こんにちは、ゲスト

ショッピングカート
  • Check

セール&キャンペーン

魅惑のコスチューム バレエ・リュス展 関連CD&DVDご紹介

カテゴリ : Classical 

掲載: 2014年06月18日 19:30

ピカソ、マティスを魅了したロシア・バレエ

「バレエ・リュス」はフランス語で「ロシア・バレエ団」を意味する、20世紀初頭に一世を風靡したバレエ興行です。主催者は伝説的な興行主セルゲイ・ディアギレフ(1872~1929)。ロシア出身で、作曲をリムスキー=コルサコフに学んだ彼は、音楽家の道を歩まず、その美的センスと鑑識眼、嗅覚を活かし、興行の道を歩みました。バレエ・リュスの立ち上げは1909年、パリ。それから亡くなるまでの20年間、自らの眼で選んだ若手の天才芸術家たちをコラボレートさせ、数多くの革新的なステージを生み出しました。彼の鑑識眼の高さは、バレエ・リュスの参加者の名前を挙げるだけでも、十分理解していただけることと思います
ダンサー、振付師はニジンスキー、マシーン、リファール、バランシン。舞台装置や美術にはピカソ、マティス、ローランサン、シャネルといった、当時パリで活躍していた前衛アーティストが起用されました。そして音楽は、サティ、ラヴェル、ファリャ、ストラヴィンスキー、プロコフィエフら、歴史に名を残す大作曲家が新作を書き下ろしました。まさにバレエ・リュスは天才たちが集った「総合芸術」でした。そしてバレエだけでなく美術やファッション、音楽の世界にも革新と興奮をもたらし、大きな影響を与えました。
1909~1929年は、レコードや映画の揺籃期にあたり、バレエ・リュスの舞台や音楽をリアルタイムで収録した録音や映像は僅かしか残されていません。しかし、バレエ・リュス関係の音楽家たちは長生きした人が多く、後にLPレコード用にその演目の録音を残してくれました。
1913年、舞台と音楽の斬新さがスキャンダルとなり、客席で暴動が起きた《春の祭典》の初演者モントゥーが、《春の祭典》をステレオ録音で遺しているのは真に貴重です(Decca 4783728)。彼は《ダフニスとクロエ》(Decca 4757525)と《ペトルーシュカ》(Testament SBT21476)でも初演の棒を執り、名盤を残しています。
フランスの指揮者デゾルミエールもバレエ・リュス所属で、後継団体のバレエ・リュス・ド・モンテカルロでは首席指揮者を務めました。彼は《牝鹿》(Testament SBT1294)の素晴らしい名盤を残しています。
スイスの指揮者アンセルメはバレエ・リュスの重要人物で、《三角帽子》《プルチネッラ》で初演の指揮をとりました。アンセルメは《三角帽子》の鮮烈なステレオ録音を残しています(Decca UCCD4405)。また、「アンセルメ/ロシア音楽録音集成」33枚組(Decca 4820377)には、バレエ・リュスの演目《シェヘラザード》《火の鳥》《ペトルーシュカ》《春の祭典》《プルチネッラ》などが収録されています。
ロシア出身の鬼才マルケヴィチも重要です。晩年のディアギレフは当時16歳のマルケヴィチの才能を愛で、バレエ・リュスに帯同させてデビューの労をとりました。マルケヴィチは彼の慧眼通り大指揮者となり、その大恩に報いるためディアギレフへのトリビュート・アルバムを1954年と1972年の2度録音しました。現在、1954年盤がCDで聴けます(Testament SBT1105、SBT1060)。
展覧会にご興味のある方に、ぜひこれらのCDに接していただき「時代の空気」を感じて頂ければ幸いです。(タワーレコード)

ページの先頭へ

TOWER RECORDS ONLINEに掲載されているすべてのコンテンツ(記事、画像、音声データ等)はタワーレコード株式会社の承諾なしに無断転載することはできません。
情報の一部はRovi Corporation.、japan music data、(株)音楽出版社より提供されています。
タワーレコード株式会社 東京都公安委員会 古物商許可 第302191605310号

Tower Records Japan Inc.