ショッピングカート
書籍
書籍
AGI 3 / MERZBOW
★★★★★
★★★★★
0.0

在庫状況 について

・各種前払い決済は、お支払い確認後の発送となります(Q&A)

開催期間:2024年7月13日(土)0:00~7月15日(月・祝)23:59まで![※期間中のご予約・お取り寄せ・ご注文が対象 ※店舗取置・店舗予約サービスは除く]
商品の情報

フォーマット

書籍

構成数

1

国内/輸入

国内

パッケージ仕様

-

発売日

2022年12月15日

規格品番

-

レーベル

ISBN

9784864000437

ページ数

304

商品の説明

川崎弘二による秋田昌美へのメルツバウ ヒストリーインタビュー。さらに佐々木敦、よろすず、によるメルツバウ論などを大特集。
貴重な当時の写真やアートワークなどカラーページも充実。
川崎弘二著作による約100年に及ぶ「NHKの電子音楽」の歴史を1925年(大正時代)からこの連載をスタート。第1回は戦前編となり約7万字のテキストを掲載予定です。
来年度公開される足立組の新作映画のスチールと鈴木創士、山崎春美によるテキストで構成。
83歳の足立監督自身が「星に・なる」サウンドトラック 大友良英。インタビューは秋田昌美の小、中学時代のロック体験からどのように精神形成されアーティストとして最初のブレークスルーを経験するのか迄を語られており大変貴重な内容。監修:中村 泰之

特集(1)「MERZBOW」
川崎弘二による秋田昌美へのメルツバウ ヒストリーインタビュー。さらに佐々木敦、よろすず、によるメルツバウ論などを大特集。貴重な当時の写真やアートワークなどカラーページも充実。

特集(2)「NHKの電子音楽」
川崎弘二著作による約100年に及ぶ「NHKの電子音楽」の歴史を1925年(大正時代)からこの連載をスタートします。第1回は戦前編となり約7万字のテキストを掲載。

特集(3) 「REVOLUTION+1」
来年度公開される足立組の新作映画のスチールと鈴木創士、山崎春美によるテキストで構成。
83歳の足立監督自身が「星に・なる」
サウンドトラック 大友良英

特集(4) 現在、最も知的な音楽であるヒップホップについても若手の久世に執筆中村 泰之(ナカムラ ヤスユキ nakamura yasuyuki)

佐々木 敦
川崎 弘二
木澤 佐登志
よろすず
秋田 昌美
久世
大塚 勇樹
REVOLUTION+1
鈴木 創士
山崎 春美

作品の情報
メイン
その他
フィーチャードアーティスト
収録内容

構成数 | 1枚

01. メルツバウ フォトギャラリー 秋田 昌美
02. メルツバウヒストリーインタビュー 第一回 秋田昌美 インタビュアー 川崎 弘二
03. 大きな音と小さな音について 佐々木 敦
04. メルツバウとギター よろすず
05. ジ・アート・オブ・メルツバウ 秋田 昌美
06. 加速に抗う音楽たち ―リヴァーブが木霊するYouTubeの亡霊空間 木澤 佐登志
07. NHKの電子音楽 戦前編 第1回 1925年~1929年 川崎 弘二
08. ラップ・ミュージックの「反抗」とケンドリック・ラマーの「ユートピア」 久世
09. 象徴としてのプレイボーイ・カルティ 久世
10. 「Let It Be「」Runaway「」Alright」という内的闘争の帰結"かるみ"について 久世
11. ダークでアイロニカルなリアリスト
~Vince Staples「RAMONA PARK BROKE MY HEART」全曲解説 久世
12. アートとラップ、アートラップの再検討(Earl SweatshirtとBilly Woodsを例に) 久世
13. 音楽家Stephan Mathieuの活動終了に寄せて
―A Young Person 's Guide To Stephan Mathieu― よろすず
14. Molecule Plane - Apocrypha / Self-Liner Notes 大塚 勇樹
15. Loudness (Ab) Normalization 大塚 勇樹
16. スチール18 REVOLUTION+1 Film Partners
17. 足立正生監督を讃える 鈴木 創士
18. POE 山崎 春美
    • 1.
      [書籍]
レビュー
  • 中村泰之監修による雑誌AG Iの3号。AGIは創刊号では阿木譲とロックマガジン、第2号では阿木譲によるイーノに関する文章を、そして、今回の3号ではノイズ・ミュージック・シーンの最重要人物・秋田昌美/MERZBOW(メルツバウ)の特集を組んでいる。MERZBOW特集では川崎弘二によるインタヴュー、佐々木敦による評論、秋田昌美のフォト作品を収録。MERZBOWの特集以外でも、よろずによるシュテファン・マチューに捧げる文章、川崎弘二によるNHKの電子音楽に関する評論、フランス文学者の鈴木創士による足立正生論、山崎春美のテクストなど素晴らしいラインナップだ。
    intoxicate (C)荻原慎介

    タワーレコード (vol.162(2023年2月20日発行号)掲載)

カスタマーズボイス
    評価する:
ニュース & 記事
ポイント20倍
700pt
販売価格(税込)
¥ 3,850
販売中
在庫あり
発送までの目安:当日~翌日
cartIcon カートに入れる

欲しい物リストに追加

コレクションに追加

サマリー/統計情報

欲しい物リスト登録者
6
(公開: 0 人)
コレクション登録者
2
(公開: 0 人)
フラゲ対象の詳細を表示するポップアップ
北海道・鳥取県・島根県・岡山県・広島県・
山口県・四国・九州・沖縄県

フラゲ注文受付期間は地域によって異なります。
お住まいの地域をご確認ください。

北海道・山口県・九州・沖縄県

フラゲ注文受付期間は地域によって異なります。
お住まいの地域をご確認ください。