ショッピングカート
J-Pop
CD
CITY POP Voyage - STANDARD BEST<タワーレコード限定>
Various Artists
★★★★★
★★★★★
4.0

在庫状況 について

・各種前払い決済は、お支払い確認後の発送となります(Q&A)

開催期間:2021年10月15日(金)11:00~10月17日(日)23:59まで! [※期間中のご予約・お取り寄せ・ご注文が対象 ※店舗取置・店舗予約サービスは除く]
〈タワレコチョイス〉まとめ買い3枚で20%オフ
2021年10月31日(日) 23:59まで ※本キャンペーンのご注文にはクーポンをご利用いただけません。
商品の情報

フォーマット

CD

構成数

2

国内/輸入

国内

パッケージ仕様

-

発売日

2021年03月21日

規格品番

MHC7-11

レーベル

Sony Music Direct Japan Inc.

SKU

4560427461250

作品の情報
商品の紹介
世界も注目!シティ・ポップの名曲・定番曲が集結!オリジナルから新旧の名曲カヴァーまで、時代を超えたCITY POPの名曲・定番曲をタワーレコードのバイヤーが2枚組CDに厳選収録した究極のコンピレーション!!レア音源にも注目。2021年リマスタリング仕様。
世界的規模で最も影響力のある音楽ジャンルの一つとして定着しつつある日本のシティ・ポップのレジェンドたち、山下達郎、吉田美奈子、坂本龍一、大貫妙子、林 哲司、角松敏生、細野晴臣、竹内まりや、松任谷由実などが参加した(作詞・作曲・編曲・プロデュース・演奏を含む)CITY POP名曲のオリジナル楽曲に加え、新旧のアーティストによる名曲カヴァーを厳選して収録。特に、昨今の世界的なシティ・ポップのリヴァイヴァルを象徴する「プラスティック・ラブ」(オリジナルは竹内まりや)、「真夜中のドア/Stay with Me」(オリジナルは松原みき)、さらに山下達郎が手掛けた幾つかの名曲は新旧アーティストによる複数のカヴァーを厳選収録。(2021年リマスタリング/2枚組CD/歌詞付)カヴァー・イラストレーションは永井 博によるもの。タワーレコード限定販売。

「プラスティック・ラブ」(オリジナルは竹内まりや)は、西脇辰弥編曲により1991年に発表され、日本最古のカヴァーと言われる大西結花のアーバン・ブラコン・ヴァージョンや星村麻衣によるレゲエ・ヴァージョンを収録。
林 哲司が手掛けた1980年代シティ・ポップのスタンダート的大定番名曲で、世界規模のシティ・ポップ・リヴァイヴァルの象徴的名曲「真夜中のドア/Stay With Me」はMs.OOJA、Rainych、今井優子、中島 愛など計5ヴァージョンも収録!中でもYOUTUBE動画再生数250万回以上を記録したインドネシアのカバーモンスターRainychによる「真夜中のドア/Stay With Me」は初CD化&初フィジカル化となる。
山下達郎が手掛けた数々の名曲、「RIDE ON TIME」「BOMBER」「恋のブギウギトレイン」「DOWN TOWN」「WINDY LADY」「バイブレイション」などもオリジナルに加え、新旧アーティストによる複数のカヴァーを厳選収録。
角松敏生編曲・プロデュースによる吉田美奈子作詞・作曲の名曲カヴァー最高峰、米光美保「恋は流星~SHOOTING STAR OF LOVE~」も収録。
坂本龍一(key, 編曲)、細野晴臣(b)、山下達郎(cho)らも参加!STUFFのクリス・パーカー(ds)によるドラミングもキマリまくるメロウ・グルーヴ最高峰、大貫妙子 「都会」はオリジナルに加え、2013年発表の大貫妙子のトリビュート・アルバムに寄せられた岡村靖幸+坂本龍一によるカヴァー・ヴァージョンも収録。
堀込泰行作詞・作曲のキリンジの歴史的名曲「エイリアンズ」はKan Sano編曲によるJUJUのカヴァー・ヴァージョンを収録。……などなど。
日本の音楽の歴史の中でジャンルも背景も違う名曲&名曲カヴァーの中から、「サウンド」「グルーヴ」を基準に時代を超えた選りすぐりの楽曲を厳選収録!
未配信楽曲/プレイリストでも試聴困難なレア音源も収録!ストリーミングや配信音楽は便利だけど、圧縮音源は疲れるし、音質もカンベンだから、2021年リマスタリング仕様のCDの良い音は有難い!
(CD 2枚組 /32曲収録 /2021年リマスタリング音源使用 /歌詞付)タワーレコード限定販売。
発売・販売元 提供資料 (2021/03/03)
収録内容

