ショッピングカート
クラシック
SACDハイブリッド
モーツァルト: 交響曲第35番《ハフナー》/シューベルト: 交響曲第8番《未完成》(STEREO & MONO 2種収録)(2024年リマスター)<タワーレコード限定>
★★★★★
★★★★★
0.0

・こちらはフラゲ(発売日前日お届け)保証外の商品です

・発売日前日のご注文につきましては、発売日以降の発送となります

・各種前払い決済は、お支払い確認後の発送となります(Q&A)

開催期間:2024年6月12日(水)0:00~6月14日(金)23:59まで![※期間中のご予約・お取り寄せ・ご注文が対象 ※店舗取置・店舗予約サービスは除く]
商品の情報

フォーマット

SACDハイブリッド

構成数

1

国内/輸入

国内

パッケージ仕様

-

発売日

2024年06月26日

規格品番

PROC-2407

レーベル

SKU

4988031650141

商品の説明

※限定盤。SA-CDハイブリッド盤。世界初SA-CD化。ステレオ録音(1,2)
※2024年最新マスタリング音源使用(英Classic Soundにて、本国のオリジナル・アナログ・マスターテープからダイレクトにDSD変換とマスタリングを行い、SA-CD層用のDSDマスターを制作。CD層用にはこのDSDマスターから44.1kHz/16bitにPCM変換を行いCDマスターを制作。アナログ・マスターテープはその経年劣化と保存状態に応じて、可能な範囲で入念な修復作業を行った後に変換作業を実施)
※オリジナル・ジャケット・デザインを使用(LXT5257のジャケット・デザイン採用)
※通常ジュエルケース仕様
※盤印刷面:緑色仕様
※一部オリジナル・アナログ・マスターテープに起因するノイズ等があります。ご了承ください
※解説:鈴木 淳史氏(新規序文解説)他、解説書合計12ページ

商品の紹介
シューリヒト&VPOの稀少なステレオ録音と、エンジニア違いのモノラル音源を1枚にカップリング。今回の発売のために本国のマスターテープより最新復刻!DECCAによる超優秀録音の歴史的名盤を最新復刻。世界初SA-CD化!

DECCAレーベルにおけるシューリヒトとウィーン・フィル唯一のステレオ・アルバムである2曲と、同じ録音時に別のプロデューサーとエンジニアでモノラル収録されたモノラル版を1枚に収録しました。通常、当企画ではステレオとモノラルがある音源はステレオで復刻を行ってきましたが、今回初めて1枚に両音源を入れたヴァージョンを発売します。ご存じの通りDECCAでは1950年代半ばからステレオ録音がスタートし、暫くの間は制作陣がそれぞれ別のスタッフで存在していました。そのためチャンネル数が単に物理的に異なるだけではなく、音質もステレオ版とモノノラル版では実は異なっています。現代においては、マスターテープの使用頻度が影響している可能性も捨てきれないとは言え、以前DECCAのクーベリック&VPOのブラームス:交響曲全集をCDのタワー企画盤Vintage+plusで復刻した際、本国のステレオマスターとモノラルマスターを聴き比べる機会がありました。マスターの音質は全く別で、バランスや鮮度の違いに驚いたのと同時に、モノラル音源ならではの素晴らしさにもその時感動を覚えたという経緯があります。今回の録音も元々はCDでは上記同様タワー企画盤で2014年に本国のマスターテープからステレオ版の復刻を行っており(PROC-1627)、あまりの解像度の高さと音質の良さに驚嘆しました。今回、あえて元々収録時からマスター自体も別の2つの音源を聴く比べるために、1枚に収録した次第です。尚、今回の音源は元々のオリジナルLPのステレオ版はテストプレスがごく少量関係者に出回っただけで本国ではモノラル版のみの発売(その後1960年代になってようやくステレオ盤が日本とアメリカで発売)だったため、その後の再発はほぼステレオ版のみの流通でした。その意味では今回のモノラル版のマスター使用は、初出LP以来(未完成のみ10インチ盤でモノ再発あり)と言えるかも知れません。

