こんにちは、ゲスト

ショッピングカート
  • Check

注目アイテム詳細

T字路s、初のオリジナル・フル・アルバム『T字路s』3月15日発売

タグ : J-インディーズ  タワレコメン 

掲載: 2017年01月18日 14:48

伊東妙子(Gt,Vo)、篠田智仁(B / COOL WISE MAN)によるギター・ヴォーカル、ベースのデュオ、T字路sの初のオリジナル・フル・アルバムが完成。
「関ジャム 完全燃SHOW」で蔦谷好位置が2016年ベスト10に選出した話題の楽曲“はきだめの愛”収録。

T字路s

今作は、渋川清彦が主演し話題となった映画「下衆の愛」のために書き下ろした“はきだめの愛”や“あの野郎”のアルバム・バージョン、T字路s初の裏打ちソング“月明かりの夜”、ポップスの王道を行く名曲“最後の手紙”などの新曲や現在廃盤で入手困難な自主制作1st CD『T字路s』より“T字路sのテーマ”“交差点”“今朝の目覚めは悪かった”の3曲を再録音し収録した計12曲。

上山実 (カンザスシティバンド)、下田卓 (カンザスシティバンド)、西内徹 (REGGAE DISCO ROCKERS)がサポートメンバーとして参加。レコーディング、ミキシング・エンジニアは内田直之が前作に引き続き務めている。

【T字路s】
伊東妙子:歌、ギター / 作詞、作曲、編曲
篠田智仁:ベース / 作曲、編曲

【参加ミュージシャン】
ピアノ:上山実(カンザスシティバンド)
トランペット:下田卓(カンザスシティバンド)
サックス、フルート:西内徹(REGGAE DISCO ROCKERS)

レコーディング、ミックス・エンジニア:内田直之

【収録曲】
1. はきだめの愛
2. 交差点
3. 最後の手紙
4. 今朝の目覚めは悪かった
5. あの野郎
6. 月明かりの夜
7. 小さき世界
8. 流れ者
9. おうちに帰りたい
10. 花束
11. 鐘は鳴る
12. T字路sのテーマ

line

【T字路sプロフィール】
2010年5月に結成。
伊東妙子(Gt,Vo / DIESELANN)、篠田智仁(B / COOL WISE MAN)によるギター・ヴォーカル、ベースのデュオ。 2010年からコンスタントに作品を作り続け、2015年には初の全編カヴァー・アルバムとなる『Tの讃歌』をリリース。2016年には映画「下衆の愛」に主題歌となる“はきだめの愛”を書き下ろして提供し、映画と共に話題を集めている。また、NHKのEテレ「シャキーン」にも楽曲や演奏、歌唱を提供するなど広く支持される活動を続けている。
2人が織りなす音楽はブルースやフォーク、ロックンロールを飲み込みつつ、ジャンルの壁を超えるものであり、代表曲である「泪橋」や「これさえあれば」をはじめ、人生の激情や悲喜交々をストレートに表した楽曲たちがファンの心を揺さぶり続けている。

ページの先頭へ

TOWER RECORDS ONLINEに掲載されているすべてのコンテンツ(記事、画像、音声データ等)はタワーレコード株式会社の承諾なしに無断転載することはできません。
情報の一部はRovi Corporation.、japan music data、(株)音楽出版社より提供されています。
タワーレコード株式会社 東京都公安委員会 古物商許可 第302191605310号

Tower Records Japan Inc.