構成数 | 2枚

エディション | Remaster

[Disc-1]
01. 吉田美奈子/ TOWN (作詞・作曲・編曲:吉田美奈子 ストリングス&ブラス編曲:山下達郎)(1981)
山下達郎もストリングス&ホーンズの編曲で参加したスケールの大きなアーバン・ファンク最高峰。松木恒秀(g)、岡沢 章 (b)らレギュラー・メンバーもバックアップ。
02. 米光美保/ 恋は流星~SHOOTING STAR OF LOVE~ (作詞・作曲:吉田美奈子編曲・プロデュース:角松敏生 ストリングス編曲:小林信吾)(1995)
吉田美奈子作詞・作曲の名曲を角松敏生 編曲・プロデュースによりアーバンにカヴァー。
03. 大貫妙子/ 都会 (作詞・作曲:大貫妙子 編曲:坂本龍一)(1977)
坂本龍一(key, 編曲)、細野晴臣(b)、山下達郎(cho)、清水靖晃(ss)らレジェンドも参加。STUFFのクリス・パーカー(ds)によるドラミングもキマリまくる大貫妙子作詞・作曲のメロウ・グルーヴ最高峰。
04. 岡村靖幸+坂本龍一/都会 (作詞・作曲:大貫妙子 編曲:岡村靖幸、坂本龍一)(2013)
2013年の大貫妙子のトリビュート・アルバムに収録されていた坂本龍一(key, 編曲)と岡村靖幸(vo,編曲)によるカヴァー。
05. 早見優 / 恋のブギウギトレイン (作詞:吉田美奈子 作曲:山下達郎 編曲:冨田 謙)( 2016)
吉田美奈子作詞、山下達郎作曲のアン・ルイスのグルーヴィー・ディスコ名曲を藤井隆のプロデュース、冨田 謙編曲によりエレクトリックにカヴァー。
06. May J. / RIDE ON TIME (作詞・作曲:山下達郎 編曲:山本拓夫)(2016)
山下達郎作詞・作曲の代表的名曲を山本拓夫編曲によりカヴァー。
07. DANCE☆MAN/ BOMBER (作詞:吉田美奈子 作曲:山下達郎 編曲:DANCE☆MAN)(2004)
モーニング娘。のヒット曲の編曲などでも注目されたDANCE☆MANが2004年に発表した山下達郎の名曲カヴァー。
08. 佐藤 博 / SAY GOODBYE (作詞:Lorrain Feather 作曲・編曲:佐藤 博)(1982)
山下達郎もテレキャス(ギター)で参加。ヴォーコーダーをフィーチャーしたバレアリック・ファンク名曲。
09. 大西結花/プラスティック・ラヴ (作詞・作曲:竹内まりや 編曲:西脇辰弥)(1991)
世界規模のシティ・ポップ・ブームを象徴する竹内まりや作詞・作曲の名曲を西脇辰弥の編曲によるアーバンなブラコン・マナーでカヴァー。1991年に発表され、日本最古のカヴァーと言われる。
10. Ms.OOJA / 真夜中のドア/Stay With Me (作詞:三浦徳子 作曲:林 哲司 編曲:JiN、川嶋フトシ)( 2020 )
1980年代の林 哲司ワークスを代表するスタンダート的定番で、世界規模のシティ・ポップ・リヴァイヴァルの象徴的名曲をオーセンティックにカヴァー。
11. 清野由美 / スカイレストラン (作詞:荒井由実 作曲:村井邦彦 編曲:難波弘之)(1981)
荒井由実作詞、村井邦彦作曲のハイ・ファイ・セットの名曲を難波弘之編曲によりカヴァー。
12. 吉田美奈子/ レインボー・シー・ライン (作詞:吉田美奈子 作曲:佐藤 博 編曲:有馬すすむ、佐藤 博)(1975)
佐藤 博(g)作曲・編曲で、細野晴臣(b, g)、大村憲司(g)、松木恒秀(g)、山下達郎(g, cho)らも参加。海のイメージも爽快なメロウ・グルーヴ名曲。
13. 谷口雅洋 / ああ無情 (作詞・作曲・編曲:谷口雅洋)(1981)
その希少性でオリジナル盤の価格も高騰!「白いコミュニケーション」でも知られるS.S.W.谷口雅洋によるレア・グルーヴ歌謡。
14. JUJU / エイリアンズ (作詞・作曲:堀込泰行 編曲:Kan Sano)(2020)
堀込泰行作詞・作曲、キリンジの歴史的名曲をKan Sano編曲によりカヴァー。
15. 大貫妙子 / チャンス (作詞・作曲:大貫妙子 編曲:大村憲司)(1981)
大村憲司(g)編曲、村上秀一(ds)、清水信之(key)、epo(vo)も参加。大貫妙子作詞・作曲のニュー・ミュージック名曲。
16. CINDY / 私達を信じていて (作詞:康 珍化 作曲:Cindy、鳴海 寛 編曲:鳴海 寛)(1990)
山下達郎のツアー参加や中山美穂ヒット曲の作者としても知られ、近年、SNSを中心として海外からの再評価も著しい「癒」シティ・ポップ名曲。

