ショッピングカート
クラシック
SACDハイブリッド
  • 〈タワーレコード限定商品〉このアイテムが手に入るのはタワレコだけ!
J.S.バッハ: ブランデンブルク協奏曲全曲<タワーレコード限定>
★★★★★
★★★★★
0.0

・こちらはフラゲ(発売日前日お届け)保証外の商品です

・各種前払い決済は、お支払い確認後の発送となります(Q&A)

クラシック輸入盤プライスオフ
期間限定スペシャル・プライス
クラシック輸入盤ポイント10倍
発売日前日までオンライン限定ポイント10倍 [※オンラインからの店舗予約・取置は対象外]
商品の情報

フォーマット

SACDハイブリッド

構成数

2

国内/輸入

輸入

パッケージ仕様

-

発売日

2022年01月28日

規格品番

0302714BC

レーベル

Berlin Classics × TOWER RECORDS

SKU

885470027142

商品の説明

<マスタリング詳細>
マスタリング・エンジニア(DSD化含む):クリストフ・スティッケル氏
~在ウィーン。ミュンヘン・フィル自主制作盤のマスタリングや、タワー企画盤JAZZのECM SACD企画(2017~)も担当。現在ヨーロッパでもっとも信頼の厚いエンジニアのひとり
"ETERNAオリジナル・アナログテープからのピュア・アナログ・リマスタリング"
SACD層:新規で本国のアナログ・マスターテープから、アナログ領域でのマスタリング後、ダイレクトにDSD化
CD層:同様にアナログ領域でのマスタリング後、96kHz/24bitで高品位デジタル化後に44.1kHz/16bit化
それぞれのデジタルデータは伝送ではなく、光学ディスクで空輸

※タワーレコード限定販売。輸入盤仕様。ステレオ録音
※日本初発売。世界初DISC(SACD)化。SACDハイブリッド盤
※2021年最新マスタリング音源使用(マスタリング・エンジニア:クリストフ・スティッケル氏)
※本国のオリジナル・アナログ・マスターテープを使用しダイレクトにDSD化。CD層も別系統で直接高品位でPCM化
※SACD層:新規で本国のアナログ・マスターテープから、アナログ領域でのマスタリング後、ダイレクトにDSD化
※CD層:同様にアナログ領域でのマスタリング後、96kHz/24bitで高品位デジタル化後に44.1kHz/16bit化
※ステレオLP発売時のオリジナル・ジャケット・デザイン使用(解説書に初出時のモノラル盤ジャケット・デザインも使用)
※スリムケース仕様
※盤印刷面:緑色仕様
※オリジナルマスターから起因するノイズ、ドロップアウト等が一部にございますが、ご了承ください(録音が古いため一部で経年変化による劣化や編集ポイント等のドロップアウトも存在しています)。
※日本語帯付(帯裏面に板倉重雄の解説付)。解説書独文仕様、解説書内にオリジナル・アナログ・マスターテープの外箱写真をカラーで掲載

作品の情報
メイン
演奏者
カール・ズスケ (ヴァイオリン、ヴィオラ)
ヴァイオリン
チェンバロ
その他
商品の紹介
1963年にボッセやズスケ他のソリスト含むライプツィヒの名手達により録音されたH.コッホ指揮の名演。
本国のETERNAオリジナル・アナログテープより新規で復刻。日本未発、世界初DISC化!
C.シュトリューベンによる優秀録音。アナログ領域でのみマスタリングを行い、ダイレクトでDSD化!
本国のETERNAオリジナル・アナログテープ最新復刻企画 SACDハイブリッド化第18弾

旧東独の指揮者であるヘルムート・コッホが1963年にライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団を主体としたライプツィヒの名手達と収録を行った知られざる名盤が、今回世界初DISC化(初SACD化)として遂に復刻。ETERA初の"ブランデンブルク協奏曲"の全曲盤となった記念すべき録音でありながら日本で紹介されたことが無く、ヘルムート・コッホの"ブランデンブルク協奏曲"と言えば、後の1970年代のベルリン放送交響楽団の選抜メンバーで構成されたベルリン室内管弦楽団との再録音の方が有名ですが、ステレオ初期にズスケやボッセ他をソリストとして起用したこの演奏もまた、ヘルムート・コッホの代表的な盤のひとつと言って良いほどの素晴らしい演奏です。尚、オリジナルのLPは録音の翌年にモノラルで全曲が発売され、その後数年遅れてステレオでジャケを少し変更してリリースされましたが、今回の復刻ではステレオ版のジャケット・デザインを使用しています(稀少なモノラル版のジャケット・デザインは解説書内に今回収納)。