収録当時、その年の10月から両者の北米演奏旅行を控えており、クレメンス・クラウスやエーリヒ・クライバーを相次いで失っていたウィーン・フィルにとって、シューリヒトとさらに親密になっていた時期にあたります。元々1956年の1月に亡くなったエーリヒが上記の演奏旅行で指揮をするはずでしたが、ザルツブルクで成功を収めていたシューリヒトが選出されたようです。そして同年6月に当時76歳になる直前の巨匠との貴重な録音が実現しました(この年はモーツァルト生誕200年でもありました)。最もこれらの録音時は、モノラル版のプロデューサーであったカルショーの回想によると、何度も繰り返し収録を要求するシューリヒトに辟易したようで、良い逸話は残っていません。しかしながら残された録音は2曲とも珠玉と言ってよいほど素晴らしく、かつてウィーン・フィルも慕ったシューリヒトの音楽性が如実にわかる演奏です。音質や音色も当時のまま残されている両マスターからの今回の復刻で、よりリスナーにその凄さが伝わってくると思います。溢れんばかりの音楽、鮮度の高い音色を確認ください。
(1/2)
タワーレコード (2024/05/24)
今回の復刻では本国オリジナルのアナログ・マスターテープに遡り、新規で高音質のデジタル化を行いました。今回に限らず最上位のフラットマスターを使用したため、非常に優秀なプレゼンスを得ることができています。質感や各定位が驚くほど明瞭・明確になり、DSD化の恩恵も加わったこれまでにない優秀な音質を再現。制作するにあたり、英国のClassic Sound社でかつてのDECCAのエンジニアの手によって、本国のオリジナル・アナログ・マスターテープの物理的なメンテナンスと修復を行った上でダイレクトにDSD変換を行い、このシリーズ用に綿密な工程で時間をかけてマスタリング作業を行いました。SA-CD層では、高精細なマスターサウンドをお楽しみいただけます。CD層も最新のデジタル化とマスタリングを施していますので、従来盤の音質とは一線を画しています。今回のリリースでは鈴木 淳史氏による新規の序文解説を掲載しました。また、ジャケット・デザインはモノラル版(LXT5257)を使用しています。今回の「ヴィンテージSA-CDコレクション」第35弾は、計3タイトルを発売いたします。
(2/2)
タワーレコード (2024/05/24)
収録内容

構成数 | 1枚

エディション | Remaster

【曲目】
1. ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト:交響曲 第35番 ニ長調 K.385 《ハフナー》 [STEREO]
2. フランツ・シューベルト:交響曲 第8番 ロ短調 D759 《未完成》[STEREO]
3. ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト:交響曲 第35番 ニ長調 K.385 《ハフナー》[MONO]
4. フランツ・シューベルト:交響曲 第8番 ロ短調 D759《未完成》[MONO]

【演奏】
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
カール・シューリヒト(指揮)

【録音】
1956年6月3-21日 ウィーン、ムジークフェラインザール

【Original Recordings】
Recording Producers: Peter Andry(1,2)[STEREO], John Culshaw(3,4) [MONO]
Recording Engineers: James Brown(1,2)[STEREO], Gordon Parry(3,4) [MONO]

【原盤】
Decca

【Remaster】
DSD Remastered by Classic Sound, 5/2024
英Classic Soundにて、本国のオリジナル・アナログ・マスターテープからダイレクトにDSD変換とマスタリングを行い、SA-CD層用のDSDマスターを制作。CD層用にはこのDSDマスターから44.1kHz/16bitにPCM変換を行いCDマスターを制作

【First LP Release】
STEREO(1,2):SXL2143(unreleased),S29062、 MONO(3,4):LXT5257
    • 1.
      [SACDハイブリッド]
カスタマーズボイス
    評価する:
ニュース & 記事
ポイント20倍
718pt
販売価格(税込)
¥ 3,950
取扱中
予約受付中
発売日前日までに発送いたします
cartIcon 予約する

欲しい物リストに追加

コレクションに追加

サマリー/統計情報

欲しい物リスト登録者
52
(公開: 1 人)
コレクション登録者
1
(公開: 0 人)
フラゲ対象の詳細を表示するポップアップ
北海道・鳥取県・島根県・岡山県・広島県・
山口県・四国・九州・沖縄県

フラゲ注文受付期間は地域によって異なります。
お住まいの地域をご確認ください。

北海道・山口県・九州・沖縄県

フラゲ注文受付期間は地域によって異なります。
お住まいの地域をご確認ください。