ショッピングカート
Jazz
CD
Space 1.8
★★★★★
★★★★★
0.0

在庫状況 について

・各種前払い決済は、お支払い確認後の発送となります(Q&A)

開催期間:2024年6月21日(金)0:00~7月15日(月・祝)23:59まで![※期間中のご予約・お取り寄せ・ご注文が対象 ※店舗取置・店舗予約サービスは除く]
商品の情報

フォーマット

CD

構成数

1

国内/輸入

輸入

パッケージ仕様

-

発売日

2022年01月28日

規格品番

WARPCD324

レーベル

SKU

801061032425

作品の情報
メイン
アーティスト
オリジナル発売日
2021年
商品の紹介
〈WARP〉が惚れ込んだ新鋭 ナラ・シネフロ
ジャズの感性、ハープとモジュラー・シンセが奏でる瞑想的なサウンドで称賛を集めるデビュー・アルバム!!

ロンドンを拠点に活動する、カリブ系ベルギー人の作曲家で、プロテューサー兼ミュージシャンのナラ・シネフロが、待望のデビュー・アルバム『Space 1.8』のCDを名門〈Warp〉からリリース。
本作は2021年9月にデジタル/ストリーミング配信、そして超限定数のみアナログ盤でリリースされ、Pitchforkが【Best New Music】に選出したのを筆頭に、主要音楽メディアがこぞって絶賛、あっという間に入手困難となっていた。
アルバムの作曲、プロデュース、演奏、エンジニア、レコーディング、ミキシングのすべてを、若干22歳のシネフロ自らが手がけ、モジュラー・シンセサイザーの他、ペダル・ハープも演奏している。
このアルバムで、彼女がコラボレートした友人たちには、サックス奏者のヌバイア・ガルシア、同じくサックス奏者でエズラ・コレクティヴで活躍するジェームス・モリソン、ヌバイア・ガルシアも所属するマイシャからはギタリストのシャーリー・テテとドラムのジェイク・ロング、サンズ・オブ・ケメットのドラム、エディ・ヒック等、現代UKジャズ・シーンを牽引するリーダー的存在が顔を揃えている。
楽曲名の通り、それぞれの曲に吹き込まれた "スペース" は、暖かい光に満たされた部屋でレコーディングされた。アルバム制作中、彼女は、色のそれぞれ異なる周波数を引き出すために、溌剌とした色彩を思い浮かべた。それは共感覚 (ある音である色を感じるというようなこと)の世界で、それをリスナーが逃避して没入できる空間として提供している。どの楽曲も、最初のテイクで、何か食べたり、談笑したり、瞑想した後でレコーディングされている。
「Space 1」は、黄色やオレンジに光り輝くゼロ地点で、彼女が家と呼ぶ様々な場所について描かれている。それは、彼女が子供の頃によく遊んだベルギーのソワーニュの森を思い起こさせるサウンドだ。やがて曲調はもっと湿り気のある音風景に取って代わる。それは彼女の家族が住んでいたマルティニーク島のサン=ジョセフにある緑豊かな山の尾根を表現している。
黄暗青色の霞に包まれた「Space 2」は、蛹のような変化の空間で、柔らかなキーボード、キラキラと揺らめくギター、低音域と高音域の間を滑らかに歌うサックスを経て、曲の後半で鳴り響くシンセサイザーに導かれ、自由落下する至上の喜びが広がっていく。(1/2)
発売・販売元 提供資料 (2021/11/26)
アルバムは「Space 3」で遊びの領域に着地する。ここではドラマーのエディー・ヒックとプロデューサー兼マルチ・インストゥルメンタリストのドゥェイン・キルヴィングトンとの3時間におよぶ即興演奏が短く切り取られている。
焦げたオレンジ色を想起させる「Space 4」は、ジャン=ミシェル・バスキアの作品にインスパイアされており、純真無垢なサウンドに溢れている。
「Space 5」のパルス音は、ジェイク・ロングのドラムを加工しており、鼓動をイメージしている。
「Space 6」もまた長時間の即興セッションから生まれた。ここでは故意に調子外れにした音の効果が素晴らしく現れ、濃い青と紫が頭上で渦を巻き、下から上昇するように展開するサックスと推進力のあるパーカッション、そして後半では左右にパンするシンセサイザーが溶け合うように一つになっていく。
「Space 7」は献身と祈りのための聖域であり、夏の間の瞑想の直後、真夜中に作られた楽曲だ。金色とピンクの色調を持つこの曲は、彼女が奏でるハープと様々なシンセサイザーの組み合わせによるソロ曲となっている。
アルバムは、黄色のベルベットと新しい夜明けの幻想を包 み込むような「Space 8」でクライマックスに達する。
モジュラー・シンセを通してレコーディングしたハープ音をさらに10層と、モジュラー・シンセのサウンドを8層と、そして自ら演奏したギターを7層を重ねて完成させている。この曲は、音響心理学に対するシネフロのユニークなアプローチを基に、音の持つカタルシスを表現している。深い広がりとシンプルさの絶妙なバランスが未来的な新しい創作を示唆するサウンドは、アルバム全体にも共通している。(2/2)
発売・販売元 提供資料 (2021/11/26)
The debut album by London-based composer, multi-instrumentalist, and NTS Radio host Nala Sinephro intertwines spiritual jazz and ambient music, melding acoustic and electronic instruments to create meditative pieces that explore inner space while pondering the possibilities of the future. Sinephro performs pedal harp and modular synthesizers, and shes joined by several notable musicians, including saxophonists Nubya Garcia, Ahnanse, and James Mollison, drummers Jake Long, and Eddie Hick, bassists Rudi Creswick and Twm Dylan, and others. The gentle, collage-like opener blooms with the sounds of chirping birds serving as a backdrop for Sinephros graceful harp and illuminating synths. Following the dusky, comforting Space 2, the musicians briefly kick into overdrive with the momentary rocket burst Space 3, which feels like the beginning of a jazzy drumnbass crossover but caps that bit of excitement before developing further. Space 6 is more intense, with an unsteady, angular rhythm and buzzing, bassy synths that erupt into mesmerizing waves. Concluding the album is Space 8, a 17-minute celestial jazz epic that suspends Ahnanses warm, wistful saxophone playing inside an ethereal glow, gradually encircled by spiralling echoes. Both a reflective sound bath and an ecstatic celebration of creative freedom, Space 1.8 is a singular, eye-opening debut. ~ Paul Simpson
Rovi
収録内容

