タワーレコード オンライン

THE BEATLESREVOLVER

ザ・ビートルズ

1966年8月5日に発売され、イギリスのアルバム・チャートで7週間1位を記録!
アメリカでは、キャピトルが11曲入りヴァージョンを発売し、ビルボードのアルバム・チャートで6週間1位を獲得!
『リボルバー』のスペシャル・エディションが遂に発売!

TOWER RECORDS ONLINE 期間限定!国内盤予約ポイント15%還元!

ザ・ビートルズ
© Apple Corps Ltd.

『リボルバー』に収録されている14曲は、プロデューサーのジャイルズ・マーティンとエンジニアのサム・オケルによって、今回、新たにミックス。そしてアルバムのオリジナルのモノ・ミックスは、1966年のモノのマスター・テープを使用。
スーパー・デラックスに付属された豪華ブックレットには、ポール・マッカートニーの序文、ジャイルズ・マーティンによるイントロダクション、クエストラヴの心のこもった啓蒙的なエッセイ、ビートルズ研究家/作家/ラジオ・プロデューサーのケヴィン・ハウレットによる洞察に満ちたチャプターと詳細にわたる曲目解説をフィーチャー。
また、このブックレットにはレアな未発表写真や、手書きの歌詞、テープ・ボックスや、レコーディング時のメモ書きなどの未公開画像、そして1966年に印刷された広告や、フォアマンのグラフィック・ノベル『birth of an icon: REVOLVER』からの抜粋なども収められている。

REVOLVER
特典ポスター
5CDスーパー・デラックス版購入特典ポスター
※国内流通仕様5CDスーパー・デラックス盤購入者対象
※満了次第終了となりますので予めご了承ください

5CDスーパー・デラックス盤

2CDデラックス盤

通常盤1CD

4LP+7インチ・シングル:スーパー・デラックス盤

通常盤LP

GET BACK

ザ・ビートルズ:Get Back コレクターズ・セット
  • © 2022 Apple Corps Limited. Artwork
  • © 2022 Disney/Apple Corps Limited.

ザ・ビートルズの約8時間にも及ぶ、時空を超えた《体験型ドキュメンタリー・エンターテイメント》が、ついに待望のブルーレイ・DVDで登場!
巨匠ピーター・ジャクソン監督によって、“Get Back(復活)”を掲げて集まった4人が名盤「レット・イット・ビー」に収録された数々の名曲を生み出す歴史的瞬間や、ラスト・ライブとなった42分間の“ルーフトップ・コンサート”が史上初ノーカット完全版として甦る。
解散後、半世紀を超えて明かされる衝撃の真実とは?

<出演>
ジョン・レノン
ポール・マッカートニー
ジョージ・ハリスン
リンゴ・スター

<スタッフ>
監督:ピーター・ジャクソン
プロデューサー:ジョナサン・クライド、クレア・オルセン、ピーター・ジャクソン、ポール・マッカートニー、リンゴ・スター、ヨーコ・オノ・レノン、オリビア・ハリスン
エグゼクティブ・プロデューサー:ジェフ・ジョーンズ、ケン・カミンズ
音楽監修:ジャイルズ・マーティン
編集:ジャベツ・オルセン

タワレコスタッフによるGET BACK見どころコメント
  • 伝説の「ルーフトップ・コンサート」とラストアルバム『レット・イット・ビー』に繋がる未公開映像の数々。多くの苦悩を抱えながらも音楽と、そして膨れ上がったザ・ビートルズという存在と向き合うシリアスな場面もさることながら、ちょっとした合間での何気ないセッションや曲を創り上げていく過程にとにかく見入ってしまった。演奏がハマるにつれ笑顔が込み上げていく4人の表情、見ているこちらもその場に立ち会っていたかのような感覚で興奮し笑顔に。後に「常にカメラが回っていいて最悪だった」と語ったジョンが誰よりもカメラに向かってはしゃぐシーンの数々も楽しめる見所のひとつ。

    札幌ピヴォ店 吉原裕也
  • ビートルズの音楽はこれまでに沢山聴いてきましたが、話したりセッションしたりするビートルズは(後追い世代のため)あまり観たことが無かったのでドキュメンタリー作品はありがたく、非常に見応えがありました。率直にメンバー一人ひとりがカッコイイです。

