ショッピングカート
Jazz
CD
ZURICH, SWITZERLAND April 8, 1960
★★★★★
★★★★★
0.0

・こちらはフラゲ(発売日前日お届け)保証外の商品です

・各種前払い決済は、お支払い確認後の発送となります(Q&A)

商品の情報

フォーマット

CD

構成数

1

国内/輸入

国内

パッケージ仕様

デジパック

発売日

2021年11月24日

規格品番

EGHO-004

レーベル

Eternal Grooves/Howlin'

SKU

4589767513160

作品の情報
メイン
アーティスト
その他
アーティスト
商品の紹介
マイルス・デイヴィスの未発表ライヴ・シリーズ
1960、1964、1967年と3回に分けて連続発売!
Eternal GroovesのJAZZレーベル"Howlin'"からリリース

生誕95周年・没後30周年、帝王の歴史的名演が甦る!監修/ライナー:小川隆夫

マイルスとコルトレーンのラストツアー、チューリッヒ公演。
1960年4月8日、マイルス・デイビス・クインテットの名演。
イフ・アイ・ワー・ア・ベル、本ツアー唯一の演奏!

1955年にジョン・コルトレーンを、クインテットに抜擢したマイルス・デイビス。
数々の名作、名演を生んできたこのクインテットから、コルトレーンが独立を申し出て、彼のラストツアーとして行われた1960年の欧州ツアー。ツアー序盤のパリ(3月21日)、ストックホルム(3月22日)、そしてコペンハーゲン(3月24日)公演が、2018年に陽の目を見ましたが、まだ未発表ライヴは残されていました。約3週間のツアーの終盤、4月8日のスイス、チューリッヒ公演を収録したのが本作です。

この日は珍しく4年前のアルバム『リラクシン』から「イフ・アイ・ワー・ア・ベル」を演奏しています。テンポも速めに始まると、マイルスのソロを受けて、さらに熱を帯びたコルトレーンの演奏が聞けます。
ぎりぎりの均衡状態を保ちながら実に17分近くにも及びます。そして本ツアーでは毎回演奏している「ソー・ホワット」。この日の演奏は味わい深く、マイルスは同曲でもベストと思えるソロと言われています。

Getty Images写真使用ジャケット。
小川隆夫による監修、ライナーノーツ。
Eternal Groovesの"Howlin'"シリーズから登場!


Kongresshaus, Zurich. Switzerland. April 8, 1960
Miles Davis - trumpet
John Coltrane - tenor saxophone
Wynton Kelly - piano
Paul Chambers - bass
Jimmy Cobb - drums
タワーレコード (2021/10/06)
ジョン・コルトレーンとのラストツアーとなった1960年・欧州ツアーからは、パリ、ストックホルム、そしてコペンハーゲン公演のライヴ音源が、近年やっと陽の目を見たが、まだ未発表ライヴは残されている。こちらは4月8日のスイス、チューリッヒ公演。この日は珍しく4年前のアルバム『リラクシン』から「If I Were a Bell」を演奏。熱くなったコルトレーンのアドリブは長尺になり、実に17分にも及んだ。そしてマイルスのベストのソロが聴ける「So What」は、語り継がれる名演となる。地元放送局に残された高音質マスターから収録。 (C)RS
JMD (2021/08/05)
収録内容

構成数 | 1枚

合計収録時間 | 00:00:00

    • 1.
      [CD]
カスタマーズボイス
    評価する:
ニュース & 記事
還元ポイント
25pt
販売価格(税込)
¥ 2,750
取扱中
予約受付中
発売日以降のお届けになります
cartIcon 予約する

欲しいものリストに追加

コレクションに追加

サマリー/統計情報

欲しい物リスト登録者
4
(公開: 0 人)
コレクション登録者
0
(公開: 0 人)