[DISC-2]
01. EPO / DOWN TOWN (作詞:伊藤銀次 作曲:山下達郎 編曲:林 哲司、清水信之) (1980)
林 哲司、清水信之編曲による山下達郎(シュガー・ベイブ)の名曲カヴァー。1980年代を代表する人気TV番組のエンディング・テーマとして有名。
02. アン・ルイス / Boogie Woogie Love Train(English Version)(作詞:吉田美奈子 英語詞:クリス・モスデル 作曲・編曲:山下達郎)(1980)
吉田美奈子作詞、山下達郎作曲・編曲・プロデュースのグルーヴィー・ディスコ名曲。編曲も録音も違う長尺English Versionで収録。
03. MOOMIN / WINDY LADY (作詞・作曲:山下達郎 編曲:井上富雄)(1998)
シュガー・ベイブ時代からのレパートリーで、山下達郎作詞・作曲の名曲を井上富雄(元ROOSTERS)プロデュース・編曲によりカヴァー。バック・コーラスでBONNIE PINK(cho)も参加。
04. 笠井紀美子/バイブレイション (作詞:安井かずみ 作曲:山下達郎 編曲:鈴木宏昌)(1977)
未発表に終わった細野晴臣プロデュースのリンダ・キャリエールのALFA作品のために山下達郎が提供した名曲で、後に山下達郎もセルフ・カヴァー。鈴木宏昌(key)編曲、コルゲン・バンド(後にTHE PLAYERS)らトップ・ミュージシャン達も参加したレアなシングル・ヴァージョン。
05. 一十三十一/チャンス (作詞・作曲:大貫妙子 編曲:クニモンド瀧口、山之内俊夫)(2012)
大貫妙子作詞・作曲のニュー・ミュージック名曲をクニモンド瀧口(流線形)と山之内俊夫の編曲によりカヴァー。
06. 今井優子/ 真夜中のドア ~Stay with me~ (作詞:三浦徳子 作曲:林 哲司 編曲:竹上良成)(2016)
1980年代の林 哲司ワークスを代表するスタンダート的定番で、世界規模のシティ・ポップ・リヴァイヴァルの象徴的名曲を竹上良成(sax)の編曲によりカヴァー。
07. 杏里/ 悲しみがとまらない (作詞:康 珍化 作曲:林 哲司 編曲:角松敏生、林 哲司)(1983)
角松敏生プロデュース・編曲、康 珍化作詞、林 哲司作曲・編曲。不滅の失恋歌謡~シティポップ・スタンダードとなった杏里の代表的ヒット曲。
08. 田中裕梨/ 真夜中のドア ~Stay with me~ (作詞:三浦徳子 作曲:林 哲司 編曲:中村祐介、箭内健一)(2016)
1980年代の林 哲司ワークスを代表するスタンダート的定番で、世界規模のシティ・ポップ・リヴァイヴァルの象徴的名曲を田中裕梨(BLU-SWING)が中村祐介(BLU-SWING)、箭内健一(Soul Source Production)編曲によりカヴァー。
09. 吉田美奈子/ 恋は流星 Part II (作詞・作曲・プロデュース:吉田美奈子 ストリングス&ブラス編 曲:山下達郎)(1977)
山下達郎もストリングス&ブラス編曲で参加。ドラム・ブレイクから始まるアルバムとは編曲も録音も違うシングル・ヴァージョン。