演奏は極めて自然体で当時のライプツィヒにおけるバッハ演奏のスタイルが随所に感じられる一方で、シェルヘンに師事していたヘルムート・コッホによる的確な指揮も聴きどころです。精緻さと共に共存するこの穏やかさはロマン的な演奏の方向性ではなく、伝統的な様式がそのまま踏襲された上で成り立っていると言え、今聴くと、むしろ70年代以降活発化する古楽演奏との共通性も感じられるほどです。落ち着いたテンポ感や格式の高さも含め、ライプツィヒで伝統として息づいてきたバッハ演奏の在り方を考えさせられる貴重な演奏記録と言えるでしょう。尚、オケのメインはボッセが務め、第5番ではソロも披露しています。また当時20代後半のズスケによるソロも素晴らしく(第2番と第4番でソロを担当)、後の活躍を伺わせます。各管楽器のソロは伝統に即したものでありトランペットのクルーク、ピシュナーのチェンバロなど聴きどころも満載。この録音は埋もれさせておくにはもったいないほどの歴史的な価値を有する音源と判断し、今回最新のSACD復刻盤としてリリースを行いました。全曲を通して録音エンジニアを務めた名手、C.シュトリューベンによる優秀録音が音源の価値をさらに高めています。
(1/2)
タワーレコード (2022/01/06)
今回の復刻に際して、マスターテープはレーベルからウィーン在住のマスタリング・エンジニアであるクリストフ・スティッケル氏のスタジオに空輸し、アナログ領域でのマスタリングを行った上で、デジタル化にあたってはSACD層用のDSD化とCD層用のPCM化を別系統で行い製品化。この企画では、現在考えられる限り理想的な方法でのマスタリングを実現しました。その効果は著しく、マスターテープに残されていたクオリティを極めて忠実に再現することが可能となり、さらにアナログ領域のみでのマスタリングとダイレクトDSD化が、より音質的に効果をもたらしています。従来と比較して鮮明で解像度が高くなったことにより、演奏に対する更なる評価が期待できるほどの出来です。尚、解説書には今回使用したオリジナルのアナログ・マスターテープの外箱の写真も掲載してあります。
(2/2)
タワーレコード (2022/01/06)
収録内容

構成数 | 2枚

エディション | Remaster

【曲目】
J.S.バッハ:
<DISC1>
1. ブランデンブルク協奏曲 第1番 ヘ長調 BWV 1046
2. ブランデンブルク協奏曲 第2番 ヘ長調 BWV 1047
3. ブランデンブルク協奏曲 第3番 ト長調 BWV 1048
<DISC2>
4. ブランデンブルク協奏曲 第4番 ト長調 BWV 1049
5. ブランデンブルク協奏曲 第5番 ニ長調 BWV 1050
6. ブランデンブルク協奏曲 第6番 変ロ長調 BWV 1051

【演奏】
カール・ズスケ(ヴァイオリン<BWV1047-1049>、ヴィオラ<BWV1051>)
ゲルハルト・ボッセ(ヴァイオリン)<BWV1048&1050>
フランツ・ゲンツェル(ヴィオリーノ・ピッコロ)<BWV1046>
エヴァ・ケストナー<BWV1049>、テクラ・ヴァルトバウアー<BWV1047&1049> (ブロックフレーテ)
ハインツ・ヘルチュ(フルート)<BWV1050>
フリッツ・フンガー、ハンスールドヴィヒ・モーヒェン、ペーター・フィッシャー(オーボエ)<BWV1046>
ヴェルナー・ゼルトマン(ファゴット)<BWV1046>
ヘルマン・マーカー、ヴァルデマール・シーバー(ホルン)<BWV1046>
ヴィリー・クルーク(トランペット)<BWV1047>
ハンス・ピシュナー(チェンバロ)<BWV1050>、他
ライプツィヒ・ゲヴァントハウス・バッハ管弦楽団
ヘルムート・コッホ指揮

【録音】
1963年4月29日 & 5月10-12日
ベタニア教会、ライプツィヒ

【Original Recordings】
Musikregie:Dieter-Gerhardt Worm
Tonregie: Claus Struben

【マスタリング・エンジニア】
クリストフ・スティッケル

【原盤】
Berlin Classics
    • 1.
      [SACDハイブリッド]
    • 2.
      [SACDハイブリッド]
カスタマーズボイス
    評価する:
ニュース & 記事
ポイント10倍
444pt
販売価格(税込)
¥ 5,690
¥ 800(14%)オフ
¥ 4,890
取扱中
予約受付中
発売日以降のお届けになります
cartIcon 予約する

欲しいものリストに追加

コレクションに追加

サマリー/統計情報

欲しい物リスト登録者
61
(公開: 0 人)
コレクション登録者
0
(公開: 0 人)