構成数 | 1枚

合計収録時間 | 00:44:18

    • 1.
      [CD]
レビュー
  • ジャズ×ハープ/モジュラー・シンセの瞑想的なサウンドが話題(波紋! ?)のロンドンを拠点に活動するカリブ系ベルギー人の作曲家/プロテューサー、ナラ・シネフロのデビュー作! デジタル/ストリーミング配信、超限定数アナログ盤リリースも即入手困難となっていた垂涎の一枚。本作にはヌバイア・ガルシア(sax)、エズラ・コレクティヴのジェームス・モリソン(sax)、MAISHAのシャーリー・テテ(g)とジェイク・ロング(ds)、(シャバカ・ハッチングス率いる)サンズ・オブ・ケメットのエディ・ヒック(ds)など現代U Kジャズ・シーンを牽引する超豪華且つドープなメンバー勢揃い! 名門〈Warp〉からのリリースです。
    intoxicate (C)黒田朋規

    タワーレコード (vol.156(2022年2月20日発行号)掲載)

  • 〈沈黙の次に美しい音〉として知られるECMから出ていてもおかしくないほどの繊細さでありながら、そこに大胆に響くモジュラー・シンセがまた、ワープ発のリリースであることにまったく疑問を抱かせない。ジャイルズ・ピーターソンからも支持を受けるUKジャズ・シーン大注目の25歳、ハープ奏者/作曲家のナラ・シネフロが圧巻のアルバム・デビュー。特に"Space 6"で顕著なように、この作品の特徴は即興演奏とシンセなどのプロダクションの融合にあり、鳥や虫の鳴き声が暖かな季節の訪れを感じさせる"Space 1"や、一転して夜のムードが漂う"Space 2"など8つの癒しの空間がここには用意されている。セッションにはヌバイア・ガルシアやエディ・ヒックら現代UKジャズを代表するプレイヤーたちが参加。
    bounce (C)長谷川義和

    タワーレコード (vol.457(2021年12月25日発行号)掲載)

カスタマーズボイス
    評価する:
関連商品
ニュース & 記事
ポイント15倍
339pt
販売価格(税込)
¥ 2,490
販売中
在庫あり
発送までの目安:当日~翌日
cartIcon カートに入れる

欲しい物リストに追加

コレクションに追加

サマリー/統計情報

欲しい物リスト登録者
8
(公開: 0 人)
コレクション登録者
1
(公開: 1 人)
フラゲ対象の詳細を表示するポップアップ
北海道・鳥取県・島根県・岡山県・広島県・
山口県・四国・九州・沖縄県

フラゲ注文受付期間は地域によって異なります。
お住まいの地域をご確認ください。

北海道・山口県・九州・沖縄県

フラゲ注文受付期間は地域によって異なります。
お住まいの地域をご確認ください。