10. Leola / RIDE ON TIME (作詞・作曲:山下達郎 編曲:縄田寿志)(2018)
山下達郎作詞・作曲の代表的名曲をLDH所属のLeolaがカヴァー。
11. 中島愛/ 真夜中のドア ~Stay with me~(作詞:三浦徳子 作曲:林 哲司 編曲:tofubeats)(2019)
1980年代の林 哲司ワークスを代表するスタンダート的定番で、世界規模のシティ・ポップ・リヴァイヴァルの象徴的名曲を声優、歌手の中島 愛がtofubeatsの編曲によりカヴァー。
12. 星村麻衣/ プラスティック・ラブ (作詞・作曲:竹内まりや 編曲:YANAGIMAN)(2005)
世界規模のシティ・ポップ・ブームを象徴する竹内まりや作詞・作曲の名曲を星村麻衣がYANAGIMAN編曲のレゲエ・リズムによりカヴァー。
13. Rainych/ 真夜中のドア /Stay with me (作詞:三浦徳子 作曲:林 哲司 編曲:原田夏樹(evening cinema))(2020)
1980年代の林 哲司ワークスを代表するシティ・ポップ・スタンダート定番を世界規模のヒットにレベル・アップさせることとなるインドネシア在住のカバーモンスター、Rainychによるカヴァー。
14. KEIKO LEE /ルビーの指環 (作詞:松本 隆 作曲:寺尾 聰 編曲:ICEDOWN)(2017)
松本 隆作詞、寺尾 聰作曲による大ヒットAOR歌謡のKEIKO LEEによるジャジー・カヴァー。
15. YMO / 君に、胸キュン。-浮気なヴァカンス- (作詞:松本 隆 作曲:細野晴臣、坂本龍一、高橋幸宏 編曲:YMO)(1983)
松本 隆作詞により歌謡路線を打ち出し、YMOで最も売れたシングル曲。
16. 松田聖子/ 風立ちぬ (作詞:松本 隆 作曲:大瀧詠一 編曲:多羅尾伴内 ストリングス編曲:井上 鑑)(1981)
松本 隆作詞、大瀧詠一作曲・編曲、井上 鑑ストリングス編曲によるナイアガラ・サウンド歌謡名曲。
    • 1.
      [CD]
    • 2.
      [CD]
カスタマーズボイス
総合評価
4.0
★★★★★
★★★★★
(2)
    評価する:
★★★★★
★★★★★
投稿日:2021/06/21

昨年の『SUMMER BREEZE -CITY POP- ULTIMATE JAPANESE GROOVE』やその後のコンピ盤とも、重複してる曲があるので、この評価とした。谷口さんの「ああ無情」、アンルイスの英語版の「恋のブギウギトレイン」などが聴けたので良かった。次のコンピ盤では、過去の自社コンピ盤との曲の重複が無いことを期待したいです。

ニュース & 記事
ポイント15倍
480pt
販売価格(税込)
¥ 3,520
まとめてオフ価格(税込)
¥ 704(20%)オフ
¥ 2,816
販売中
在庫あり
発送までの目安:当日~翌日
cartIcon カートに入れる

欲しいものリストに追加

コレクションに追加

サマリー/統計情報

欲しい物リスト登録者
254
(公開: 2 人)
コレクション登録者
27
(公開: 1 人)