こんにちは、ゲスト

ショッピングカート
  • Check

セール&キャンペーン

【J-POP】ぼんやりしたいときのためのミュージック

カテゴリ : キャンペーン  | タグ : ライフスタイル 

掲載: 2015年03月25日 16:30

【J-POP】ぼんやりしたいときのためのミュージック


〈リラックスというよりボンヤリしてしまう〉

1.藤原さくら『full bloom』 

メジャー初作を発表したばかりの弱冠19歳の女性SSWのインディー盤。なんというか平熱に戻るような音楽。熱っぽくなってる人にはちょいチルに作用して、沈んだ気持ちの人にはまるで白湯のようにじわりと沁みる。いやはや、末恐ろしいとはこのこと。



〈ミュージックフォー縁側なんちゃって〉

2.ハナレグミ『hana-uta』 

人ゴミから離れ、縁側でぼんやり。そんな、「ぼくらが考える」リラックスなイメージを満たしてくれるハナレグミ。永積タカシの声はひたすらにやさしく、そして広い。疲れても疲れても丸一日ゴロゴロなんかしていられない、そんな現代人のビバークに、ホットココアみたく。



〈カフェでボッサでオトナです〉

3.Various Artists 『珈琲(カフェ) ボサノバ』 

かつてボサノバが日本に「ニューリズム」の一つとして輸入され、それをなんとか血肉にしようとした時代があった。今じゃ信じられないことだが、これホント。そんな先達の模索の結晶が多くここに集結。ま、そんな豆知識も、ドリップして味わってしまおう、フフフ。特に、舟木一夫「恋だけが」のなんかエロい感じとかいいんだよなぁ。


〈こちらもオススメ!)

4.南佳孝 TAKIBI隊『南佳孝 TAKIBI隊』
5.原田知世『noon moon』
6.星野源『Stranger』
7.naomi & goro『CAFE BLEU SOLID BOND』


 


8.おおはた雄一 、 柴田俊文『プチカフェ ~カフェ・ド・LONDON~』
9.細野晴臣『ヘヴンリー・ミュージック』
10.キリンジ『フリー・ソウル・キリンジ』


 



〈さらに音楽を深く楽しみたい方に…〉
「極めるシリーズ」全ジャンルまとめページ(3月24日更新)


ページの先頭へ

TOWER RECORDS ONLINEに掲載されているすべてのコンテンツ(記事、画像、音声データ等)はタワーレコード株式会社の承諾なしに無断転載することはできません。
情報の一部はRovi Corporation.、japan music data、(株)音楽出版社より提供されています。
タワーレコード株式会社 東京都公安委員会 古物商許可 第302191605310号

Tower Records Japan Inc.