマー・オブ・ラヴ”“ポスト・パンク”“'80sロック”という3つの要素を大特集!
 “セカンド・サマー・オブ・ラヴ”を特集した「Second Summer Of Love Again」では、先日『スクリーマデリカ』20周年記念盤をリリースしたプライマル・スクリームやニュー・オーダーのロング・アーティクル、そして伊藤英嗣と久保憲司の対談をフィーチャー! 「インディー・ダンス」~「マンチェスター・サウンド」を生んだ当ムーヴメントの姿に迫ります。

 “ポスト・パンク”を特集した「Dig Post Punk」では、ザ・ポップ・グループやPIL、ワイアーの来日を控え、よりいっそう盛り上がりをみせるポスト・パンクの魅力を再検証! 伊藤英嗣の熱いポスト・パンク論のほか、ザ・ポップ・グループ、スロビング・グリッスル、ギャング・オブ・フォーの記事をフィーチャー。

 さらに、ブラッドサースティ・ブッチャーズの吉村秀樹とロマンポルシェ。の二組によるポスト・パンク対談も!

 “'80sロック”を特集した「'80s Rock Now」では、80年代から活躍するバンドたちが近年見事な新作をたてつづけにリリースしていることに着目し、素晴らしきベテラン・ロック・アーティストたちを再評価。R.E.M.、DEVO、OMDの3組に大ヴォリュームで迫るほか、新作が話題のザ・カーズ、フィーリーズ、デュラン・デュラン、トーマス・ドルビー、シンディ・ローパー、ハワード・ジョーンズのほか、年内の新作リリースが待たれるU2やレッド・ホット・チリ・ペッパーズの魅力にも“今”の視点で迫ります。
 またモノブライト/元ビート・クルセイダースのヒダカトオルとカジヒデキの'80sロック対談も大フィーチャー! 全ロック・ファン必読の濃ゆい内容となっています。

 いまだ見ぬ素晴らしき音楽世界への扉がたくさんの本書Cookie Scene Essential Guide『POP & ALTERNATIVE 2011 21世紀ロックの爆発』、ぜひお手元に!

【CONTENTS】

●「Second Summer Of Love Again」 セカンド・サマー・オヴ・ラヴの真実
・対談:伊藤英嗣×久保憲司
[特集記事掲載アーティスト]
・プライマル・スクリーム、アンディ・ウェザオール、ニュー・オーダー

● 「Dig Post Punk」いま再び盛り上げる“ポスト・パンク”
・ 総論:「ポスト・パンク・マニフェスト」
・対談:吉村秀樹(ブラッドサースティ・ブッチャーズ)×ロマンポルシェ。
[特集記事掲載アーティスト]
・ザ・ポップ・グループ、ギャング・オブ・フォー、スロビング・グリッスル

●「'80s Rock Now」 今に生きる80sロックの息吹
・ 対談:80sロックと「今」:ヒダカトオル×カジヒデキ
・ 彼らの新作から見た「80s」のインパクト
REM、ディーヴォ、OMD、フィーリーズ、ザ・カーズ、デュラン・デュラン、
ハワード・ジョーンズ、シンディ・ローパー、トーマス・ドルビー、デヴィッド・ロウリー(キャンパー・ヴァン・ベートーヴェン、クラッカー)、U2、レッド・ホット・チリ・ペッパーズ

●2010年1月から2011年6月までのロック&ポップ・シーンを総まとめ
・2010年1月~2011年6月までのシーンで重要度の高いアーティストのインタビュー、紹介記事を掲載。
・2010年ベスト・ディスク200枚と2011年上半期ベスト・ディスク100枚の合計300枚のディスクを掲載。
・コラム記事なども充実させ、いわゆる“10(テン)年代”の行方を占いつつ、年間ディスク・ガイドとしてカタログ的な役割も果たします。