ショッピングカート
Soul/Club/Rap
CD
Still Ghetto [ECD] [PA]
★★★★★
★★★★★
4.0

在庫状況 について

商品の情報

フォーマット

CD

構成数

1

国内/輸入

輸入

パッケージ仕様

-

発売日

2002年11月09日

規格品番

48481

レーベル

SKU

093624821427

作品の情報
メイン
アーティスト
ゲスト
アーティスト
Taquane
その他
収録内容

構成数 | 1枚

合計収録時間 | 01:09:02

Personnel: Eritza Laues (vocals); Christopher Farr (saxophone); Matt Cappy (trumpet); Peter Lord (keyboards); Balewa Muhammad, Cliff Lighty, Eric Williams , Delvis Damon, Gist Kids, Malik Pendleton, Mary Yvette Brown, Tha Rayne (background vocals). Audio Mixers: Wesley Hogges; Adam; T.O.; DJ Kay Gee; "You Can Ask" Giz; Ken Lewis ; Malik Pendleton. Photographer: Christian Lantry. As the title indicates, STILL GHETTO pretty much picks up where Jaheim left off with his previous album GHETTO LOVE. Once again we find the singer deftly mixing street-real themes and hip-hop production techniques with slow-jam R&B tracks and soulful vocalizing. Despite his hard-guy front, Jaheim mostly comes off as a Love Man, as on "Put That Woman First" and his leather-and-lace deut with Mary J. Blige "The Beauty and the Thug." Even though STILL GHETTO finds him enough of a softie to have children's voices chiming in on his tunes, the street side will out; Jaheim may be one of the few contemporary singers capable of pulling off a romantic ode entitled "Me and My "B*tch," for example.

録音 | ステレオ (Studio)

    • 1.
      [CD]
      • 1.
        Intro - (featuring Duganz)
      • 2.
        Diamond in da Ruff
      • 3.
        Fabulous - (featuring Tha Rayne)
      • 4.
        Let's Talk About It
      • 5.
        Put That Woman First
      • 6.
        Beauty and Thug - (featuring Mary J. Blige)
      • 7.
        Me and My B*tch
      • 8.
        Backtight
      • 9.
        Special Day
      • 10.
        Long as I Live
      • 11.
        Interlude
      • 12.
        Everywhere I Am
      • 13.
        Tight Jeans
      • 14.
        Whut You Want
      • 15.
        Every Which Way - (featuring Duganz)
      • 16.
        Still Ghetto - (featuring Taquane)
      • 17.
        Video
レビュー
  • 元ノーティ・バイ・ネイチャーのケイ・ジーの手によってジャヒームの素晴しいソウルが世に放たれてからおよそ2年。ソウル・ファンを痺れさせたあのデビュー・アルバム『Ghetto Love』を聴いた誰もが抱いていた期待を裏切ることなく、ジャヒームはゲットーのソウル・シンガーたるスタンスをさらに押し進めたニュー・アルバムをリリースしてくれた。ケイ・ジーがプロデュース業や新人の発掘/育成を手掛けるためにグループを離れたのも、ジャヒームのように将来性豊かなシンガーとの出会いがあったからかもしれない。ケイ・ジー、エディF&ダレン・ライティ、マリック・ペンドルトンらによる60~70年代のソウルの重みをずっしり感じさせるトラックは、まぎれもなくソウル伝承者の代表であるジャヒームにぴったり。メアリーJ・ブライジとのデュエット“Beauty And Thug”も貫禄十分である。
    bounce (C)石島春美

    タワーレコード (2003年01,02月号掲載 (P81))

カスタマーズボイス
総合評価
4.0
★★★★★
★★★★★
(1)
    評価する:
★★★★★
★★★★★
投稿日:2003/04/23

前回より曲の感じはバラードやダウンなナンバーが主ですが、個人的にLet's Talk About It はものすんごく良いデス!トラックが最高な上、Jaheim のソウルな歌声がたまらなく

ノリの良いたて揺れを誘ってくれますハイ。

関連商品
ニュース & 記事
ポイント20倍
478pt
販売価格(税込)
¥ 2,629
廃盤

欲しい物リストに追加

コレクションに追加

サマリー/統計情報

欲しい物リスト登録者
0
(公開: 0 人)
コレクション登録者
0
(公開: 0 人)