こんにちは、ゲスト

ショッピングカート
  • Check

注目アイテム詳細

エロル・アルカンやダニエル・エイヴリーが認めたUK新世代!ケリー・リー・オーウェンス

タグ : UK/US INDIE  クラブ/テクノ 

掲載: 2017年02月07日 17:13

Kelly Lee Owens

photo by Kim Hior

 

「ドリームポップとストイックなテクノの融合」―『ピッチフォーク』

『ガーディアン』がビョークを引き合いに出し紹介するなど、自主リリース段階からイギリスの著名メディアの多くが熱心にサポート、早耳リスナーの注目を集めていたケリーは、2015年にジェニー・ヴァルのセイクリッド・ボーンズからのアルバム楽曲リワークで新機軸を開拓すると、プリンス・トーマスやネナ・チェリーのリリースで知られるノルウェーの名門レーベル「スモールタウン・スーパーサウンド」からのEPリリースでファン層を拡大、クロスオーバーな支持を確立して次なる動向が注視されていました。

昨秋のEPに続いて早くも登場した待望のデビュー・アルバムは、ビョークとアーサー・ラッセルから大きな影響を受けてきたという彼女らしい、エクスペリメンタルなエッジとリスニング・フレンドリーなエレクトロニック・サウンドを巧みに両立させることに成功した力作です。

敬愛するアーサー・ラッセルへの愛をドープなサイケデリック・ビートにのせアウトプットしたM2「Arthur」、ジェニー・ヴァルのダークな魔力が炸裂したM3「Anxi」、その進化と深化を克明に刻み込んだM5「Evolution」、トロピカルなシンセ使いの心地よいM6「Bird」、抑制を利かせながら強烈なサブ・ベースにヤラれるEPリード曲のM7「C.B.M」、ダニエル・エイヴリーと共作したアンビエントなM9「Keep Walking」などなど、収録楽曲は、いずれもキャラの立ったシングル級のキラーばかり!

彼女は、ダニエル・エイヴリー楽曲のフィーチャリング・ヴォーカリストからキャリアをスタートし、インディ・バンドのヒストリー・オブ・アップル・パイのベーシストとしても活動するかたわらで(現在は脱退)、ダニエルやジェームズ・グリーンウッド(ゴースト・カルチャー)らファンタジー・サウンド一派のサポートを受けながら独自のエレクトロニックなスタイルを磨き上げてきた。

ダニエル・エイヴリー/ファンタジー・サウンド直系のストイックなエレクトロニック・モードでソフトでサイケデリックなドリームポップへのアプローチを試みる唯一無二のニューカマー。是非ご注目ください!

 

 

 

ページの先頭へ

TOWER RECORDS ONLINEに掲載されているすべてのコンテンツ(記事、画像、音声データ等)はタワーレコード株式会社の承諾なしに無断転載することはできません。
情報の一部はRovi Corporation.、japan music data、(株)音楽出版社より提供されています。
タワーレコード株式会社 東京都公安委員会 古物商許可 第302191605310号

Tower Records Japan Inc.