ショッピングカート
クラシック
SACD
カール・リヒター 来日ライヴ1969 J.S.バッハ: ミサ曲 ロ短調
★★★★★
★★★★★
0.0

・こちらはフラゲ(発売日前日お届け)保証外の商品です

・各種前払い決済は、お支払い確認後の発送となります(Q&A)

クラシック輸入盤プライスオフ
期間限定スペシャル・プライス
開催期間:2021年12月3日(金)0:00~12月5日(日)23:59まで! [※期間中のご予約・お取り寄せ・ご注文が対象 ※店舗取置・店舗予約サービスは除く]
商品の情報

フォーマット

SACD

構成数

1

国内/輸入

輸入

パッケージ仕様

-

発売日

2021年12月中旬

規格品番

ALTSA420

レーベル

Altus

SKU

4543638804207

商品の紹介
天才リヒター伝説の東京公演SACD化!
手兵を引き連れ初来日で聴かせた不滅の『ロ短調ミサ』
心突き刺す全身全霊の超名演が驚くほど音質一新!

バッハの権化リヒター69年初来日時の公演から『ミサ曲 ロ短調』を収録。NHK収録音源に新規でリマスターを施しSACD化。シングルレイヤーの特性を生かし1枚のディスクに長時間収録!強烈なまでに峻厳な畢生の名演をたっぷりと味わえます。
リマスターとSACD化により、空間が広がり、音がくっきりと浮かび上がり、残響も力強さを纏って生の響きにぐっと近づきました。推進力のあるバスに支えられ金管や合唱が突き刺すような強烈な表現で押しまくるナンバーではその全身全霊の迫力に心が震えます。
バッハの最高傑作とも呼ばれる『ミサ曲 ロ短調』。誰もが知るリヒターの名盤と言えば61年のスタジオ録音盤ですが、このライヴも聴き逃してはなりません。峻厳な威容からくる圧倒的存在感、そして生演奏ならではの熱気に唸らされます。厳しく力強い音の運びでありながら、時としてロマンティックなうねりも厭わない、今や懐かしさすらある強烈なバッハ演奏。迫真の音楽が心を抉る大名演です。切れ味鋭い「キリエ」、観念的な恐怖が襲ってくる「クルチフィクスス」、突き抜ける輝かしいラッパ、ゆったりと感動的な終曲フーガなどどこをとってもリヒターの熱い共感がぎっしりと詰まっています。
キングインターナショナル
発売・販売元 提供資料 (2021/11/22)
収録内容

構成数 | 1枚

エディション | Remaster

【曲目】
J.S.バッハ:ミサ曲 ロ短調 BWV232

【演奏】
ウルズラ・ブッケル(ソプラノ)
マルガ・へフゲン(アルト)
エルンスト・ヘフリガー(テノール)
エルンスト=ゲロルト・シュラム(バス)
カール・リヒター(指揮)
ミュンヘン・バッハ管弦楽団&合唱団

【録音】
ライヴ録音
1969年5月9日
東京文化会館
(ステレオ)
    • 1.
      [SACD]
カスタマーズボイス
    評価する:
関連商品
ニュース & 記事
ポイント15倍
1,013pt
販売価格(税込)
¥ 9,290
¥ 1,858(20%)オフ
¥ 7,432
取扱中
予約受付中
発売日以降のお届けになります
cartIcon 予約する

欲しいものリストに追加

コレクションに追加

サマリー/統計情報

欲しい物リスト登録者
16
(公開: 0 人)
コレクション登録者
0
(公開: 0 人)