ショッピングカート
サウンドトラック
CD
Austin Powers In Goldmember [ECD]
OST
★★★★★
★★★★★
0.0

お取り寄せの商品となります

入荷の見込みがないことが確認された場合や、ご注文後40日前後を経過しても入荷がない場合は、取り寄せ手配を終了し、この商品をキャンセルとさせていただきます。

オンラインキャンペーン価格
発売済み輸入盤スペシャルプライス10%オフ
開催期間:2022年7月6日(水)0:00~7月8日(金)23:59まで! [※期間中のご予約・お取り寄せ・ご注文が対象 ※店舗取置・店舗予約サービスは除く]
商品の情報

フォーマット

CD

構成数

1

国内/輸入

輸入

パッケージ仕様

-

発売日

2002年07月22日

規格品番

48310

レーベル

SKU

093624831020

作品の情報
その他
プロデューサー
収録内容

構成数 | 1枚

合計収録時間 | 00:40:01

録音 | ステレオ (Studio)

    • 1.
      [CD]
      • 1.
        Work It Out
      • 2.
        Miss You - (Dr. Dre Remix 2002, Dr. Dre 2002 remix)
      • 3.
        Boys - (Co-ed Remix, The Co-Ed remix)
      • 4.
        Groove Me
      • 5.
        Shining Star
      • 6.
        Hey Goldmember
      • 7.
        Ain't No Mystery
      • 8.
        Evil Woman
      • 9.
        1975
      • 10.
        Hard Knock Life (Ghetto Anthem) - (Dr. Evil Remix, Dr. Evil remix)
      • 11.
        Daddy Wasn't There
      • 12.
        Alfie (What's It All About, Austin?)
レビュー
  •  お下劣さ、お下品さ、そしておバカさパワーアップで、みんなの〈オースティン・パワーズ〉が帰ってきた! シリーズ3部作(?)の最終章を飾るにふさわしく、最高の笑い、最大のクライマックス、そして最低のエロっぷり満載だ!  隕石を地球に当て、大洪水を引き起こすという計画を立ち上げたDr.イーヴルを何の苦もなく捕らえたオースティン。これで終わり?と思いきや、オースティンのパパが誘拐されてしまう。オースティンはパパが幽閉されている1975年にタイムスリップするが、Dr.イーヴルが脱獄し、計画が再始動。果たして世界はどうなる? そして、オースティンとDr.イーブルとの間に隠された衝撃の過去とは?  そう、舞台は70年代。今度のオースティンはディスコだ! ソウルだ!! ブラックスプロイテーションだ!!! デスティニーズ・チャイルドのビヨンセ演じるヒロイン、フォクシー・クレオパトラはいきなり超ゴキゲンなディスコ・ナンバーを歌いながら登場。その風貌は「フォクシー・ブラウン」のパム・グリアばりの超特大アフロ・ヘア-に超Sexyコスチューム! 美しすぎ!! もう、おイタ寸前よ!!! しかもカメオ出演陣の豪華なこと! トム・クルーズ、グウィネス・パルトロウ、ケヴィン・スペイシー、ダニー・デビート、ジョン・トラボルタ、スティーヴン・スピルバーグ(みんな出たかったらしい?)……いったい、どこの超大作かと思ったよ。音楽ファン向けにも、毎度お馴染みバート・バカラックから、オースティンのテーマ曲ともいえる“Soul Bossa Nova”で有名なクインシー・ジョーンズ、オジー・オズボーン一家、そしてブリトニー・スピアーズまで、〈ゴールドメンバー〉な顔ぶれが登場するなど、お楽しみがいっぱい! 
    bounce (C)三沢直充

    タワーレコード (2002年09月号掲載 (P152))

  • 元祖おバカムービー第3弾!!超楽しくて、FUNKYなサントラ。ビヨンセ(From:デスチャ)ソロデビューシングル(1)に始まり、こりゃまたサントラの内容に大興奮!!ローリングストーンズのあの名曲をDr.DreがRemix(2)してたり、ビヨンセの妹、ソランジュ含む3人娘がファンキー魂をみせてくれたり(6)、大御所の名曲も多数収録!!R&B、HipHopファンにはもちろんすべてのリスナーにオススメな1枚!! (C)Flying Disco

    タワーレコード (2002/10/10)

  • オースティン・パワーズが帰ってきた! かつてはバート・バカラックをスクリーンに登場させて60'sムードを盛り上げたマイク・マイヤーズだが、今回の舞台は70年代。なので、サントラもグッとソウルフルに、ディスコ・シーンを意識したダンス・ナンバーがたっぷり。まず話題なのが今回の〈オースティン・ガール〉に選ばれたビヨンセのソロ曲“Work It Out”や、彼女とソランジュとの共演“Hey Goldmember”の艶やかさ。ほかにもファレル・ウィリアムス(ネプチューンズ)とブリトニー・スピアーズなんて共演や、久しぶりのミング・ティー復活(マシュー・スウィート、スザンナ・ホフス、マイク・マイヤーズのバンド)なんてトピックもあり。まさにゴールデンなメンバーが勢揃いなのです。
    bounce (C)工藤精一

    タワーレコード (2002年7月号掲載 (P143))

カスタマーズボイス
    評価する:
関連商品
ニュース & 記事
ポイント15倍
330pt
販売価格(税込)
¥ 2,690
¥ 269(10%)オフ
¥ 2,421
販売中
お取り寄せ
発送までの目安:2日~7日
cartIcon カートに入れる

欲しいものリストに追加

コレクションに追加

サマリー/統計情報

欲しい物リスト登録者
0
(公開: 0 人)
コレクション登録者
0
(公開: 0 人)