ショッピングカート
WORLD/REGGAE
LPレコード
Mundo Solo
★★★★★
★★★★★
0.0

在庫状況 について

・各種前払い決済は、お支払い確認後の発送となります(Q&A)

開催期間:2024年6月21日(金)0:00~7月15日(月・祝)23:59まで![※期間中のご予約・お取り寄せ・ご注文が対象 ※店舗取置・店舗予約サービスは除く]
商品の情報

フォーマット

LPレコード

構成数

1

国内/輸入

輸入

パッケージ仕様

-

発売日

2023年11月下旬

規格品番

FARO241LP

レーベル

SKU

5065007965313

作品の情報
メイン
アーティスト
商品の紹介
ブラジルという枠を超えて支持されるギタリスト兼作曲家=ファビアーノ・ド・ナシメントの新作がUKのFar Out Recordingsからリリース!

楽曲により Julien Canthelm (Drums)、Ajurina Zwarg (Per)、Gabe Noel (Bass)といったゲストが参加しているものの、『Solo Mundo(ソロワールド)』というタイトル通り、基本的には自身で様々な楽器を演奏しつつロサンゼルスにある自宅で2020年に制作されたもの。6弦、7弦、10弦、オクタヴ・ギター(ジャケット中央に写る小型のクラシック・ギター)、エレクトリック・バリトン・ギターなどのさまざまなギターと、多数のペダルやシンセサイザーを用い豊かで広がりのある即興演奏を実現。彼の作品のなかでもよりアンビエント/ニューエイジ的な傾向が顕著な、想像上のランドスケープを追求するような作品だ。

国家主義的な傾向を拒否しすることで特定の音楽言語に偏ることを避け、自身の音楽的ルーツのすべてを表現するというエルメート・パスコアルが提唱する"ユニバーサル・ミュージック"のコンセプトを継承しつつ、ありとあらゆる楽器をマスターすることによって真の自由を獲得しているファビアーノ・ド・ナシメント。孤独のなかで開花する美しいスナップショットとでもいえる作品に仕上がっている。
発売・販売元 提供資料 (2023/11/08)
Mundo Solo is the third album in 2023 from ex-pat Brazilian guitarist and composer Fabiano do Nascimento. The acclaimed Lendas was released in January by his longtime label, Now-Again. Produced by Vittor Santos, it also included legendary composer and arranger Arthur Verocai leading his string quartet. In July, Leaving Records released Das Nuvens, a duo recording between Nascimento and guitarist/producer Daniel Santiago. Mundo Solo was recorded alone at his home studio in Los Angeles in 2020, while he was quarantined due to the COVID-19 pandemic. Nascimento adopted Hermeto Pascoals concept of "universal music" for this record. It rejects nationalistic tendencies placed on musical traditions in favor of expressing the totality of ones musical influences all at once. Mundo Solo doesnt depart aesthetically from the guitarists recent work -- its warm, mysterious, sometimes ambient, and always gentle -- but its atmosphere offers something different. Nascimento plays six-, seven-, and ten-string guitars, Oktav guitar, E. baritone guitar, bass, percussion, E. percussion, synthesizers, and pedals. Opener "Abertura" wanders in with strummed chords, economical nylon single-string runs, and electric counterpoint just above ambient synthesizers. The guitar interplay is dreamy and languid. "Curumin 2," with guest Gabe Noel on bass, walks a gauzy, humid line between lithe funk and contemporary jazz. "Paperstrings" is a showcase for Nascimentos compositional and improvisational styles as various guitars (including one played deliberately buzzing on the fretboard) engage in counterpoint and pulsing rhythm framed by effects pedals. His musical m.o. involves seducing and coaxing listeners, not overpowering them. The playing technique on "Agua de Estrellas" recalls Ralph Towners and Baden Powells later nylon-string signatures, while his production style sounds akin to Carlos Ninos. "Etude 1" features Julien Cantelm on drums framing Nascimentos nylon-string instrument, and is buoyed by his bass playing. A progressive samba, it crosses into choro then post-bop. "Meianoite" is a gorgeous multi-tracked guitar read of Thelonious Monks "Round Midnight." He goes straight for emotion, and seductively pries it from the noirish mood. In the final third, his electric guitar underscores the lyric with elegant harmonic fills and vamps. The albums hinge includes "Coisa," a keyboard and synth interlude, and "Coisa 2," a minor-key circular guitar study colored by a coaxing synth. Ajurina Zwarg (son of legendary Itibere Zwarg) adds percussion on "CPVM," a shimmering meld of jazz, forro, and choro. "Txaii" finds the guitarist playing drums and deeply atmospheric synths circling a constant minor-key vamp that grounds the improvising of layered guitars. Mundo Solo, Nascimentos first for Far Out, is the record of his internal esthetic process. The music feels instinctual, evoking various moods, perceptions, and even emotions. His music transcends labels -- folk, new age, jazz, samba, avant-garde, etc. Its so seamless and inviting that it is, unfortunately, easy to gloss over the details of his virtuoso playing technique and canny production chops. A careful session with this or his earlier recordings opens a universe of sounds and textures. ~ Thom Jurek
Rovi
収録内容

構成数 | 1枚

    • 1.
      [LPレコード]
      • 1.
        Abertura
      • 2.
        Curumim 2
      • 3.
        Paperstrings
      • 4.
        Agua de Estrellas
      • 5.
        Bari
      • 6.
        Etude 1
      • 7.
        Meianoite
      • 8.
        Reflections
      • 9.
        Coisa
      • 10.
        Coisa 2
      • 11.
        CPVM
      • 12.
        Txaii
      • 13.
        Tempo
      • 14.
        De manha
      • 15.
        Dormenor
レビュー
  • 特定の音楽に偏ることを避け自身を掘る"ユニバーサル・ミュージック"を提唱したエルメート・パスコアルを継承するギタリスト/作曲家:ファビアーノ・ド・ナシメントの2023年作。さらに、あらゆる楽器をマスターすることにより表現面での真の自由を獲得した彼が、自身で様々な楽器を用い(6弦、7弦、10弦、オクタヴ・ギター、エレクトリック・バリトン・ギター、多数のペダルやシンセサイザー)2020年に自宅制作した本作。アンビエント/ニューエイジが顕著な想像上のランドスケープを追求した孤独のなかで開花する美しい名盤。ええやんええやん。
    intoxicate (C)黒田"ハイプ"朋規

    タワーレコード (vol.167(2023年12月10日発行号)掲載)

カスタマーズボイス
    評価する:
関連商品
ニュース & 記事
ポイント15倍
666pt
販売価格(税込)
¥ 4,890
販売中
在庫わずか
発送までの目安:当日~翌日
cartIcon カートに入れる

欲しい物リストに追加

コレクションに追加

サマリー/統計情報

欲しい物リスト登録者
1
(公開: 0 人)
コレクション登録者
0
(公開: 0 人)
フラゲ対象の詳細を表示するポップアップ
北海道・鳥取県・島根県・岡山県・広島県・
山口県・四国・九州・沖縄県

フラゲ注文受付期間は地域によって異なります。
お住まいの地域をご確認ください。

北海道・山口県・九州・沖縄県

フラゲ注文受付期間は地域によって異なります。
お住まいの地域をご確認ください。