ショッピングカート
クラシック
CD
ヘンデル: リコーダー・ソナタ集
★★★★★
★★★★★
0.0

在庫状況 について

・各種前払い決済は、お支払い確認後の発送となります(Q&A)

商品の情報

フォーマット

CD

構成数

1

国内/輸入

国内

パッケージ仕様

-

発売日

2021年02月11日

規格品番

RGCD-1049

レーベル

SKU

4529612004900

作品の情報
メイン
ブロックフレーテ
その他
商品の紹介
オランダで研鑽を積んだ柿原順子、満を持してのCDデビュー

柿原順子初のCD発売。
ヘンデルの時代、音楽の一大市場であったロンドンではリコーダーが大流行しており、彼もまたそのための名作を残しています。ここに録音されている6曲のソナタはその中でも重要な作品とされているもので、それぞれ調性や楽曲構成が異なり、喜怒哀楽など様々な感情を呼び起こします。各曲は比較的単純明快親しみやすい手法で書かれていますが、オペラの場面転換を思わせる劇的展開が盛り込まれ、ある時は大きく心を揺さぶり、ある時は心を和ませて温かく包み込んでくれます。
この録音では当時やはりロンドンで活躍した名工、ブレッサンとステインズビィによる名器をもとに、日本を代表する楽器製作者、斉藤文誉氏が製作した楽器を曲に合わせて選択、さらに演奏楽譜もヘンデルの自筆譜に基づいたものを使用しています。
録音は古楽録音に定評のある峰尾昌男氏が担当。

柿原順子(かきはら よりこ)
東京に生まれる。4歳よりピアノを故北瓜和喜氏、のちに北瓜やよひ氏に師事。杉並区立の小中学校および練馬の都立高校でリコーダーを愛好する音楽科の教師に出会う。国立音楽大学楽理科在学中にリコーダーを山岡重治氏に師事。卒業後オランダの王立デン・ハーグ音楽院でリカルド・カンジ氏に師事し、チェンバロおよび通奏低音、室内楽を学ぶ。87年サーティフィケイトを取得して修了。
帰国後は各地でコンサートを行っている。国立音楽大学非常勤講師、洗足学園音楽大学講師。
レグルス
発売・販売元 提供資料 (2021/02/05)
収録内容

構成数 | 1枚

【曲目】
ヘンデル:
ソナタ 変ロ長調HWV377
ソナタ ト短調HWV360
ソナタ イ短調HWV362、
ソナタ ハ長調WHW365
ソナタ ニ短調HWV367A
ソナタ ヘ長調HWV369

【演奏】
柿原順子(リコーダー)
土居瑞穂(チェンバロ、オルガン)
山本徹(バロック・チェロ)

【録音】
2019年11月15-17日、12月16日
立川CHABOHIBA HALL
    • 1.
      [CD]
カスタマーズボイス
    評価する:
ニュース & 記事
還元ポイント
29pt
販売価格(税込)
¥ 3,190
販売中
在庫わずか
発送までの目安:当日~翌日
cartIcon カートに入れる

欲しいものリストに追加

コレクションに追加

サマリー/統計情報

欲しい物リスト登録者
1
(公開: 0 人)
コレクション登録者
0
(公開: 0 人)