ショッピングカート
Jazz
CD
HELSINKI, FINLAND Nov 1, 1967
★★★★★
★★★★★
0.0

在庫状況 について

・各種前払い決済は、お支払い確認後の発送となります(Q&A)

開催期間:2023年1月28日(土)0:00~1月29日(日)23:59まで! [※期間内におけるロック/ソウル/ジャズ/クラシック商品のご予約・お取り寄せ・ご注文が対象 ※店舗取置・店舗予約サービスは除く]
商品の情報

フォーマット

CD

構成数

1

国内/輸入

国内

パッケージ仕様

-

発売日

2022年01月26日

規格品番

EGHO-009

レーベル

SKU

4589767513276

作品の情報
メイン
アーティスト
その他
アーティスト
商品の紹介
★マイルス・デイヴィスの未発表ライヴ・シリーズ
★1960、1964、1967年と3回に分けて連続発売!
★Eternal GroovesのJAZZレーベル"Howlin'"からリリース
生誕95周年・没後30周年、帝王の歴史的名演が甦る!
監修/ライナー:小川隆夫
]
★1967年11月1日のフィンランド・ヘルシンキ公演。
★トレーンに捧ぐ。アコースティック時代、最後の欧州ツアー。
★放送マスターから高音質で収録。

マイルス・デイヴィス・クインテット、1967年の欧州ツアーから、近年発掘された高音質マスターから、11月1日のフィンランド・ヘルシンキ公演を収録。アコースティック・ジャズの最高到達点に登りつめた、このクインテット。以降の「エレクトリック」へ突入する直前の臨界点から、フリーに接近しつつも、ハイ・テンションなむき出しの演奏。ジャズ史に刻まれた歴史的演奏だ。

以下、監修の小川隆夫による『マイルス・デイビス大事典』(シンコーミュージック・エンタテイメント刊)から氏のテキストを引用しよう。

1967年は、マイルスにとって出会いと別れの年でもあった。出会ったのは、81年になって結婚する女優のシシリー・タイソンだ。もうひとつは悲しい別れである。マイルスにとって予期せぬことだったが、67年7月17日、ジョン・コルトレーンが肝臓癌の悪化から急逝した。独立する際にゴタゴタはあったがマイルスは、コルトレーンを音楽家として、同じアフリカ系アメリカ人として、そしてひとりの人間として尊敬していた。
しかし、盟友の死という悲しい出来事に襲われても、自身の音楽をさらなるものに発展させたい気持ちは失せなかった。しばらく前から、マイルスの音楽はコルトレーンに通じるフリー・ジャズ寄りのものになっていた。
今回のツアーでも、アヴァンギャルドな要素が演奏の主体を占めている。

マイルスにとってコルトレーンの存在は別格だった。それだけに、この喪失感には計りしれないものがあった。このとき、多くの都市でマイルスとステージを分かち合ったのは、コルトレーンの後継者と目されていたアーチー・シェップ(ts)のクインテットだ。思えば、コルトレーンとのクインテットで最後にツアーしたのが60年春のヨーロッパだった。各地を回りながら、マイルスの胸にはどんな思いが去来したのだろうか?
シェップも、コルトレーンへの思いを秘めてのツアー参加だった。それだけに、今回のツアーでは、どの都市の演奏も壮絶を極めるものになった。マイルスの音楽は創造性のピークに達していた。こうなれば、あとは次なる目的地に向かうだけだ。それが帰国後に始まるエレクトリック楽器の導入である。この演奏は、その直前に残された、純然たるアコースティック時代の最後を記録したものだ。

Getty Images写真使用ジャケット。
Eternal Groovesの"Howlin'"シリーズから登場!
発売・販売元 提供資料 (2022/01/24)
収録内容

構成数 | 1枚

合計収録時間 | 00:48:18

    • 1.
      [CD]
カスタマーズボイス
    評価する:
ニュース & 記事
ポイント15倍
375pt
販売価格(税込)
¥ 2,750
販売中
在庫わずか
発送までの目安:当日~翌日
cartIcon カートに入れる

欲しいものリストに追加

コレクションに追加

サマリー/統計情報

欲しい物リスト登録者
9
(公開: 0 人)
コレクション登録者
0
(公開: 0 人)