    梅田NU茶屋町店 清水真広
  • 「ザ・ビートルズ(ホワイト・アルバム)」50周年再発あたりから匂わせてきた”言うほど仲悪くなかった”というファンの安堵を決定的にする映像作品。かつて”バンドとはこのように終わる”のだと、世界中のバンドマンのトラウマになったあの暗くて寒くてギスギスした映画「レット・イット・ビー」。その50年のトラウマがピーター・ジャクソン監督によって解かれました!そう、劇中スタジオで輪になってセッションする4人は見事に"バンド"なのでした。アイディアどんどん出し合うし、悪ノリで演奏して脱線することもしばし(しかもヨーコも交えて!)ジョージ脱退騒動のタイムロスもあり傍から観てても締め切りヤバい状況になると一致団結。猛烈なスピードで楽曲を仕上げてクライマックスはルーフトップでスタジオ以上の実演とは出来すぎ!プロジェクトの推移を時系列で8時間かけて共にすることで、ルーフトップの取り巻きの一人になった気分で拍手しています!

    新宿店 村越辰哉
  • リアルタイムで目の前に当時のビートルズがいるように感じられるクリアな音と映像にまず感動。そしてこれまで我々が知っていた、後期(末期)ビートルズのイメージを良い意味で覆す貴重なドキュメンタリー映像。ここには純粋な音楽を愛する4人(+α)の才能あるミュージシャンが""あの名曲たち""をいかにして作り上げたかがしっかりと記録されています。一つ一つの言動、行動にワクワクさせてくれる貴重なシーンだらけ。8時間を超える特大ボリュームにマニア向けの作品と思われがちですが、ビートルズに少しでも興味があるなら絶対楽しめるものすごい作品!全然長くない!と思います。

    町田店 石黒
  • ビートルズ・アンソロジー以来の衝撃!1995年の大晦日にTV放送され、録画したビデオテープを擦り切れるほど見た当時のワクワクが再び味わえるとは!最後のアルバムの制作過程とラストライブへと至る22日間の軌跡。この頃にはメンバー間の仲は最悪でバラバラだと言われていたはずが、実際は思いもよらず親密な空気感が溢れていて、人間味あふれるビートルたちの姿が見られるのに感動。ジョージの脱退騒動から復帰までの流れの中で、ポールとジョン、リンゴとのやり取りから、各々の胸の内が明らかになっていく部分は特にグッとくるものが…。ビリー・プレストンの良キャラ&天才っぷりも必見です。

    浦和店 八木

LET IT BE

『レット・イット・ビー』スペシャル・エディション

『レット・イット・ビー』スペシャル・エディション

映画『レット・イット・ビー』製作と同時進行したレコーディングの膨大な音源をフィル・スペクターがリプロデュースしたザ・ビートルズ最後のアルバム『レット・イット・ビー』(全英チャート8週連続、全米チャート4週連続1位)のスペシャル・エディション!

『レット・イット・ビー』収録曲のニュー・ステレオ・ミックス及び5.1サラウンド・ミックス、ドルビー・アトモス・ミックスに加え、レコーディング・セッションの過程で残されたアウトテイク、リハーサル・テイク、スタジオ・ジャム等の未発表音源の他、スーパー・デラックス盤には1969年にグリン・ジョンズによって制作された未発表の『ゲット・バックLP』ミックスも収録。

スーパー・デラックス盤に付属された豪華ブックレットには、ポール・マッカートニーの序文を初めとして、ジャイルズ・マーティンによるイントロダクション、グリン・ジョンズの回想記、ザ・ビートルズ研究家/ラジオ・プロデューサーのケヴィン・ハウレットによる詳細な解説、伝説化したあのセッションの実像を探るジャーナリストのジョン・ハリスのエッセイが掲載。

  • タワレコスタッフのコメント 自分にとってのLET IT BE
  • オリジナル・アルバムのタワーレコ―ドオンライン歴代チャート発表!

名盤50周年記念エディション


  • 『アビイ・ロード』
    50周年記念エディション

  • 『ザ・ビートルズ(ホワイト・アルバム)』
    50周年記念エディション

  • 『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』
    50周年記念エディション

THE BEATLES 関連商品

  • Paul McCartney ポールの3つの象徴的なソロ・アルバムが初めてセットとなった限定版『マッカートニーI / II / III ボックス・セット』
  • John Lennon(ジョン・レノン)|ファースト・ソロ・アルバム『ジョンの魂』50周年記念アルティメイト・コレクション登場
  • George Harrison(ジョージ・ハリスン)|1970年に発表した名盤『オール・シングス・マスト・パス』が発売50周年を記念して初のマルチ・フォーマットで発売
  • ロック名盤 復刻リイシュー
  • アナログレコード